ドナルド・オコーナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドナルド・オコーナー
Donald O'Connor
Donald O'Connor
映画『I Live Melvin』(1953年)より
本名 Donald David Dixon Ronald O’Connor
生年月日 1925年8月28日
没年月日 2003年9月27日(満78歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 イリノイ州シカゴ
配偶者 グウェン・カーター(1944年 - 1954年)
グロリア・ノーブル(1956年 - 2003年)

ドナルド・オコーナーDonald O'Connor1925年8月28日 - 2003年9月27日)は、『雨に唄えば』などで知られるアメリカ映画俳優コメディアン。本名はデイヴィッド・ディクスン・オコーナー(David Dixon O'Connor)という。姓の発音はオコナーに近く、この表記が用いられ場合もある。

人物[編集]

1925年ヴォードヴィリアンの両親ジョン・エドワードとエフィの7番目の子供として生まれる。一家はドナルドの生まれたころ「オコーナー・ファミリー」として活動を行い、ドナルド自身も1歳で初舞台を踏んだ。11歳にして兄弟とともに『二人のメロディ』で映画デビューする。パラマウントと契約して、『ポー・ジェスト』『シング・ユー・シナーズ』などに子役として出演する。兄の病死により、一時ヴォードヴィルに戻ったが、1942年ユニバーサルからスカウトされ、ペギー・ライアンとのダンス・コンビを組んだ。

グウェン・カーターと結婚、軍役を経て、映画界に復帰した後はコメディ作品『フランシス』(1950年 - )のシリーズでコメディアンとしての人気を確立した。1951年にはジーン・ケリースタンリー・ドーネンの指名によってMGM社に貸し出され、名作『雨に唄えば』でジーンの相手役を務めた。さらに翌1953年には『アイ・ラブ・メルビン』、『ショウほど素敵な商売はない』(1954年)などの作品出演を重ねたが、ミュージカル映画が次第に下火になってゆく中で活動の軸足をテレビに移していった。

1956年、グロリア・ノーブルと再婚。晩年まで映画、テレビ、音楽などで活動を続け、2003年心臓麻痺で死去。78歳没。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

外部リンク[編集]