モーリス・シューマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モーリス・シューマンMaurice Schumann1911年4月10日 - 1998年2月9日)は、フランス政治家随筆家ジャーナリスト小説家歴史家。ユダヤ系アルザス出身者家庭に生まれた。 第二次世界大戦の英雄であり、ジョルジュ・ポンピドゥ大統領の下で、1969年から1973年まで外務大臣を務めた。

外部リンク[編集]


先代:
ガストン・パレウスキ
科学調査・原子力・宇宙問題担当相
1967年 - 1968年
次代:
Christian de la Malène
先代:
ジャン=マルセル・ジャンネイ
社会相
1968年 - 1969年
次代:
 — 
先代:
ミシェル・ドブレ
外相
1969年 - 1973年
次代:
アンドレ・ベテンクール
前任:
ヴラディーミル・ドルメソン
アカデミー・フランセーズ
席次13

第19代:1974年 - 1998年
後任:
ピエール・メスメル