リー・マーヴィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リー・マーヴィン
Lee Marvin
Lee Marvin
映画『攻撃』(1956年)予告編より
生年月日 1924年2月19日
没年月日 1987年8月29日(満63歳没)
出生地 ニューヨーク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優
配偶者 Betty Ebeling (1951-1967)
Pamela Feeley (1970-1987)

リー・マーヴィンLee Marvin, 1924年2月19日 - 1987年8月29日)は、アメリカ合衆国俳優ニューヨーク州ニューヨーク出身。見事な銀髪と、193cmの長身で強面の風貌をいかして、アクション映画を中心に活躍したハリウッドスターである。

来歴[編集]

ニューヨーク出身。父親は広告会社の重役、母親は美容関連の仕事に就いていた[1]。学生時代は素行が悪く、いくつかの学校を放校になる[2]。その後海兵隊に入隊し第4海兵師団に所属する[3]サイパンの戦いで負傷し [4][5]除隊する。

戦後、配管工として働くが、誘われてオフ・ブロードウェイの舞台に出るようになる。1950年にハリウッドに移り、戦争映画に端役で出演するようになる。

デビュー当時は、その風貌から専らB級映画の悪役専門の俳優だったが、1957年秋よりアメリカNBC系で放映された刑事ドラマ『シカゴ特捜隊M』に主演。鉄の意志と鷹のような鋭敏な行動力を持つ警部フランク・バリンジャーに扮し、従来のイメージを一新したその正義のタフ・ガイぶりで、スターへ飛躍するきっかけとなる。その後、巨匠・ジョン・フォード監督の『ドノバン珊瑚礁』(1962年)、『リバティ・バランスを射った男』(1962年)で、大スター・ジョン・ウェインを相手にみごと張り合う演技を見せ、一躍注目される。また、コミカル調の西部劇『キャット・バルー』(1965年)の1人2役の演技で、アカデミー主演男優賞を受賞。

その後、『特攻大作戦』(1967年)、『殺しの分け前/ポイント・ブランク』(1967年)、『北国の帝王』(1973年)等で、タフなアクションスターとして活躍した。

1987年8月29日、心臓発作によりアメリカ・アリゾナ州のトゥーソンで死去。63歳没。

1967年(昭和42年)10月に来日している。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1952 ネバダ決死隊
Hangman's Knot
ロルフ
1953 最後の酋長
Seminole
栄光の鬼部隊
The Glory Brigade
ボウマン
復讐は俺に任せろ
The Big Heat
ヴィンス・ストーン
限りなき追跡
Gun Fury
ブリンキー
乱暴者
The Wild One
チノ
1954 ゴリラの復讐
Gorilla at Large
ケイン号の叛乱
The Caine Mutiny
ミートボール
七人の脱走兵
The Raid
キーティング
1955 日本人の勲章
Bad Day at Black Rock
ヘクター・デヴィッド
見知らぬ人でなく
Not as a Stranger
皆殺しのトランペット
Pete Kelly's Blues
アル
俺が犯人(ホシ)だ!
I Died a Thousand Times
ベイブ・コサック
1956 七人の無頼漢
Seven Men from Now
ビル・マスターズ
攻撃
Attack
ライド・バートレット大佐
白人部隊撃滅
Pillars of the Sky
1957 愛情の花咲く樹
Raintree County
フラッシュ・パーキンス
1957-1960 シカゴ特捜隊M
M Squad
フランク・バリンジャー警部補 テレビシリーズ、117エピソードに出演
1961 コマンチェロ
The Comancheros
クロウ
1962 リバティ・バランスを射った男
The Man Who Shot Liberty Valance
リバティ・バランス
1963 ドノバン珊瑚礁
Donovan's Reef
ギルフーリー
1964 殺人者たち
The Killers
チャーリー・ストローム
1965 キャット・バルー
Cat Ballou
ストロウン/シェリーン アカデミー主演男優賞 受賞
ベルリン国際映画祭 男優賞 受賞
英国アカデミー賞 主演男優賞受賞
ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門) 受賞
愚か者の船
Ship of Fools
テニー
1966 プロフェッショナル
The Professionals
リコ・ファーダン
1967 特攻大作戦
The Dirty Dozen
ジョン・ライズマン少佐
殺しの分け前/ポイント・ブランク
Point Blank
ウォーカー
1968 裏切り鬼軍曹
Sergeant Ryker
ポール・ライカー
太平洋の地獄
Hell in the Pacific
アメリカのパイロット
1969 ペンチャー・ワゴン
Paint Your Wagon
ベン
1970 モンテ・ウォルシュ
Monte Walsh
モンテ・ウォルシュ
1972 ポケットマネー
Pocket Money
レオナルド
ブラック・エース
Prime Cut
ニック・デヴリン
1973 北国の帝王
Emperor of the North Pole
エース・ナンバーワン
氷人来る
The Iceman Cometh
ヒッキー
1974 スパイクス・ギャング
The Spikes Gang
ハリー・スパイクス
クランスマン
The Klansman
トラック・バスコム保安官
1976 冒険野郎
Shout at the Devil
フリン
グレート・サム/サギ師と令嬢
The Great Scout & Cathouse Thursday
サム・ロングウッド
1979 アバランチエクスプレス
Avalanche Express
ウォーグレーヴ
1980 最前線物語
The Big Red One
軍曹
1981 デス・ハント
Death Hunt
ミレン
1983 ゴーリキー・パーク
Gorky Park
ジャック・オズボーン
1984 狼獣(けだもの)たちの熱い日
Canicule
ジミー
1985 ダーティ・ヒーロー/地獄の勇者たち
The Dirty Dozen: Next Mission
ジョン・ライズマン少佐 テレビ映画
1986 デルタ・フォース
The Delta Force
ニック・アレクサンダー大佐

受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

受賞
1966年 アカデミー主演男優賞:『キャット・バルー

ゴールデングローブ賞[編集]

受賞
1966年 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門):『キャット・バルー
ノミネート
1970年 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門):『ペンチャー・ワゴン

参照[編集]

  1. ^ Lee Marvin's ancestors from a collection of celebrity family trees at freepages.genealogy.rootsweb.com
  2. ^ Zec, Donald. Marvin: The Story of Lee Marvin. New York: St. Martin's Press, 1980, ISBN 0-312-51780-7, pp. 20-25
  3. ^ Wise, James E.; Anne Collier Rehill (1999). Stars in the Corps: Movie Actors in the United States Marines (2 ed.). Naval Institute Press. p. 43. ISBN 978-1-55750-949-9. http://books.google.com/books?id=l3Z78rt_oHsC. 
  4. ^ Zec, Donald. Marvin: The Story of Lee Marvin. New York: St. Martin's Press, 1980, ISBN 0-312-51780-7, p. 38
  5. ^ “The real thing: Marvin and Point Blank”. The First Post. (2007年2月15日). http://www.thefirstpost.co.uk/index.php?menuID=4&subID=1180 

外部リンク[編集]