ジョン・クライヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・クライヤー
Jon Cryer
ジョン・クライヤーJon Cryer
2011年撮影
本名 Jonathan Niven Cryer
生年月日 1965年4月16日(49歳)
出生地 ニューヨーク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

ジョン・クライヤー(Jonathan Niven "Jon" Cryer, 1965年4月16日-)はアメリカ合衆国の俳優・脚本家・映画プロデューサー。

1984年に映画『恋人ゲーム』に出演してデビューを果たし、ジョン・ヒューズ脚本の映画『プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角 』のダッキー役で有名になる。1998年には自身で脚本を書き上げ、Went to Coney Island on a Mission From God... Be Back by Fiveを制作した[1]

映画では有名な作品に出演したこともあるが、テレビでは成功していたとは言い難く、The Famous Teddy ZPartnersThe Trouble with Normalなど出演していた番組で長く続いたものはなかった。しかし、2003年から放映されているCBSの『チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ』で、主演のチャーリー・シーンと対照的な役柄のアラン・ハーパー役にキャスティングされ、プライムタイム・エミー賞助演男優賞(コメディ部門)に3度ノミネートされた[2][3][4]。 クライヤーはよく俳優のマシュー・ブロデリックと間違えられることでも知られている(後述)[5]

略歴[編集]

母は俳優・歌手のグレッチェン・クライヤー(旧姓:カイガー) (en:Gretchen Cryer)、父は俳優・歌手・プロデューサーのディヴッド・クライヤー[6][7]で、ロビンとシェリーの二人の姉妹がいる[5]

クライヤーは12歳のときに俳優を志した[8]。これを聞いた母親は、息子には俳優以外の選択肢も必要ではないかと考え、「配管工も悪くない職業よ」と冗談を言った[5]。10代のころにクライヤーは、俳優養成のためのサマーキャンプであるステージドア・マナー(en:Stagedoor Manor)に夏休みの間何度か参加している[9]。1983年にニューヨーク市立ブロンクス科学高校 (en:Bronx High School of Science)を卒業した[10]

1984年、当時19歳だったクライヤーは、ロマンティック・コメディ映画『恋人ゲーム』の主演チャールズ・カミングス役でデビューを飾った[11]。その後テレビ映画で何本か脇役を務め、ジョン・ヒューズの映画『プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角』のフィル・"ダッキー"・デール役で脚光を浴びる[12]。当時は世界中のティーンエイジャーの少女が電話をかけてきて、金切り声や笑い声を留守番電話に残していった、とクライヤーの母はデイリーニューズのインタビューで語っている[5]。この作品のヒットで有名になり、1987年に『スーパーマンIV 最強の敵』で悪役レニー・ルーサーを演じた[5]。1991年、 ジム・エイブラハムズのコメディ映画『ホット・ショット』でチャーリー・シーンと共演し[8]、このときの評価は良かった[13]。クライヤーはブラット・パック俳優の一人とされることが多い[14]。2009年に行われた en:Anytime with Bob Kushellでのインタビューによると、クライヤーはブラット・パック映画とされる『セント・エルモス・ファイアー』のオーディションを受けたことがあるが、落選した[15]

映画に比べクライヤーのテレビ出演は不調で、1989年にはコメディドラマ The Famous Teddy Z で主役を務めたが評判は悪く[16]、このドラマは第1シーズンのみで終了し、続編の製作はキャンセルされた[16]。1993年、ロンドンで舞台に上がっている時、『フレンズ』のチャンドラー・ビング役のオーディションに参加しないかという誘いがあり、彼の演技はイギリスのキャスティングエージェントによって収録されたが、最終決定前にビデオテープがアメリカに到着しなかったため、採用は見送られた[8]。1995年、シットコムPartnersでボブ役を務めた。この番組は第1シーズン放送後に打ち切られた。en:Time Out New Yorkでのインタビューにおいて彼は 「ねえ、なんだか僕の出る番組はみんなだめになってしまうみたいだね。ジョージ・クルーニーは28のパイロットとかに出たことを考えたよ。意味はないけど。」と話した[5]。『ダーマ&グレッグ』や『The Outer Limits』にゲスト出演を果たしたあとの1998年、自主製作映画Went to Coney Island on a Mission from God...Be Back by Fiveが批評家たちの間での評判が良く[1]PLAYBOYLeonard Maltinは「新鮮な息吹が入り込んできた("A Breath of Fresh Air")」と評した[17]。2000年、Trouble With Normalでメインキャラクターを演じたが、第1シーズンで打ち切りとなった[18]

2003年、クライヤーは『チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ』でアラン・ハーパー役を演じた。過去の出演作がみな失敗したことを知るCBSの重役たちは、クライヤーの起用に反対していたが、この番組でクライヤーはプライムタイム・エミー賞で3度ノミネートを受けることになった[2][3][4]。番組の高視聴率を見て彼は「毎週生き残るために戦っている番組に出ているときは、自分の素質はそんなに働いていないと感じ、自分の素質が信じられなくなる。でも、人々がとても気に入っていて、視聴率も高い番組なら、そんなプレッシャーを感じなくなる。」と言った[8]。 『チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ』の前に SCI FIの『GALACTICA/ギャラクティカ』でガイアス・バルター役を演じることになっていたが、降板しジェイムズ・キャリスが担当することになった [19]。 2008年、クライヤーはローレンス・フィッシュバーンジェームズ・クロムウェルと共に『ディープ・アンダーカバー』に出演し[20]、 2009年にはジェームズ・スペイダーと共に『ショーツ 魔法の石大作戦』に出演するとされている[21]

2010年8月、テレビガイド誌によると『チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ』の1エピソードあたりの推定出演料が55万ドル(日本円で約4,675万円)であることがわかった[22]

2011年10月、経済誌フォーブス誌が「テレビ界で最も稼いでいる俳優」のランキングを発表し、2010年5月から2011年5月までで1,100万ドル(日本円で約8億3,600万円)を稼いで5位にランクインした[23]

私生活[編集]

クライヤーはイギリス生まれの女優サラ・トリガーと1999年に結婚し、息子チャーリー・オースティンをもうけるが、2004年に離婚[5]。2007年2月にザ・トゥナイト・ショー・ウィズ・ジェイ・レノに出演した時、芸能レポーターのリサ・ジョイナーと結婚する予定と発表、2007年6月に[24][25] 二人はメキシコで[5]式をあげた。2009年9月には赤ん坊を養女として迎えた[26]。 2009年5月28日、トリガーの現在の夫が、自分の2歳になる息子の首にひもの跡が見つかったと警察に通報した。その結果、彼女は児童虐待の罪で逮捕され、逮捕された日の夜に100,000 ドル払って釈放された[27]。 2010年1月15日、クライヤーは、警察に自分の前妻が殺し屋を雇ったと話した。その結果、翌週に行われた『チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ』の収録は、クライヤーの身の安全のため観客なしで行われた[28][29]

マシュー・ブロデリックとの類似性[編集]

マシュー・ブロデリックによく間違われ[5]en:Time Out New Yorkでのインタビューでは以下のように話した。

Equity Library Theaterの支配人だったころでも、人々は僕をマシュー・ブロデリックと間違えたんだ。 チケットを見てプログラムを渡してお客さんを席に案内する時、お客さんに『あなたの出ていたトーチソング・トリロジーは素晴らしかった』といわれて変な気分だった、『私は今あなたにここでプログラムを渡しています。私のような人だったら、あなたのところへやってきてプログラムを渡し、オフブロードウェイで金になる経歴を残すでしょうよ、と言いたかった。その時僕は混乱していた-本人を見るまでは。びっくりするほど似ていた。実際家も近いし、いまだに互いのことを見間違えるよ。

—ジョン・クライヤー(en:Time Out New Yorkでのインタビューにて[5]より)

冗談として彼は『チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ』で兄弟の腰痛を医者に診てもらうため自分がブロデリックだと言い張り、医者になぜ『フェリスはある朝突然に』の続編がないのか尋ねられた[30]

出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 タイトル 役名 備考
1984 恋人ゲーム
No Small Affair
Charles Cummings デビュー作
1985 Noon Wine Teenage Herbert テレビ映画
突撃!O・Cとスティッグス お笑い黙示録
O.C. and Stiggs
Randall Schwab Jr.
1986 プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角
Pretty in Pink
ダッキー
1987 ジョン・クライヤーの ホーム・フロント
Morgan Stewart's Coming Home
モーガン・スチュアート
スーパーマンIV 最強の敵
Superman IV: The Quest for Peace
レニー
N.Y.バッド・ボーイズ
Dudes
グラント
ウォンテッド・ハイスクール/あぶない転校生
Hiding Out
Andrew Morenski/Max Hauser
1988 Rap Master Ronnie: A Report Card オリジナルビデオ
1989 ペン&テラーの 死ぬのはボクらだ!?
Penn & Teller Get Killed
3rd Frat Boy
1991 ホット・ショット
Hot Shots!
ジム
1993 The Waiter Tommy Kazdan
ホット・ショット2
Hot Shots! Part Deux
ジム
Heads Guy Franklin テレビ映画
1996 The Pompatus of Love Mark 脚本も
Cannes Man 本人役 カメオ出演
1997 Plan B Stuart Winer
1998 Went to Coney Island on a Mission From God... Be Back by Five ダニエル 脚本・製作も担当
ホーリーマン
Holy Man
バリー
2000 Clayton
2001 Glam Jimmy Pells
2003 The Metro Chase Mr. Stamm テレビ映画
2008 Unstable Fables: 3 Pigs and a Baby Richard Pig 劇場版アニメ
ディープ・アンダーカバー
Tortured
Brian
2009 Weather Girl Charles
ショーツ 魔法の石大作戦
Shorts
トンプソンの父
草食男子の落とし方
Stay Cool
ハビエル
2010 デュー・デート 〜出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断〜
Due Date
アラン・ハーパー カメオ出演

テレビ番組[編集]

公開年 タイトル 役名 備考
1986 世にも不思議なアメージング・ストーリー
Amazing Stories
フィル 『キス・ミー』(原題:Miscalculation)のみに出演
1989 - 1990 The Famous Teddy Z テディ
1995 - 1996 Partners ボブ 制作も
1996 The Outer Limits トレイヴァー・マクフィー Vanishing Actのみに出演
1997 It's Good to Be King モート
ダーマ&グレッグ
Dharma & Greg
ブライアン 『シャワー騒動』(原題:Shower the People You Love with Love)のみに出演
1998 Getting Personal サム・ワグナー Sam I amのみに出演
制作にも参加
Hercules: The Animated Series The Winged Wolves テレビアニメ
Hercules and the Underworld Takeoverのみに出演
Mr. Show with Bob & David ダッキー It's Perfectly Understandishableのみに出演
ふたりの男とひとりの女
Two Guys a Girl and a Pizza Place
ジャスティン Two Guys, a Girl and a Thanksgivingのみに出演
2000 ファミリー・ガイ
Family Guy
Kevin Swanson テレビアニメ
There's Something About Paulieのみに出演
2000 - 2001 The Trouble with Normal ザック
2002 Andy Richter Controls the Universe Lemuel Praeger Gimme a Cのみに出演
ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル
The Practice
テリー Of Thee I Singのみに出演
2003 Becker ロジャー Chris' Exという回に出演
Hey Joel ジョエル テレビアニメ
ストリッパレラ
Stripperella
テレビアニメ
2003- チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ
Two and a Half Men
アラン・ハーパー 主要キャスト
2005
2006
Danny Phantom Freakshow テレビアニメ
Reality TripとControl Freaksという回に出演
2006 アメリカン・ダッド
American Dad!
クワッキー テレビアニメ
It's Good to Be Queenという回に出演
2010 シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ
Hannah Montana
ケン・トラスコット 『おばあちゃんのポンコツ車』(原題:The Wheel Near My Bed (Keep's on Turnin'))で、リリーの父親役として出演

脚注[編集]

  1. ^ a b Went to Coney Island on a Mission From God... Be Back By Five (1998)”. Rotten Tomatoes. 2008年6月22日閲覧。
  2. ^ a b “Complete 2008 Nominations List”. Academy of Television Arts & Sciences. (2008年7月17日). http://cdn.emmys.tv/awards/2008pte/60thpte_noms.php 2008年7月25日閲覧。 
  3. ^ a b The 59th Primetime Emmy Awards and Creative Arts Emmy Awards Nominees are...”. Academy of Television Arts & Sciences. 2008年3月2日閲覧。
  4. ^ a b The 58th Primetime Emmy Awards and Creative Arts Emmys Nominations”. Academy of Television Arts & Sciences. 2008年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年3月2日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j Jon Cryer - Profile, Latest News and Related Articles”. Notes. E! Online. 2008年8月22日閲覧。
  6. ^ Jon Cryer Biography (1965-)”. Filmreference. 2008年7月16日閲覧。
  7. ^ Gretchen Cryer Biography (1935-)”. Filmreference. 2008年7月16日閲覧。
  8. ^ a b c d Juba, Scott (2006年3月26日). “Interview: Jon Cryer: Failed Friend Who Became a Man”. The Trades. http://www.the-trades.com/article.php?id=4177 2008年8月21日閲覧。 
  9. ^ Stagedoor Manor, Performing Arts Training Center”. Stagedoor Alumni. Stagedoor Manor Official Website. 2008年9月13日閲覧。
  10. ^ Jon Cryer”. Education. Hollywood.com. 2013年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年9月13日閲覧。
  11. ^ Maslin, Janet (1984年11月9日). “No Small Affair (1984)”. Jon Cryer In "No Small Affair" (The New York Times). http://movies.nytimes.com/mem/movies/review.html?res=9E01E2D9143AF93AA35752C1A962948260 2008年9月14日閲覧。 [リンク切れ]
  12. ^ Bierly, Mandi (2006年8月23日). “Don't You Forget About Duckie”. To mark a new special-edition DVD of "Pretty in Pink", Emmy nominee Jon Cryer chats with Mandi Bierly about the movie's original ending, "Try a Little Tenderness", and more (Entertainment Weekly). http://www.ew.com/ew/article/0,,1328652,00.html 2008年9月13日閲覧。 
  13. ^ Hot Shots! (1991)”. Rotten Tomatoes. 2008年9月13日閲覧。
  14. ^ Lurie, Karen (2002). “Brat Pack”. St. James Encyclopedia of Popular Culture (Gale Group). オリジナルの2012-07-09時点によるアーカイブ。. http://archive.is/ZISt 2008年9月13日閲覧。. 
  15. ^ "Anytime with Bob Kushell feat. Jon Cryer". Anytime with Bob Kushell. 2009年3月17日放送. 1回,シーズン2.
  16. ^ a b Tucker, Ken (1990年5月25日). “TV Review - The Famous Teddy Z”. Entertainment Weekly. http://www.ew.com/ew/article/0,,317443,00.html 2008年8月22日閲覧。 
  17. ^ The Cover of Went to Coney Island on a Mission from God... Be Back by Five”. HD Magazine. 2008年6月22日閲覧。
  18. ^ Coleridge, Daniel R. (2003年7月23日). “Sheen and Cryer: Sitcom Survivors”. TV Guide. http://www.tvguide.com/News-Views/Interviews-Features/Article/default.aspx?posting={5C0E1B12-1F43-4C3D-926A-44A9D14730D2} 2008年9月14日閲覧。 
  19. ^ Vary, Adam B. "Battlestar Galactica: The Beginning of the End." Entertainment Weekly 20 Mar. 2009: 42.
  20. ^ Holmes, Matt (2007年5月15日). “Jon Cryer and James Denton to get Tortured”. The Hollywood Reporter. http://login.vnuemedia.com/hr/login/login_subscribe.jsp?id=yF3FFJoP9vNm5af43q8W2RKsNqDmrM1%2Fzbx5AiSOUtGW3Ls9PUV5GMgJS%2BeoDy1JUAbgJRjkvOQv%0AROWIBdvnUW8FoVMFx1KtkCdEnYqLUz2SQYpe976VbXZI6WmQKJx8GoWY%2BuCJjYxQDAOD9x59MjQz%0AaAG%2F4%2BtoYa1POTzHtgmnGrnkGnbYoH9qdhYK2%2BCS9KTxeCr1n5NNHtR25eWKkCg%2BBhnN4qMU9cYt%0AfoDqV4cU2jdAynXsUvdLd6kxAoxxh5tTNp5RGzWGfc8TCFXxfgXoV0VQjlX4yatf6wgCm%2BrtSvUs%0AGywJxaF3a4QoV9rev97ClEo21%2F43lqxlhy4%2FUtfJvHbBin432gV1vXTfSn0%3D 2008年9月14日閲覧。 
  21. ^ Hilton, Beth (2008年5月30日). “Cryer, Spader join Rodriguez's 'Shorts'”. en:Digital Spy. 2008年6月22日閲覧。
  22. ^ “テレビドラマで1エピソードのギャラが最も高いのは「Dr. HOUSE」のヒュー・ローリー”. シネマトゥデイ. (2010年8月13日). http://www.cinematoday.jp/page/N0026239 2012年11月22日閲覧。 
  23. ^ “チャーリー・シーン、クビになってもテレビ界での稼ぎはナンバーワン!-米フォーブス誌”. シネマトゥデイ. (2011年10月15日). http://www.cinematoday.jp/page/N0036186 2012年11月22日閲覧。 
  24. ^ Jon Cryer marries Lisa Joyner”. Monstersand Critics. 2008年6月3日閲覧。
  25. ^ Wang, Cynthia (2007年4月13日). “Jon Cryer of Two and a Half Men to Wed in Summer”. People.com. http://www.people.com/people/article/0,,20035011,00.html 2008年8月21日閲覧。 
  26. ^ 「ハーパー★ボーイズ」ジョン・クライヤーが養子をむかえいれる”. TVGroove. 2012年10月22日閲覧。
  27. ^ http://www.mahalo.com/sarah-trigger
  28. ^ ninemsn (2010年1月22日). “Jon Cryer says ex-wife plotted to kill him”. ninemsn. http://news.ninemsn.com.au/entertainment/1002833/jon-cryer-says-ex-wife-plotted-to-kill-him 2010年1月22日閲覧。 
  29. ^ 「ハーパー★ボーイズ」ジョン・クライヤー「元妻がヒットマンを雇いオレを殺そうとしている」”. TVGroove (2010年1月25日). 2010年12月14日閲覧。
  30. ^ "Young People Have Phlegm Too". Lorre, Chuck; Aronsohn, Lee; Roberts, Mark; Gorodetsky, Eddie. Two and a Half Men. CBS. 2007年2月19日放送. 16回,シーズン4.

外部リンク[編集]