リチャード・バートン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Richard Burton
リチャード・バートン
リチャード・バートン
映画『聖衣』より
本名 Richard Walter Jenkins Jr.
生年月日 1925年11月10日
没年月日 1984年8月5日(満58歳没)
出生地 ウェールズ
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 俳優
配偶者 シビル・ウィリアムズ (1949–63)
エリザベス・テイラー (1964–74, 1975–76)
スージー・ミラー (1976–82)
サリー・バートン (1983-1984)

リチャード・バートン,CBERichard Burton,CBE, 1925年11月10日 - 1984年8月5日)は、イギリスウェールズ出身の俳優である。イギリス映画界を代表する俳優の一人。本名はRichard Walter Jenkins Jr.。

生涯[編集]

炭坑作業員の息子(13人兄弟の12番目[1])に生まれる。2歳の時に母親が死に[2]、姉夫婦に育てられる[1][3]。16歳で学校をやめて働かなければいけなくなったが、彼の教師であったフィリップ・バートンが彼を養子に取り、18歳の時には英空軍の士官候補生としてオックスフォード大学エクセターコレッジの6ヶ月間の特別コースで学ぶことが許された。1943年リヴァプールの舞台でデビューし、その後、舞台俳優として活躍。1944年から3年間、英空軍パイロットとして従軍。1949年に映画デビュー、映画で共演した女優シビル・ウィリアムズと結婚した。同年、クリストファー・フライ作の『The Lady's Not For Burning』での演技が絶賛される。これがきっかけとなって1952年にはハリウッドに招かれ、『謎の佳人レイチェル』でオリヴィア・デ・ハヴィランドと共演、アカデミー助演男優賞にノミネートされる。

舞台ではオールド・ヴィク座の『ハムレット』『オセロ』やブロードウェイミュージカルキャメロット』などに主演、英米の垣根を越えて活躍、特に『キャメロット』では1961年トニー賞ミュージカル部門の俳優賞を受賞した。映画では『聖衣』『アレクサンダー大王』『北海の果て』『史上最大の作戦』などの大作や、『寒い国から帰ったスパイ』や『暗殺者のメロディ』などに出演。しかし『謎の佳人レイチェル』を初めアカデミー賞に計7回もノミネートされたものの、一度も受賞はしなかった。

1963年マーク・アントニーに扮した『クレオパトラ』で共演したクレオパトラ役のエリザベス・テイラーと恋が芽生え、スキャンダルとなった。その後ウィリアムズと離婚し、一方エディ・フィッシャーと別れたテイラーと結婚、その後は夫婦して、『予期せぬ出来事』『いそしぎ』『バージニア・ウルフなんかこわくない』『じゃじゃ馬ならし』『悪のたのしみ』『危険な航路』『夕なぎ』で共演、しかしバートンがアルコール使用障害にかかり、1973年テレビ映画『離婚』に夫婦共演中に本当に二人の離婚が取り沙汰されるようになり、ついに翌年離婚した。その後1975年10月10日に二人は再婚するが、翌年、再び離婚する。1983年のブロードウェイの舞台が二人の最後の共演となった。1966年にテイラーとの関係を綴った本を出版している。

テイラーとの離婚後は2度結婚を繰り返し、1984年ジュネーヴ郊外の自宅で脳溢血により倒れ、市内の病院に搬送されたが帰らぬ人となった。

2000年に発売されたテイラーの伝記の中で、俳優のローレンス・オリヴィエとバートンとの同性愛関係について触れられているが、バートンの遺族はその事を否定している。[1]

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1950 疑惑の影
The Woman with No Name
ニック
1952 謎の佳人レイチェル
My Cousin Rachel
フィリップ ゴールデングローブ賞新人賞 受賞
1953 砂漠の鼠
The Desert Rats
タミー・マクロバーツ
聖衣
The Robe
マーセラス
1955 凶弾の舞台
Prince of Players
エドウィン・ブース
雨のランチプール
The Rains of Ranchipur
ラマ・サフティ
1956 アレキサンダー大王
Alexander the Great
アレキサンダー大王
1957 わかれ
Sea Wife
ビスケット
にがい勝利
Bitter Victory
Captain Leith
1960 北海の果て
Ice Palace
ゼブ・ケネディ
許されざる愛情
The Bramble Bush
ガイ・モントフォード
1962 史上最大の作戦
The Longest Day
デビッド・キャンベル(イギリス空軍パイロット)
1963 予期せぬ出来事
The V.I.P.s
ポール・アンドロス
クレオパトラ
Cleopatra
マルクス・アントニウス
1964 ベケット
Becket
トマス・ベケット
イグアナの夜
The Night of the Iguana
ローレンス・シャノン
ハムレット
Hamlet
ハムレット
1965 何かいいことないか子猫チャン
What's New, Pussycat
ストリップクラブの男 クレジットなし
いそしぎ
The Sandpiper
エドワード・ヒューイット
寒い国から帰ったスパイ
The Spy Who Came In from the Cold
アレック
1966 バージニア・ウルフなんかこわくない
Who's Afraid of Virginia Woolf?
ジョージ
1967 じゃじゃ馬ならし
The Taming of the Shrew
ペトルーチオ
ファウスト悪のたのしみ
Doctor Faustus
ファウスト 監督・出演
危険な旅路
The Comedians
ブラウン
1968 夕なぎ
Boom
クリス・フランダース
荒鷲の要塞
Where Eagles Dare
スミス少佐
キャンディ
Candy
マクフィスト教授
1969 ふたりは恋人
Staircase
ヘンリー・リーズ
1000日のアン
Anne of the Thousand Days
ヘンリー8世
1971 ロンメル軍団を叩け
Raid on Rommel
アレックス・フォスター大尉
ロンドン大捜査線
Villain
ヴィク・ダーキン
1972 暗殺者のメロディ
The Assassination of Trotsky
レフ・トロツキー
青ひげ
Bluebeard
Kurt Von Sepper
1973 離婚・男の場合 離婚・女の場合
Divorce His - Divorce Hers
テレビ映画
風雪の太陽
Sutjeska
ヨシップ・ブロズ・チトー
裂けた鉤十字/ローマの最も長い一日
Rappresaglia
ヘルベルト・カプラー
1974 旅路
Il Viaggio
クランスマン
Klansman
ブレック
逢いびき
Brief Encounter
エリック・ハーヴェイ テレビ映画
1977 エクソシスト2
Exorcist II: The Heretic
フィリップ・ラモント神父
エクウス
Equus
マーティン ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門) 受賞
1978 恐怖の魔力/メドゥーサ・タッチ
The Medusa Touch
ジョン・モーラー
ワイルド・ギース
The Wild Geese
アレン・フォークナー大佐
告白の罠
Absolution
ゴダード神父
1979 戦場の黄金律/戦争のはらわた II
Steiner - Das Eiserne Kreuz, 2. Teil
ロルフ・シュタイナー
1980 レッスン・イン・ラブ
Circle of Two
アシュレイ・セントクレア
1983 ワーグナー/偉大なる生涯
Wagner
ワーグナー テレビ・ミニシリーズ
1984 1984
Nineteen Eighty-Four
オブライエン

参照[編集]

  1. ^ a b BBC Biography
  2. ^ Jenkins, David (subject's elder brother) Richard Burton: A brother remembered, (2nd edn) Arrow Books London 1994
  3. ^ welshwales.com biography

外部リンク[編集]