攻撃 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
攻撃
Attack
監督 ロバート・アルドリッチ
脚本 ジェームズ・ポー
原作 ノーマン・ブルックス
製作 ロバート・アルドリッチ
出演者 ジャック・パランス
エディ・アルバート
音楽 フランク・デヴォル
撮影 ジョセフ・バイロック
編集 マイケル・ルチアーノ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ
日本の旗 松竹ユナイト映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1956年10月17日
日本の旗 1956年11月1日
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
フランス語
ドイツ語
テンプレートを表示

攻撃』(こうげき、原題: Attack)は、ノーマン・ブルックスの舞台劇『Fragile Fox』を原作とし、1956年に公開されたアメリカ戦争映画である。

あらすじ[編集]

第二次世界大戦末期、1944年のヨーロッパ戦線。ジョー・コスタ中尉とハリー・ウッドラフ中尉は、無能で卑劣な上官・クーニー大尉のために多くの兵が死んでいることに怒りを感じていた。しかしクーニーの上官であるバートレット大佐は、クーニーの幼なじみであり、また地元の有力者であるクーニーの父親の力で政治家になるつもりでいるため、クーニーの無能さを知りつつも何も対応しようとしない。

そのような中、クーニーはコスタに危険な任務を命じる。あまりに思慮の浅い作戦内容に怒ったコスタはクーニーに向って「お前のせいで1人でも部下を失ったら生きては帰さない!!」と言い放ち、任務に赴く。

キャスト[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]