自由フランス軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
自由フランス旗。中央にロレーヌ十字をあしらう

自由フランス軍(じゆうフランスぐん、仏語Forces Françaises LibresFFL)は、自由フランスの軍事組織。フランス本土陥落後ドイツ軍に対して抵抗を続けた。

定義[編集]

1940年6月の仏独戦休戦以後、枢軸国軍と戦ったあらゆるフランスの個人や集団を含めて解説する。

シャルル・ド・ゴール以外にも、1943年前半期のチュニジアで若干のフランス軍は枢軸国軍と戦っている。

初期の志願者はロンドンで設立された自由フランス政府の下にある軍事組織、すなわち自由フランス軍にまとめられた。

1943年のトーチ作戦以降は、北アフリカの植民地軍と合流しアルジェリアフランス国民解放委員会(CFLN)が結成された。

第二次世界大戦後、自由フランス軍に関する議論を解決するため、フランス政府は公式定義をだした。「1953年7月首相布告」により1940年仏独休戦から1943年8月1日までに参加した人物は自由フランス軍の構成員とみなされた。1943年7月以降の自由フランス軍は「解放軍」と指定される。

本記事では歴史的連続性を理解しやすくするため1943年以降も含める。

歴史[編集]

1940年の仏独戦でフランス軍は圧倒され続け、レノー内閣の閣僚であったド・ゴールはイギリスへ逃れる。フランス軍は抵抗を続けていたが、ついにドイツ、イタリアと休戦するに至る。ド・ゴールは徹底抗戦を決意し、フランス本土にいたポール・レノーも同じように抗戦を主張していた。

6月16日、フィリップ・ペタン首相は枢軸国との交渉を開始した。6月18日、ド・ゴールはBBCのラジオ放送を通じてフランス国民に対して徹底抗戦を訴える演説を行なう。しかし6月25日にペタンは休戦合意に署名し、以後ヴィシー政権の成立をみる。

抵抗を訴えるド・ゴールはヴィシー政権による欠席裁判で死刑宣告が言い渡された。一方、ド・ゴールはレノー政権で最後まで残った閣僚であり正統という考えもある。

組織[編集]

自由フランス軍の多くはフランス人から成ってはいなかった。約65%が西アフリカ(主にセネガル)の徴集兵であった。他にはフランス外人部隊モロッコ人、アルジェリア人、タヒチからも集められていた。

1940年の対独戦では、セネガル人は約17,000人が戦死し多くが捕虜となっていた。白人だけで師団を編制することは困難であり、戦うためには西アフリカからの徴集兵が不可欠であった。また第2機甲師団は黒人で編成される部隊が25%に及んでいた。

ロレーヌ十字[編集]

ジョルジュ・ティエリ・ダルジャンリューロレーヌ十字を自由フランス軍のシンボルとして採用することを進言した。

エミール・ミュズリー提督率いる艦隊は、ロレーヌ十字をあしらった軍旗を使用し始める。1940年7月末までに約7,000人が自由フランス軍に志願した。

このころの自由フランス海軍イギリス海軍の補助的任務に応じ、艦艇50隻と人員3,700人が活動していた。

メルセルケビール[編集]

詳細はメルセルケビール海戦を参照

イギリス首相ウィンストン・チャーチルは態度不明なフランス艦隊をドイツ軍に引き渡すのは危険と考え、先手を打ってフランス艦隊を攻撃した。この攻撃の結果、多くのフランス人がイギリスに嫌悪感を示すようになり自由フランスへの志願を思いとどまるものが増えた。

植民地確保の戦い[編集]

休戦後、アフリカ植民地ではカメルーンフランス領赤道アフリカガボンを除く)が自由フランスに加わった。

1940年7月から11月まで西アフリカ作戦においてヴィシー政権派の部隊と交戦する。ダカール沖海戦を含む一連の戦いのち西アフリカ植民地はヴィシー政権に忠誠を誓ったままとなる。

アジア太平洋地域ではニューカレドニアフランス領ポリネシアおよびニューヘブリディーズ諸島がのちに加わる。フランス領インドシナは1940年9月に日本軍に占領されるが、名目上はヴィシー政権の支配下とされた。

北アメリカでは、サンピエール島・ミクロン島が1941年12月24日に自由フランス海軍のコルベット3隻および大型潜水艦「スルクフ」を含む艦隊の圧力により自由フランスに加わる。

1941年、エチオピアエリトリアなどのアフリカの角では、イタリア軍と交戦する。その後、レバント方面に向かいシリアレバノンでヴィシー政権軍と交戦し1941年7月にアンリ・デンツ将軍率いるヴィシー政権軍は敗北したが、捕虜の多くはフランス本土への帰国を希望した。カトルー将軍がレバント高等弁務官に任命される。

1942年6月、北アフリカ戦線ではケーニグ将軍率いる外人部隊を含めた第1自由フランス旅団ビル・アケムの戦い(ビル・ハケイムの戦い)で敢闘の末撤退する。同年11月にはトーチ作戦が実施され、ジロー将軍率いるヴィシー軍は降伏し自由フランス軍と合流した。

1942年後半のマダガスカルの戦いののち、ルージョンティオム将軍がマダガスカル高等弁務官に任命される。12月28日にフランス領ソマリランド(ジブチ)のヴィジー政権軍が降伏する。

西インド諸島フランス領ギアナも同様)のグアドループマルティニークは、1943年に自由フランスに加わる。

1943年11月にイギリスから兵器供与をうけて8個師団の再編成を開始、これにより従来の自由フランス軍と旧ヴィシー政権軍が合併される。

1943年にフィリップ・ルクレール大佐カミーユ・ドルナノ中佐チャドから16,500人の部隊を率いて南リビアのイタリア軍を攻撃しフェザーンにあるクフラを占領した。

同年からイタリア戦線に参加し、終戦まで戦い続ける。

自由フランス海軍[編集]

詳細は自由フランス海軍を参照

自由フランス海軍は、エミール・ミュズリー提督の下でアフリカ植民地の戦いやノルマンディー上陸作戦太平洋戦線で戦った。

自由フランス空軍[編集]

詳細は自由フランス空軍を参照

結成当初から十分な数のパイロットと航空機を保有していた。主にアフリカ植民地を拠点に活動し、南アメリカ諸国(ウルグアイアルゼンチンチリなど)からの志願者が訪れ、いくつかの飛行隊はイギリス空軍とともに活動した。創設初期からイギリス製やアメリカ合衆国製の航空機で部隊が構成されていた。

終戦[編集]

1944年9月までに、自由フランス軍は、560,000人規模となっていた。この数は年末までに100万人規模にまで増加した。フランス軍は主にアルザスアルプス山脈およびブルターニュ地方で戦った。

1945年5月、ヨーロッパでの戦争は終結し自由フランス軍は130万人規模にまでになっており、次は日本との戦いが待っていた。連合国の一員として7個歩兵師団と3個機甲師団を太平洋方面に派遣する計画でいたがその前に終戦となる。

当時アルフォンス・ジュアン将軍がフランス軍参謀総長で、第1軍司令官であったジャン・ド・ラトル・ド・タシニ将軍がドイツ占領軍司令官に任命されていた。

1945年5月8日時点の編制[編集]

[編集]

  • 第1軍
  • 大西洋支隊
  • アルプス支隊

軍団[編集]

  • 第1軍団
  • 第2軍団
  • 第3軍団

師団[編集]

  • 第1自由フランス師団
  • 第2モロッコ歩兵師団
  • 第3アルジェリア歩兵師団
  • 第4モロッコ山岳師団
  • 第9植民地歩兵師団
  • 第27アルプス歩兵師団
  • 第1機甲師団
  • 第2機甲師団
  • 第3機甲師団
  • 第5機甲師団
  • 第1歩兵師団
  • 第10歩兵師団
  • 第14歩兵師団
  • 第19歩兵師団
  • 第23歩兵師団
  • 第25歩兵師団
  • 第36歩兵師団
  • 第1極東植民地師団
  • 第2極東植民地師団
  • SAS自由フランス第3大隊
  • SAS自由フランス第4大隊

参加した人物[編集]

1942年以降に参加した人物[編集]