ロベルト・ベニーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロベルト・ベニーニ
Roberto Benigni
Roberto Benigni
本名 Roberto Remigio Benigni
生年月日 1952年10月27日(61歳)
出生地 カスティリオーン・フィオレンティーノ
国籍 イタリアの旗 イタリア
配偶者 ニコレッタ・ブラスキ(1991 - )

ロベルト・ベニーニRoberto Benigni, 本名: Roberto Remigio Benigni, 1952年10月27日 - )は、イタリア俳優映画監督コメディアン

プロフィール[編集]

来歴[編集]

トスカーナ出身。2人の姉がいる。1970年代からイタリアの舞台やテレビで活躍していた。1986年公開のアメリカの映画監督ジム・ジャームッシュの『ダウン・バイ・ロー』と1991年公開の『ナイト・オン・ザ・プラネット』で注目を集める。1990年、イタリアの名匠フェデリコ・フェリーニの遺作となった『ボイス・オブ・ムーン』に出演。1991年公開の『ジョニーの事情/JOHNNY 2』で監督デビューを果たす。

1998年公開の監督も務めた『ライフ・イズ・ビューティフル』では、アカデミー主演男優賞アカデミー外国語映画賞カンヌ国際映画祭 審査員特別グランプリなど世界各国の映画賞を受賞した。第71回アカデミー賞授賞式ではアカデミー外国語映画賞のプレゼンターは女優ソフィア・ローレンで、受賞作品名を読み上げるところ、同国人のベニーニの受賞に感極まったローレンが「ロベールト!」とイタリア語の発音で彼の名を叫んだ。壇上に上がったベニーニは、大先輩の祝福のキスを受け大感激していた。また、外国語でのアカデミー主演男優賞を受賞した初めての男優でもある。

2002年公開の『ピノッキオ』でゴールデンラズベリー賞を受賞する。外国語映画での受賞者は彼が初めてである。

私生活[編集]

1991年に同じくイタリア人の女優のニコレッタ・ブラスキと結婚した。彼女との共演作も多い。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1979 ピンクのルージュ
Letti selvaggi
マイ・ワンダフル・ライフ
Chiedo asilo
ロベルト
ルナ
La Luna
1986 ダウン・バイ・ロー
Down by Law
ロベルト 共演:ニコレッタ・ブラスキ
1990 ボイス・オブ・ムーン
La Voce della luna
サルヴィーニ
1991 ナイト・オン・ザ・プラネット
Night on Earth
運転手(ローマ)
ジョニーの事情
Johnny Stecchino
ダンテ 監督・脚本・出演
共演:ニコレッタ・ブラスキ
1993 ピンク・パンサーの息子
Son Of The Pink Panther
ジャック・ガンブレリ巡査
1994 ロベルト・ベニーニの Mr.モンスター
Il Mostro
ロリス 監督・脚本・出演
1998 ライフ・イズ・ビューティフル
La Vita è bella
グイド 監督・脚本・出演
アカデミー主演男優賞受賞
カンヌ国際映画祭 審査員特別グランプリ 受賞
英国アカデミー賞 主演男優賞 受賞
ヨーロッパ映画賞 男優賞 受賞
セザール賞 外国語映画賞 受賞
共演:ニコレッタ・ブラスキ
2002 ピノッキオ
Pinocchio
ピノッキオ ゴールデンラズベリー賞 最低主演男優賞 受賞
共演・製作:ニコレッタ・ブラスキ
フェリーニ 大いなる嘘つき
Fellini: Je suis un grand menteur
ドキュメンタリー
2003 コーヒー&シガレッツ
Coffee and Cigarettes
ロベルト
2005 人生は、奇跡の詩
La tigre e la neve
アッティリオ・デ・ジョバンニ 監督・脚本・出演
共演・製作:ニコレッタ・ブラスキ
2012 ローマでアモーレ
To Rome with Love
レオポルド

参照[編集]

外部リンク[編集]