ダーク・ボガード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダーク・ボガード
Dirk Bogarde
Dirk Bogarde
第43回カンヌ国際映画祭にて、ジェーン・バーキンとともに
本名 Sir Derek Jules Gaspard Ulric Niven van den Bogaerde
生年月日 1921年3月28日
没年月日 1999年5月8日(満78歳没)
出生地 イングランドの旗 イングランド・ウエスト・ハムステッド
死没地 イングランドの旗 イングランドチェルシー
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 俳優、小説家
活動期間 1939 -1990
主な作品
地獄に堕ちた勇者ども
ベニスに死す
愛の嵐

ダーク・ボガードSir Derek Jules Gaspard Ulric Niven van den Bogaerde ,Dirk Bogarde, 1921年3月28日 - 1999年5月8日)はイギリスロンドン・ハムステッド出身の俳優作家。本名、デレク・ファン・デン・ボガール。父親はオランダ人でタイムズの編集者、母親は元女優・マーガレット・リーヴェン。

来歴[編集]

美術学校で舞台美術などを学び、1939年にはロンドンの舞台で裏方として働いていた。ある時、俳優の一人が急遽出演出来なくなったため代役として舞台に立って俳優としてのキャリアをスタートさせた。しかし同年、第二次世界大戦に従軍、ベルゲン・ベルゼン強制収容所に辿り着いた最初の連合国将校の一人でもあった。また公式命令により戦争画を描き、そのうち二点は大英博物館に保存されているという。

大戦終了後の1947年に再び俳優として活動を始め、舞台出演が高い評価を得て、同年映画デビュー。以降イギリスを代表する名優として活躍した。1963年の『召使』と1965年の『ダーリング』で英国アカデミー賞を受賞。ハリウッドから誘われ続けたが、アメリカ映画は『わが恋は終りぬ』一本のみ。イギリス・フランス・イタリアなどヨーロッパ映画で活躍した。上記以外では、ルキノ・ヴィスコンティ監督の『地獄に堕ちた勇者ども』『ベニスに死す』や『愛の嵐』などが有名。

1958年の映画『風は知らない』では日本の女優・谷洋子と共演した。

ボガードは長い間マネージャーのアンソニー・フォーウッドと同居し、一度も結婚しなかったため、ゲイであると噂されていた[1]。ボガード自身は常に、フォーウッドは単なる友人関係にあると語っていた。また、『わが恋は終りぬ』で共演した女優のキャプシーヌと交際していたことがある。

主な出演作品[編集]

著書[編集]

自伝[編集]

  • Snakes and Ladders (1978)
  • An Orderly Man (1983)
  • Backcloth (1986)
  • レターズ ミセスXとの友情 A Particular Friendship ISBN 978-4896670653 (1989)
  • Great Meadow (1992)
  • A Short Walk from Harrods (1993)
  • Cleared for Take-Off (1995)

小説[編集]

  • A Gentle Occupation (1980)
  • Voices in the Garden (1981)
  • West of Sunset (1984)
  • Jericho (1991)
  • A Period of Adjustment (1994)
  • Closing Ranks (1997)

脚注[編集]

  1. ^ Review by Mansel Stimpson of Dirk Bogarde: The Authorised Biography, by John Coldstream [1]

外部リンク[編集]