ホセ・フェラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホセ・フェラー
José Ferrer
ホセ・フェラーJosé Ferrer
ケイン号の叛乱のフェラー
本名 José Vicente Ferrer de Otero y Cintrón
生年月日 1912年1月8日
没年月日 1992年1月26日(満80歳没)
出生地 プエルトリコ サンフアン
死没地 フロリダ州コーラルゲーブルズ
職業 俳優
映画監督
活動期間 1935年–1992年
配偶者 Uta Hagen (1938-1948)
Phyllis Hill (1948-1953)
ローズマリー・クルーニー (1953-1961, 1964-1967)
Stella Magee (1992-1992)

ホセ・フェラーJosé Ferrer1912年1月8日 - 1992年1月26日)は、プエルトリコ出身の映画監督、俳優。本名は、ホセ・ビセンテ・フェレル・デ・オテロ・イ・シントロンJose Vicente Ferrer de Otero y Cintron)。また、日本語表記や発音では、ホセ・ファラーとも呼ばれる。

息子のミゲル・フェラーも俳優としてお馴染みで、ミゲルの母で3人目の妻だった歌手ローズマリー・クルーニーの甥には俳優のジョージ・クルーニーがいる。

人物[編集]

10歳前後のころ母国からアメリカに渡ったといわれ、ニューヨークに居を構えて学生時代をすごす。ニューヨーク大学プリンストン大学にまなび、在学中は建築家をめざして勉学に励んだ。そのころ、大学では学生の間で学生劇が流行り、彼もその活動にのめりこむううち、俳優という職業に魅せられて1935年、ブロードウェイの舞台に立つまでになった。

次第に才能を発揮し、コメディからシェイクスピア作品まで幅広くこなし30代のころには演出も手がけるなど、舞台で地位を確立した。戦後、映画界にも進出し、1948年『ジャンヌ・ダーク』ではシャルル7世役を演じて本格的に映画デビュー。舞台時代に培った実力が余りなく活かされ、アカデミー助演男優賞候補となったほか、1950年の主演作『シラノ・ド・ベルジュラック』で遂にアカデミー主演男優賞を受賞。オスカー像を掲げ、名優の仲間入りを果たした。

その後も『赤い風車』では2度目のアカデミー助演男優賞候補に、同時に舞台でも活動を続け、1952年までに2度トニー賞も受賞した。以降は、1955年に映画『生き残った二人』を監督し、監督業でも名を連ねた他、映画でもB級、大作問わず数多く出演し、名バイプレイヤーとして親しまれた。

70年代にはTVにも夥しく出演。幅広く数多くの役柄をこなした。

1961年(昭和36年)11月来日している。

受賞歴[編集]

出演作品[編集]

テレビ[編集]

  • 刑事コジャック スペシャル Kojak (1973)
  • 刑事コロンボ 愛情の計算 Columbo: Mind Over Mayhem (1973)
  • ロアルド・ダール劇場/予期せぬ出来事 Tales of the Unexpected (1979)
  • ジョージ・ワシントン George Washington (1984) ミニシリーズ

外部リンク[編集]