配管工

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

配管工(はいかんこう)は、建築業における職種(工種)の一つで、水道管ガス管などの管(管や塩ビ管など)を取り付ける工種のこと。主に給排水設備、ガス設備、空調設備の建築設備分野で必要となる。

配管工としての技能は、配管技能士として公的にはかることが出来る。これ以外に、溶接の技量や必要な資格を持つことでより高度な配管工になる。

技能職である配管工としての最高の資格は配管基幹技能者である。

区分[編集]

配管工事の区分の応じて得意とする分野があることが多い。複数の分野にわたる技量を持つものも多い。

  • 空調配管工
  • 衛生配管工
  • 冷媒配管工
  • ガス配管工
  • 医療ガス配管工
  • 消火配管工(防災配管工)

技能者の態様[編集]

作業員としての服装として、作業服、作業ズボンで業務を行うことが多い。手袋は軍手あるいは皮手袋を着装することもある。保護具としての安全ヘルメット、安全帯、安全靴をつけていることが多い。

溶接作業に従事する者の中には、手甲脚絆を身に付けるものもある。

ニッカズボンの着装は個人の好みによるので、配管工独自のものではない。

パイプレンチは重いので、腰にぶら下げることは少ない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]