シラノ・ド・ベルジュラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シラノ・ド・ベルジュラック。17世紀の彫版

サヴィニヤン・ド・シラノ・ド・ベルジュラック (Savinien de Cyrano de Bergerac、1619年3月6日 - 1655年7月28日)は、フランスの剣豪、作家、哲学者、理学者。

1897年上演されたエドモン・ロスタン戯曲シラノ・ド・ベルジュラック」により名を知られた。作品の中では、容貌(大きな鼻)に悩みながら、一人の女性を胸中で恋い慕い続け生涯を終えていく、騎士道精神や正義感の強い男として描かれる。

生涯[編集]

1619年、パリ高等法院(Le Parlement de Paris)に席をもつ弁護士アベル・ド・シラノ(Abel de Cyrano)の第四子として、パリのドゥ・ポルト街(rue Deux-Portes)(現在のデュッス-ブ街(rue Dussoubs)に生まれる。母はエスペランス・ベランジェ(Espérance Bellanger)。時はブルボン朝ルイ13世の治下、三十年戦争の時期にあたる。

幼少時は祖父からの領地であったサン=フォルジュ(Saint-Forget)の司祭宅で教育された。サン=フォルジュはパリの西南西30km、現在のイヴリーヌ県の南域の小都会で、その中にベルジュラックという一郭がある。シラノの「ド・ベルジュラック」は、そこに由来する。(ドルドーニュ県ベルジュラック市とは別。)

10歳でパリのボーヴェ学院(Collège de Beauvais)の前身リジュー学院(Collège de Lisieux)に入学し、1639年、20歳で学園を離れた。

生涯の友アンリ・ル・ブレ(Henri Le Bret)と共に、カルボン・ドゥ・カステルジャルー(Carbon de Casteljaloux)隊長指揮のガスコーニュの青年隊に入隊した。しかし出世には至らず、1640年三十年戦争アラスの攻囲戦で重傷を負い、翌年軍隊を去ってパリに戻り、回復後さらに剣術を習った。百人を相手にして2人を殺し7人を傷つけた武勇伝が、ル・ブレの書翰をもとに伝わっている。

また、科学、哲学を研究し、デカルトの論敵の自由思想家、ピエール・ガッサンディやラ・モト・ル・バイエ(fr:François de La Mothe Le Vayer)に学んだと言われる。また、ポール・スカロン、シャペル(fr:Claude-Emmanuel Lhuillier, dit Chapelle)、モリエールなど自由思想的文人とも交わって、唯物論的な文筆生活を送った。

このころから、1653年まで、彼は年長の諧謔詩人シャルル・コアポー(fr:Charles Coypeau d'Assoucy)と同性愛の関係を結び、その間の通信文が伝えられている。

1648年に貴族とパリ高等法院とが王権に逆らったフロンドの乱が始まると、シラノは経済的な理由から反マザラン派に属し、宰相マザランを風刺する詩集『レ・マザリナード』を書くが、2年後には一転、『フロンド派に反対する手紙』を書き、反マザラン派を攻撃した。このとき年来の友人たちと次々にいざかった。

1653年から、ダルパジョン公ルイ(Louis, Duc d'Arpajon, Marquis de Séverac, Montclar et autres lieux)の庇護を受けてその館に寄食し、1654年、悲劇『アグリッピーヌの死』をルイに捧げ、喜劇『担がれた衒学者』も出版した。同年ルイの館で材木が頭に落ち重傷を負った。これが偶然か復讐かには説がある。ダルパジョン公の援助のもと、末妹のカトリーヌ(Cathriene)と尼僧院長マルグリット・ド・ジェズ(Marguerite de Jésusu)とル・ブレとに引き取られ、1年余介護を受けた。1655年7月、パリ近郊サンノワ村(fr:Sannois)の従兄ピエール・ド・シラノ(Pierre de Cyrano)の家へ移り、5日後の28日に36歳で死去。死因は頭の傷でなく梅毒であった。のちにペール・ラシェーズ墓地に移葬された。

『月世界旅行記』は没後の1656年、ル・ブレが序文、伝記を付して出版し、『太陽世界旅行記』は1662年に刊行された。あわせて、SFの先駆的な作品とされる。

『衒学者先生』は、モリエールが『スカパンの悪だくみ』(Les Fourberies de Scapin (1671))に剽窃したことで、却って知られた。

また、ジャック・ロオー(fr:Jacques Rohault)が1671年に出版した『物理学概論』(Traité de Physique)は、生前のシラノの草案によるとされる。

著作[編集]

  • (1649) 『レ・マザリナード』(Les mazarinades)---宰相マザランを風刺した詩集の一つ
  • (1651) 『フロンド派に反対する手紙』(La lettre contre les Frondeurs)
  • (1654) 『アグリッピーヌの死』(La mort d'Agrippine)---5幕の12音綴の韻文悲劇
  • (1654) 『担がれた衒学者』(Le pédant joué)---5幕の韻文喜劇
  • (1654) 『書翰集(Lettres)』
  • (1657) 『別世界又は月世界諸国諸帝国』(Histoire comique des etats et empires de la lune)
  • (1662) 『太陽諸国諸帝国』(Histoire comique des eats et empires du soleil)
  • (1662) 『物理の断片』(Le Fragment de Physique)

訳書[編集]

  • 有永弘人訳『月世界旅行記』、有永弘人訳、弘文堂書房世界文庫 (1940)
  • 有永弘人訳『日月両世界旅行』第一部・第二部、岩波文庫(1952)
  • 月と太陽諸国の滑稽譚 伊東守男訳.早川書房ハヤカワ・SF・シリーズ3178,1968 のち講談社文庫 
  • 月の諸国諸帝国・太陽の諸国諸帝国 赤木昭三訳 ユートピア旅行記叢書、岩波書店、1996 のち『日月両世界旅行記』岩波文庫(2005)

『月世界旅行記』[編集]

あらすじ[編集]

作品の冒頭では、作中人物たちの会話によって、月は光の円盤などではなく地球と同じような天体であり、立って歩くこともできるだろうということ。もしかしたらそこには、我々と同じような人間が暮らしているかもしれないこと。惑星も、地球と同じような天体だろうということ。他の星々は、太陽と同じような存在であるが距離が遠すぎて、光の点にしか見えないこと。その無数の星々それぞれに、惑星があるだろうということ[1]。宇宙は無限なのか、そこに果てはあるのか、など主人公の宇宙観が語られる。

主人公は本当に月が地球と同じような天体であるかどうかを確かめるために、いくつかの装置を作成し、月を目指す。

最初に完成させた装置は、水を入れたボトルを大量に身体にくくりつけたものだった。太陽に熱せられた水が上昇していくことを利用し、この装置を用いて、主人公は空に浮かび上がるものの、月までは到達できずに、地球の自転の影響のためか出発地のフランスから遠く離れたアメリカ大陸に着陸する。

最終的に主人公は、さまざまな偶然もあって、ロケット[2]を六つあわせて一段となし、それを何段にもわたって配置した装置で天高く舞い上がり、月へと到達する。

一段目のロケットが燃え尽きると、二段目に点火し、二段目が燃え尽きると、三段目に点火というように、主人公の身体は急速に加速されていく。

火薬は早くに全て燃え尽き、ロケットなどの装置は全て地上に落下したものの、主人公の身体だけは、なおも月に向かって進んでいく。地球を遠く離れ、やがて月に近づくにつれ、主人公は月に向かって徐々に落下していくのを感じる。主人公は「地球に引力があるように、月にも引力があるのだろう。月は地球よりも質量が小さいので、その影響する範囲も小さく、月に近づいたことによって、やっとその力を感じることができたのだろう」[3]と、ひとりつぶやく。

月には、四本足で歩く知的生命体が存在し、地球人とは異なる独特の風習や考え方を持っていることや、機械仕掛けのしゃべる本[4] [5] など、月世界の発達した科学文明の様子が叙述される。

出典・脚注[編集]

  1. ^ 主人公とヌーベルフランス総督との会話のシーンより。Savinien de Cyrano de Bergerac. L’Autre monde ou les états et empires de la Lune [月世界旅行記]. http://fr.wikisource.org/wiki/L’Autre_monde_ou_les_états_et_empires_de_la_Lune_-_I. "je crois que les planètes sont des mondes autour du soleil, et que les étoiles fixes sont aussi des soleils qui ont des planètes autour d’eux, c’est-à-dire des mondes que nous ne voyons pas d’ici à cause de leur petitesse, et parce que leur lumière empruntée ne saurait venir jusqu’à nous." (訳文:私はつぎのように考えている。惑星たちは、この我々の地球と同等の存在であり、それらも太陽のまわりをまわっていると。そして恒星とは太陽であり、それらの恒星のまわりにも惑星があると。惑星、つまりこの地球と同等の存在だね。恒星をまわるそれらの惑星は、地球から見ることはできないが。なぜ見えないのかといえば、それはその惑星たちの小ささのためであるし、その惑星たちの反射する光が我々のところにまでは届かないからだ、とね。)
  2. ^ 火薬を用いた火矢。原文では "fusées"。Savinien de Cyrano de Bergerac. L’Autre monde ou les états et empires de la Lune [月世界旅行記]. http://fr.wikisource.org/wiki/L’Autre_monde_ou_les_états_et_empires_de_la_Lune_-_I. "Vous saurez donc que la flamme ayant dévoré un rang de fusées (car on les avait disposées six à six, par le moyen d’une amorce qui bordait chaque demi-douzaine) un autre étage s’embrasait, puis un autre, en sorte que le salpêtre embrasé éloignait le péril en le croissant." 
  3. ^ 原文は右記の通り。Savinien de Cyrano de Bergerac. L’Autre monde ou les états et empires de la Lune [月世界旅行記]. http://fr.wikisource.org/wiki/L’Autre_monde_ou_les_états_et_empires_de_la_Lune_-_I. "« Car, disais-je en moi-même, cette masse étant moindre que la nôtre, il faut que la sphère de son activité soit aussi moins étendue, et que, par conséquent, j’aie senti plus tard la force de son centre. »" 
  4. ^ Savinien de Cyrano de Bergerac. L’Autre monde ou les états et empires de la Lune [月世界旅行記]. http://fr.wikisource.org/wiki/L’Autre_monde_ou_les_états_et_empires_de_la_Lune_-_IV. "À l’ouverture de la boîte, je trouvai dedans un je ne sais quoi de métal quasi tout semblable à nos horloges, plein d’un nombre infini de petits ressorts et de machines imperceptibles. C’est un livre à la vérité, mais c’est un livre miraculeux qui n’a ni feuillets ni caractères ; enfin c’est un livre où, pour apprendre, les yeux sont inutiles ; on n’a besoin que d’oreilles." (訳文:箱を開けると、中はよくわからない金属で、そこにはちょうど我々の時計のように、バネやとても小さな機械などの、数え切れないほどの部品が、ぎっしりつまっていた。それはたしかに本なのだ。ただ、その驚くべき本にはページもなければ文字もない。その本は目で読むのではなく、耳で聞く本なのだ。)
  5. ^ Savinien de Cyrano de Bergerac. L’Autre monde ou les états et empires de la Lune [月世界旅行記]. http://fr.wikisource.org/wiki/L’Autre_monde_ou_les_états_et_empires_de_la_Lune_-_IV. "Lorsque j’eus réfléchi sur cette miraculeuse invention de faire des livres, je ne m’étonnai plus de voir que les jeunes hommes de ce pays-là possédaient davantage de connaissance à seize et à dix-huit ans que les barbes grises du nôtre ; car, sachant lire aussitôt que parler, ils ne sont jamais sans lecture ; dans la chambre, à la promenade, en ville, en voyage, à pied, à cheval, ils peuvent avoir dans la poche, ou pendus à l’arçon de leurs selles, une trentaine de ces livres dont ils n’ont qu’à bander un ressort pour en ouïr un chapitre seulement, ou bien plusieurs, s’ils sont en humeur d’écouter tout un livre : ainsi vous avez éternellement autour de vous tous les grands hommes et morts et vivants qui vous entretiennent de vive voix." (訳文:この驚くべき発明品のことを考えると、この国の若者が16〜18才にして、我々地球のヒゲに白髪のまじった老人たちを上回る知識を持っているのも当然だろう。なぜなら彼らは、会話ができるような年齢になれば、本で学び始めることができるのだ。彼らは本を読んでいないときがない。部屋の中ではもちろん、歩きながらでも、街中でも、旅先でも、馬の上にいるときでも、彼らはこの本をポケットにいれたり、馬の鞍に置くなどして、およそ三十冊は持ち歩き、一章節ほどを読みたいときはゼンマイを一回、全体を読みたいときは、数回まいて本を読んでいる。つまりこれは古今の偉人をつねに持ち歩き、彼らに語りかけてもらっているようなものだ。)


参考文献[編集]

  • ロスタン著、辰野隆-鈴木信太郎共訳、『シラノ・ド・ベルジュラック』岩波文庫(1951)の巻末の、『シラノ・ド・ベルジュラック解説』

外部リンク[編集]