ケイン号の叛乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケイン号の叛乱
The Caine Mutiny
監督 エドワード・ドミトリク
脚本 スタンリー・ロバーツ
原作 ハーマン・ウォーク
製作 スタンリー・クレイマー
出演者 ハンフリー・ボガート
ホセ・フェラー
ヴァン・ジョンソン
フレッド・マクマレイ
音楽 マックス・スタイナー
撮影 フランツ・プラナー
編集 ヘンリー・バティスタ
ウィリアム・A・ライアン
配給 コロムビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1954年6月24日
日本の旗 1954年8月16日
上映時間 124分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $2,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗$21,750,000[2]
テンプレートを表示

ケイン号の叛乱』(ケインごうのはんらん、原題:The Caine Mutiny)は、1954年制作のアメリカ映画

ピューリッツァー賞を受賞したハーマン・ウォークの世界的ベストセラー小説(1951年発表)を監督エドワード・ドミトリク、製作スタンリー・クレイマー、出演ハンフリー・ボガートホセ・フェラーなど当時のハリウッドの超一流スタッフ・キャストが総結集、映画史上に残る名作ドラマに作り上げた。

あらすじ[編集]

第二次世界大戦中の1943年アメリカ海軍の老朽掃海駆逐艦ケイン号の内部では新艦長クイーグに対する部下たちの不満がくすぶっていた。彼は部下に対して非常に厳格な姿勢で臨む一方で、自らのミスにより起きたトラブルの責任を部下になすり付けるように受け取れる態度を取っていたからだ。部下たちはクィーグを軽蔑し、密かに彼を揶揄する戯れ歌まで作って嘲笑する始末であった。副長のマリクはそんな艦内の雰囲気を厳しく戒めつつも内心ではクイーグに対する不信感を募らせていた。小説家志望で皮肉屋のキーファー中尉は親友でもあるマリクに対し、艦長には明らかに偏執症の徴候があり、非常時に下級士官が指揮官を解任できるとする海軍既定第184条に則って指揮を代行すべきだと忠告する。マリクは取合おうとはしなかったが、万が一に備えて艦長の異常行動を記す医療日誌を密かに付け始める。

そんな矢先、艦は猛烈な嵐に遭遇、あわや転覆の危機に陥る。取り乱したクイーグは一時心身喪失状態となり、操艦もおぼつかなくなった。この状況に至ってマリクはクイーグを解任、自ら指揮を執って嵐を乗り切った。しかし彼は帰還後、反逆罪で軍法会議にかけられる事になる。

法廷では士官、乗組員などが証言台に立つが悉く検察官チャリー中佐によって論破され、医療日誌も医学的根拠が無いと一蹴されてしまう。頼りにしていたキーファーも態度を一変させてマリクに不利な証言をする。更には精神鑑定を担当したディクソン軍医が艦長には何ら精神疾患の兆候も見られないと証言、マリクは窮地に立たされる。そんな状況に至っても尚、弁護人のグリンウォルド中尉は効果的な反対尋問をせず静観していた。

やがてクイーグ艦長その人が法廷に現れる。ここに至ってついにグリンウォルドの反撃が始まった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

ケイン号乗組員
海軍軍法会議関係者
その他

日本語吹替[編集]

役名 日本語吹き替え
TBS フジテレビ
クイーグ 大木民夫 久米明
マリク 田中信夫 井上孝雄
キーファー 宮川洋一 大平透
グリーンウォルド 家弓家正 瑳川哲朗
ミートボール 細井重之 小林清志

放送日:TBS:1969年11月10日、フジテレビ:1979年9月28日

ノミネート[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Caine Mutiny (1954) - Box Office/business imdb.com
  2. ^ The Caine Mutiny - Box Office Mojo
  3. ^ この作品で一躍注目を集めたが、翌1955年、飛行機事故で25歳の若さで急死した。 Robert Francis (I) - Biography imdb.com
  4. ^ 彼女は当初本名のAgnes Lee Hickeyで活動していたが、本作での役名をそのまま拝借し、以後この芸名で活動している。 The Caine Mutiny (1954) - Trivia imdb.com

外部リンク[編集]