ジョセフィン・ベーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Josephine Baker
ジョセフィン・ベーカー
ジョセフィン・ベーカー
1927年
本名 Freda Josephine McDonald
別名義 黒いヴィーナス
生年月日 1906年6月3日
没年月日 1975年4月12日(満68歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミズーリ州セントルイス
国籍 フランスの旗 フランス(1937-)
民族 アフリカ系アメリカ人
職業 歌手、エンターテイナー
ジャンル ジャズ
活動期間  1920年代1970年代
活動内容  歌手
配偶者  あり

ジョセフィン・ベーカーJosephine Baker1906年6月3日 - 1975年4月12日)は、アメリカセントルイス出身のジャズ歌手・女優である。フランス語読みで「ジョゼフィーヌ・バケル」とも呼ばれる。

生まれたときの名前は、フリーダ・ジョセフィン・マクドナルドFreda Josephine McDonald)。1937年、フランス国籍を取得している。「黒いヴィーナス」の異名をとった。

生涯[編集]

若年期[編集]

ジョセフィンは、ユダヤスペイン人のドラム奏者エディー・カーソン(Eddie Carson)とアフリカ系アメリカ人の洗濯婦のキャリー・マクドナルド(Carrie McDonald)との間の私生児として、ミズーリ州セントルイスで生まれた。

彼女は、非常に貧しい環境の中で育つ。1917年7月2日、彼女はセントルイスで人種差別を経験し、これが彼女が後に人種差別撤廃運動に熱心に肩入れする背景となる。13歳で、母親によりかなり年配の男性と結婚させられるが、数週間しか結婚生活は続かなかった。そのあと家出。1921年、彼女は鉄道車掌のウィリー・ベーカー(Willie Baker)と結婚し、1925年に離婚するが、この苗字を彼女はその後もしばらくの間使用している。

デビュー[編集]

レビューに出演していた頃の写真(1927年)

彼女のキャリアは、16歳でフィラデルフィアのスタンダード劇場でのデビューから始まる。その後すぐニューヨークに行き、ちょうど半年間アメリカを巡業していたボードビル・グループに参加。1923年-1924年、ニューヨークのでミュージカルコメディ「シャッフル・アロング(Shuffle Along)」でコーラスガールの役を得、その後、黒人のレビューグループ、チョコレート・ダンディーズ(The Cholocate Dandies)のメンバーとなる。ニューヨークのプランテーション・クラブに出演した後、1925年10月2日、パリのシャンゼリゼ劇場に出ていた「レビュー・ネグロ(黒いレビュー)」に加わることになる。

このダンスで彼女は、初めてチャールストンを目の当たりにしたパリの観客をたちまち虜にしてしまう。アンドレ・レヴィンソン(André Levinson)は、「ジョセフィンは、不恰好な黒人のダンサーだと思ったらとんでもない間違いで、彼女こそ詩人ボードレールが夢に見た褐色の女神」と熱狂して賛辞を送り、アーネスト・ヘミングウェイは「これまで見たことのある最もセンセーショナルな女性」と称えた。

レビュー・ネグロは、さらにブリュッセルベルリンでも公演を行い、ドイツではベルリンのクァフュルステンダムのネルソン劇場で1926年1月14日にドイツでの初演を行っている。1926年-1927年、彼女はまさにフォリー・ベルジェールのスターだった。彼女は、ルイ・ケーナシャンの2つのレビューに出演、有名なバナナを腰の周りにぶら下げただけの衣装で踊った。

注目[編集]

1926年の末にベーカーは、それまでベーカーのショーの美術を手伝っていたシチリアの石工ジュゼッペ・ペピート・アバチーノ(Giuseppe Pepito Abatino)と結婚し、世間の話題を一身に集める。アバチーノは、「ディ・アルベルティーニ」と自称していたが、ベーカーの恋人兼マネージャーの役につく。当時ベーカーは、ラングストン・ヒューズパブロ・ピカソアーネスト・ヘミングウェイなど同時代の作家、画家、彫刻家にとっての美の女神、大衆にとってのセックス・シンボルとなった。

ベーカーは、ヨーロッパ貴族の称号を持つことになった初めてのアフリカ系のアメリカ人女性ということになった。建築家のアドルフ・ロースは1928年にベーカーのために白黒の大理石の正面玄関を持つ家を設計したが、それは実際に建築するまでには至らなかった。想像を超えたエロティックな衣装と踊りのために、ベーカーはウィーンプラハブダペスト、そしてミュンヘンの劇場で出演を禁止されてしまう。それほどまでにベーカーはセンセーショナルな存在になったのである。

東ヨーロッパと南アメリカ公演旅行の後、ベーカーは今度は歌手としてもデビューを果たす。「二つの愛」(J'ai deux amoures)、「ハイチ」(Haiti)、「かわいいトンキン娘」(La Petite Tonkinoise)、「かわいいベイビー」(Pretty Little Baby)は、彼女の最も成功した歌である。彼女は映画にも出演し、「南海の女王」(La Sirène des Tropiques、1927年)、「はだかの女王」(Zouzou、1934年)、 そして「タムタム姫」(Princesse Tam-Tam、1935年)で主演をしている。

たちまちにしてフランスで最も成功したアメリカ人となったベーカーは、そのために祖国アメリカでは、人種的な差別、偏見に人一倍さらされることとなった。1936年にアメリカで「ジーグフェルド・フォリーズ」のショーでメンバーから外され、それにショックを受ける。また私生活でもあまり幸福ではなかった。アメリカにおける人種差別に嫌気がさしたベーカーは、1937年にフランスの市民権を取得する。

第二次世界大戦前後[編集]

1949年
1951年

第二次世界大戦の最中を、ベーカーはドイツ軍に北部を占領され、南部に親独政権であるヴィシー政権が樹立されたフランスと北アフリカで過ごした。ベーカーは自由フランス軍の前面に出て、レジスタンス運動や秘密情報部の活動に携わった。ベーカーはまた飛行士の資格も取得し、中尉になっている。戦後これらの功績によりレジオンドヌール勲章などを授与された。

人種差別とグレース・ケリーとの交友[編集]

ベーカーは第二次世界大戦後もフランスで生活していたが、1950年代にはアメリカの公民権運動の支援に手を貸している。また、ベーカーはさまざまな人種の12人の孤児を養子とし、人種差別に徹底して立ち向かった。こうした仕方で、ベーカーはまさに虹色のような家族を作り上げ、しばしば経済的な危機に瀕しながらもフランスの古城で生活を共にした。

1951年に、ニューヨークのナイトクラブに客として入店しようとしたベーカーを拒否するという人種差別事件(いわゆる「ストーク・クラブ事件」)が起きた。この時、たまたま店にいあわせて、店側に猛然と抗議する彼女の様子を見た映画女優のグレース・ケリーは、初対面の彼女を庇って一緒に店を出て、自分のパーティーが終わるまで店に戻らなかった。

これがきっかけで始まった2人の交友は、ケリーがその後モナコ王妃になってからも長く続くこととなり、経済的に危機におちいったベーカーを援助したりした。

引退とカムバック[編集]

1954年(昭和29年)4月11日エールフランス機でパリを出発。4月13日午後8時半に羽田空港に到着し、来日を果たした[1]。4月19日長崎市、4月20日佐世保市、4月21日福岡市、4月22日名古屋市[1]と各地でのコンサートに出演。4月23日広島市で公演。原爆死没者慰霊碑に参拝[2]。4月25日から29日まで東京都・帝国劇場、5月1日には京都の弥栄会館で公演を行い人気を博した。[1]また、5月2日から3日まで宝塚大劇場でも公演を行った。

1956年にベーカーは舞台からの引退声明を発表したが、1961年には早くもカムバックし、1973年にはニューヨークで行われたカーネギー・ホールでの公演で大成功を収めている。

またこの頃ベーカーは、1950年代後半からアメリカで活発になった人種差別撤廃運動、いわゆる公民権運動に協力し、1963年8月にマーティン・ルーサー・キングの呼びかけで行われたワシントン大行進にはハリー・ベラフォンテマーロン・ブランドチャールトン・ヘストンらとともに参加している。

死去[編集]

1975年4月8日に、フランスのパリでベーカーの芸能生活50周年を祝うショーの初日の公演が行われた。その直後に脳溢血に襲われ、4月12日死去した。ベーカーはモナコの墓地に埋葬されている。

ベーカーは、数多くの自叙伝を執筆し、その都度キャリアや家族のことについて食い違いを見せている。ベーカーは、フランスの戦没者慰霊碑にその栄誉を称えられた最初のアメリカ人でもある。数奇なベーカーの人生は、映画、TVドラマ、舞台劇でもしばしば取り上げられている。

私生活[編集]

ベーカーは、6度の結婚を経験している。最初は鋳物工場の職人、ウィリー・ウェルズ(1919年結婚し、離婚)、列車のポーターウィリアム・ハワード・ベーカー(1921年結婚し、離婚)、ジュゼッペ・ペピート・アバチーノ(1926年結婚、一種の宣伝行為、法的には拘束力なし)、フランスの製糖業界の大物ジャン・リヨン(1937年 - 1940年)、フランスのバンドリーダー、ジョー・ブイヨン(1947年結婚、1957年別居、そのまま離婚)、そしてアメリカ人のアーティスト、ロバート・ブラッドレー(1928年 - 1986年、結婚したのは1973年、但し法的拘束力のないもの、1974年に別れている)の6人である。

引用[編集]

  • “私は、舞台で野蛮人の役をやらされて以来、普段の生活では努めて文明人でいようと努力してきたの。” —ジョセフィン・ベーカー

出演映画[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c Konomi Ara 著「Josephine Baker: A Chanteuse and a Fighter」(2010年、カリフォルニア大学escholarshipサイト内掲載PDFファイル)
  2. ^ 「増補ヒロシマの記録」(1976年、中国新聞社)

文献[編集]

  • 荒このみ『歌姫あるいは闘士ジョセフィン・ベイカー』講談社、2007年6月、ISBN 4062140780
  • 猪俣良樹『黒いヴィーナスジョセフィン・ベイカー 狂瀾の1920年代、パリ』青土社、2006年8月、ISBN 479176286X
  • 高山文彦『孤児たちの城 ジョセフィン・ベーカーと囚われた13人』新潮社、2008年9月、ISBN 9784104222049
  • フィリス・ローズ(訳: 野中邦子)『ジャズ・クレオパトラ パリのジョゼフィン・ベーカー』平凡社、1991年11月、ISBN 4582373119
    • 原著: Phyllis Rose, Jazz Cleopatra: Josephine Baker in Her Time, Doubleday, September 27, 1989, ISBN 0385248911, Paperback: Vintage, January 2, 1991, 0679731334
  • Jean-Claude Baker, Josephine: The Hungry Heart, Random House, December 28, 1993, ISBN 0679409157, Paperback: Cooper Square Press, September 25, 2001, ISBN 0815411723
  • Josephine Baker, Jo Bouillon, Mariana Fitzpatrick, Josephine, Paragon House Publishers, May 1988, ISBN 1557781087, Revised edition: Marlowe & Co, January 1995, ISBN 1569249784
  • Paul Colin, Karen C. C. Dalton, Henry Louis Gates, Josephine Baker and LA Revue Negre: Paul Colin's Lithographs of Le Tumulte Noir in Paris, 1927, Harry N Abrams, September 1998, ISBN 0810927721
  • Lynn Haney, Naked at the Feast: The Biography of Josephine Baker, Robson Books, June 1995, ISBN 0788161199, Reprint: Robson Books, January 2003, ISBN 1861055072
  • Alan Schroeder, Josephine Baker (Black Americans of Achievement), Chelsea House Publishers, December 1995, ISBN 0791011429
  • Ean Wood, The Josephine Baker Story, Sanctuary Publishing, Ltd, October 2000, ISBN 1860742866, Paperback: Totem Books, May 2002, ISBN 1860743943

外部リンク[編集]