アンソニー・フランシオサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンソニー・フランシオサ
Anthony Franciosa
アンソニー・フランシオサAnthony Franciosa
アンソニー・フランシオサ(右)とLaraine Stephers、1975年
生年月日 1928年10月25日
没年月日 2006年1月19日(満77歳没)
出生地 ニューヨーク州マンハッタン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

アンソニー・フランシオサAnthony Franciosa, 1928年10月25日2006年1月19日)はアメリカ俳優である。全盛時にはトニー・フランシオサの名で活動していた。

来歴[編集]

本名アンソニー・ジョージ・パパレオ。ニューヨーク州マンハッタンで、イタリア系の両親の間に生まれ、母とおばとに育てられる。芸名のフランシオサは、母の結婚前の名字である。

1948年にオフ・ブロードウェイチェリー・レーン・テアトルに入る。俳優として一人前になるまでに、ウェイター、皿洗い、日雇い労働者、メッセンジャーボーイなどの様々な職につく。数年後に、ブロードウェイでの『夜を逃れて』の演技が絶賛され、トニー賞にノミネートされる。同作品が1957年に映画化された時、同じ役を演じ、アカデミー主演男優賞にノミネートされた。『群衆の中の一つの顔』や『長く熱い夜』をはじめ、その後いくつかの有名映画に出演する。米ABCで、1963年から1964年にかけて放送された『ザ・グレイティスト・ショー・オン・アース』にもゲスト出演し、同じ時期、やはりABCの、精神科を舞台とした医療ドラマ『ブレーキング・ポイント』にも出演した。

ボナンザ』のプロデューサー、デビッド・ドルトートが、西部劇ドラマ『ハイ・シャパラル』で、キャメロン・ミッチェルの親友であり、甥でもあるマノリート・モントーヤの役を、フランシオサに振ろうと考えていた。ただし、ヘンリー・ダロウが遅刻したらという条件付きであり、ダロウがセットに時間通りに到着したため、フランシオサはモントーヤ役を演じることができなかった。

テレビでも『バレンタイン・デー』『ネーム・オブ・ザ・ゲーム』及びパイロット版の『死んだ女の住所録』、そして『マット・ヘルム』では主役を務め、アーロン・スペリング制作の『ファインダー・オブ・ロスト・ラブス』にも主演した。

私生活では4度の結婚をし、3度目の妻ジュディス・バラバンとの間に娘のニーナが、そして4番目にして最後の妻リタ・テイルとの間に2人の息子、マルコとクリストファーが生まれている。マルコは俳優であり、クリストファーは有機農業に携わっている。 晩年はロスアンジェルス西部のブレントウッドで暮らした。

2006年1月14日に脳こうそくで倒れ、19日にロナルド・レーガンUCLAメディカルセンターで77歳で死去した。14日は、かつての妻で、アカデミー賞女優でもあるシェリー・ウィンタースが亡くなった日でもあった。

トム・ウェイツが1992年に発表したアルバム『ボーン・マシーン』の10曲目「ゴーイン・アウト・ウエスト」でフランシオサの名前が使われている。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

[1]

脚注[編集]

  1. ^ アンソニー・フランシオサのプロフィール-allcinema

外部リンク[編集]