自由フランス海軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
自由フランス海軍軍艦旗

自由フランス海軍(Les Forces Navales Françaises Libres,FNFL)は自由フランス軍のうち、海軍を担当する部門である。第二次世界大戦において、フランス本国の休戦後に設立されたものであり、連合国軍の一部として、欧州戦線の各所に投入された。指揮官はエミール・ミュズリー提督。

1940年の独仏休戦時、フランス海軍はほとんど損失を受けておらず、多くの艦船を保持していた。連合国側に脱出した艦艇は少なく、イギリス軍に編入されることを望むものも多くはなかった。このため、ドイツ軍による接収をおそれたイギリス海軍によるメルセルケビール海戦でのフランス艦隊への攻撃や、ポーツマスに脱出していた潜水艦スルクフ」の接収をめぐる銃撃戦も発生した。

結局、自由フランス海軍として、旧式戦艦2隻、航空母艦1隻、巡洋艦数隻、駆逐艦2隻ほかの兵力を確保できた程度であり、一部はニューカレドニアに送られた。兵力拡充のため、イギリスはハント級駆逐艦フラワー級コルベットを貸与している。

1942年にトーチ作戦の結果、北アフリカ及び西アフリカヴィシー・フランス軍は連合国側に付くこととなり、ダカールにいたリシュリュー級戦艦リシュリュー」や軽巡洋艦・駆逐艦などがFNFLに加わっている。駆逐艦などがノルマンディー上陸作戦にも参加したほか、リシュリューは東京湾における日本の降伏文書調印式にも参列した。

外部リンク[編集]