ジュール・マザラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュール・マザラン

ジュール・マザランJules Mazarin, 1602年7月14日 - 1661年3月9日)は、17世紀フランス王国の政治家、枢機卿イタリア人でイタリア名はジュリオ・マッツァリーノ(Giulio Mazarino)。ラテン語形はユリウス・ライムンドゥス・マザリヌス(Iulius Raimundus Mazarinus)なので、ジュール・レーモン・マザランとも。

生涯[編集]

イタリア中部ピッシーナに生まれる。庶子であったともいう。父ピエトロがシチリアのマッツァリーノ城塞で生まれたため、その名を名乗り始める。外交の能力を認められてローマ教皇に仕える。

1630年マントヴァ継承戦争において、一時停戦の約を破って進軍したリシュリューの部隊の前にマザランが単騎で現れ、停戦を呼びかけたという逸話が残されている。1634年、教皇特使としてパリに派遣されたときにリシュリューの信任を得る。

1639年、フランスに帰化し、1641年ルイ13世の推挙によりウルバヌス8世によって枢機卿に就任。

1642年にリシュリュー、1643年にルイ13世が相次いで死ぬと、摂政となった大后アンヌ・ドートリッシュの相談役兼ルイ14世の教育係となる。辞令そのものは出ていないが、実質的な宰相であった。アンヌとは秘密結婚をするまでの仲だったともいわれ、ルイ14世はマザランの子とする説もあるが、アンヌがルイ14世を妊娠した1637年の12月5日にはマザランはまだイタリアにいたため、これは根拠のない噂話である。

1661年にマザランが死ぬと、翌日ルイ14世は親政を宣言、王政フランスの絶頂期へと至った。マザラン自身がルイ14世に親政を勧めたともいう。亡骸はフランス学士院に葬られている。

功績[編集]

政策的にはリシュリューを継承し、後のルイ14世の絶対王政の地均しをした。具体的には以下のとおり。

親族[編集]

自身は聖職者のため独身だが、妹ジェローラマ・マザリーニが生んだ5人の姪ラウラオリンピアマリーオルタンスマリー・アンヌを政略結婚に利用した。ルイ14世の愛妾も含まれているという。ポールフィリップの兄弟も軍人、貴族に取り立てられた。また、姉ラウラ・マルゲリータ・マッツァリーニの娘であるアンヌ・マリーラウラ姉妹も同様に政略結婚に利用、それぞれコンティ公アルマンモデナアルフォンソ4世・デステに嫁いだ。これら7人の姪はマザリネットと呼ばれた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]