キャバレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポスター『ムーラン・ルージュのラ・グーリュ』1891年 ロートレック

キャバレー: cabaret[† 1][† 2])とは、本来はダンスコメディショーなどパフォーマンスをする舞台のあるレストランナイトクラブの事である。

なお、日本風俗営業法ではキャバレーとナイトクラブは明確に別種として区分されている。

フランス[編集]

語源はオランダの「カブレット」と同じフランス語圏内のピカール方言である「カンブレット」と諸説あり、はっきりしていない。当初は「小部屋」と意味合いで使用されていたが、その小部屋で酒が良く飲まれていたことから、居酒屋の意味するものに変わっていく。 パリモンマルトル界隈ではかつて19世紀1881年にロドルフ・サリによって開設され、伝説的な隆盛を見せたシャ・ノワール(黒猫)(fr)と呼ばれるキャバレーがあり、エリック・サティパブロ・ピカソなど、モンマルトルに住む名だたる芸術家たちの若き日の溜まり場となった。現在もラパン・アジルをはじめ、ピアノアコーディオンなどの伴奏によるレトロなシャンソンを聴かせる往時の雰囲気を残すいくつかの小さなキャバレー(シャンソニエ)がある。

同様にパリ郊外の川沿いにはギャンゲットと呼ばれるレストラン兼ダンスホールがあり、19世紀から続いている。現在も年輩者をはじめ多くのパリ市民に親しまれている休日午後の娯楽となっている。

パリにはまた一方でムーラン・ルージュリドクレイジーホースなどのいわゆる高級キャバレーもあり、こちらは大規模な店内でトップレスの女性が舞台上でスペクタクルを繰り広げる(ただし決して卑猥なストリップショーではない)のが特徴である。歴史的にはフレンチカンカンが展開されたことでも有名である。

ドイツ語圏[編集]

ドイツ語圏におけるカバレット: das Kabarett)はニュアンスがやや違ってくる。オーストリアではカバレーという。カバレットとは、ドイツ語圏において、文学的なバラエティー・ショーのことである。シャンソン(カバレット・リート)を聞かせたり、寸劇・演芸を見せたりする場所であり、およびその作品のことでもある。その時の政治や政治家の言葉を比喩するカバレット(カバレー)も多い。

主なカバレティスト[編集]

ギャラリー - キャバレーの花形達[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ フランス語発音: [kabarɛ] カバレ、パリ周辺の発音[kabaʁɛ] キャバヘ
  2. ^ イギリス英語発音:[ˈkæbəreɪ] キャバレイ、アメリカ英語発音:[ˌkæbəˈreɪ] キャバレイ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]