暗黒街の女 (1958年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
暗黒街の女
Party Girl
監督 ニコラス・レイ
脚本 ジョージ・ウェルズ
原案 レオ・カッチャー
製作 ジョー・パスターナク
出演者 ロバート・テイラー
シド・チャリシー
音楽 ジェフ・アレクサンダー
撮影 ロバート・ブロンナー
編集 ジョン・マクスウィーニー・ジュニア
製作会社 MGM
配給 アメリカ合衆国の旗 MGM
日本の旗 大映
公開 アメリカ合衆国の旗 1958年10月28日
日本の旗 1959年6月20日
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

暗黒街の女』(あんこくがいのおんな、Party Girl)は、1958年アメリカ映画ニコラス・レイ監督の最後のハリウッド作品である。

フィルム・ノワールとしては珍しいカラー映画である。

ストーリー[編集]

1930年代初頭のシカゴ。暗黒街のボス、リコ・アンジェロの顧問弁護士トミーはリコが経営を握っているキャバレーの踊り子ヴィッキーと出会う。 トミーとヴィッキーはほどなく愛し合うようになり、トミーはリコの仕事を辞めようと思うようになる。 しかし、トミーを逃したくないリコは、ヴィッキーに危害を加えると脅し、新たにリコの仲間となっていたクッキーの弁護をトミーに無理矢理引き受けさせる。 そんな中、クッキーが陪審員を買収していたことが判明し、クッキーとその仲間は業を煮やしたリコに殺される。 追いつめられたトミーはヴィッキーとともに逃げようとするが、警察に逮捕される。 ヴィッキーを守るため、リコに関する証言を拒み続けるトミーだったが、ヴィッキーからの説得と、スチュワート検事の一計によって証言せざるを得なくなる。 リコの犯罪の全てを告白したトミーは釈放されるが、リコをおびき寄せるために意図的に自らの姿をさらす。 しかし、警察の手引きで逃がされていたはずのヴィッキーがリコらに掴まっていたことを知ったトミーは、密かに警察に行き先を残してヴィッキーを救いに向かう。 そしてヴィッキーに硫酸をかけようとしているリコを得意の弁舌で説得することで時間を稼ぐ。 そこにようやく警察が到着、リコは手にしていた硫酸を誤って浴びて死ぬ。

登場人物[編集]

備考[編集]

1928年米映画暗黒街の女』(原題:Ladies of the Mob)とは無関係である。

外部リンク[編集]