ジャン=ベデル・ボカサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボカサ1世
Bokassa I
中央アフリカ皇帝
Bokassa colored.png
ボカサ(1970年7月、ルーマニアにて)
在位 1976年12月4日 - 1979年9月20日
戴冠 1977年12月4日
全名 Jean-Bédel Bokassa
ジャン=ベデル・ボカサ
وصلاح الدين أحمد بوكاسا(イスラム名)
サラー・エッディン・アフメド・ボカサ
出生 1921年2月22日
フランスの旗 フランス領赤道アフリカ、ボバンギ
死去 1996年11月3日(満75歳没)
中央アフリカ共和国の旗 中央アフリカバンギ
皇太子 ジャン=ベデル・ジョルジュ
配偶者 カトリーヌ・デングィアド
子女 ジャン=セルジュ
ジャン=ベデル
王家 ボカサ家
父親 ミンドゴン・ムグブンドゥールー
母親 マリー・ヨコウォ
宗教 イスラム教スンナ派キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

ジャン=ベデル・ボカサフランス語: Jean-Bédel Bokassa, 1921年2月22日 - 1996年11月3日)は、中央アフリカ共和国大統領(在任:1966年 - 1976年)、中央アフリカ帝国皇帝としてはボカサ1世フランス語: Bokassa I, 在位:1977年 - 1979年)。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

フランス植民地下で生まれた。黒アフリカ社会進歩運動 (MESAN) を組織し、独立運動を主導したバルテレミー・ボガンダは叔父であり、初代大統領ダヴィド・ダッコの従兄にあたる。父親はムバカ族の首長であったとも言われ、ゴム採取会社であるサンガ・ウバンギ森林会社 (CFSO) で労働者のまとめ役をしていたが、ボカサが6歳の時、徴発され強制労働を強いられていた労働者を会社に無断で解放した罪で処刑された。

軍歴[編集]

第二次世界大戦中はフランス本国がドイツに占領されたものの、シャルル・ド・ゴールの元で連合国側についた自由フランス軍の兵士として従軍し、インドシナ戦争にも従軍、アフリカ人としては最高位の大尉まで昇進する。中央アフリカ共和国の独立後は初代大統領に就任したダッコに呼び戻され、軍の編成を任せられた。

大統領から皇帝へ[編集]

1970年7月、ルーマニアにてチャウシェスク国家評議会議長(右)と
ジャン=ベデル・ボカサ
Jean-Bédel Bokassa
Bokassa portrait.jpg

任期 1966年1月1日1976年12月4日

出生
政党 黒アフリカ社会発展運動

1969年、当時国軍参謀総長だったボカサは軍事クーデターで、経済政策で失敗したダッコ政権を倒し、翌年大統領に就任、独裁政治をはじめる。1972年には終身大統領を宣言し、1976年12月4日には国名を「中央アフリカ帝国」とし自ら皇帝として即位した。

改称からちょうど1年後の1977年12月4日には、国家予算の2倍にあたる2500万ドル[1]を費やしてナポレオン1世を真似た豪華な戴冠式を行い、「皇帝ボカサ1世」となった。

着飾った200人の騎兵隊と数百台の高級自動車・バイク隊に護衛された、8頭立ての馬車で登場。ダイアモンドをはめこんだ2mの大錫杖と剣を手にし、頭には8000個のエメラルドとダイアモンドをちりばめた王冠を戴いた。外套は真珠水晶で飾った礼服の上に白いテンの毛皮。大玉座は黄金の翼を持つ「ナポレオン鷲」を模した重さ2トンの青銅製で、フランスから取り寄せた酒と料理が振舞われた[1]。国力とあまりにかけ離れた戴冠式に、世界中から批判を受けると「偉大な歴史は、犠牲なくしては創造できない。民衆は犠牲を甘んじて受けるのだ」と語った[1]日本昭和天皇イランモハンマド・レザー・パフラヴィーも式典に招待されたが、出席はしなかった(日本政府も国号改称を承認しており、天皇名で祝電を送っている)。

旧宗主国フランスから支持と援助を取り付けるため、当時のフランス大統領ジスカール・デスタンに膨大な贈賄工作をした。工作が功を奏してフランスからは皇帝として承認され、経済的支援も受けることに成功した。

ボカサ1世は反対派を容赦なく弾圧・粛清し、独裁政治を続けたが、粛清による人材不足、もともと脆弱であった中央アフリカ経済の悪化などが重なり、帝政は崩壊への道をたどった。1978年には息子のジャン=ベデル・ジョルジュ皇太子も国外追放される。

ボカサ家が経営する会社が作成する制服を全小学生へ着用義務化を強行するが、1979年1月に反対学生のデモが勃発した。ボカサ1世はこれを武力鎮圧し、400人の死者を出した。国際的にボカサ1世への非難が高まると、旧宗主国のフランスもボカサ1世を見限り、帝政打倒を画策し始めた。

亡命[編集]

ボカサ1世は新たなる同盟者を求めてリビアに向かったが、リビア訪問中の9月20日にフランス軍による無血クーデターが発生。帝政は廃止されて中央アフリカは共和制に復帰し、亡命先のガボンから帰国したダッコが大統領に就任した。

ボカサはフランスに亡命した。ジスカール・デスタンに働きかけて政権奪還の支援を要請したが、色よい返事を得ることができなかった。業を煮やしたボカサはジスカール・デスタンへの贈賄工作を暴露する。このことによりジスカール・デスタンの人気は急落し、選挙でミッテランに敗れる一因となる。

帰国[編集]

1986年には周囲の説得を振り切って突然帰国するが、入国直後に逮捕されて裁判にかけられた。1987年に死刑を宣告されたが、1993年釈放された。釈放の際には当時健在だった母マリーがボカサを出迎えた。フランスから支給される軍人恩給で隠居生活を送るが、1996年死去した。

2010年12月、当時の中央アフリカ大統領フランソワ・ボジゼにより、ボカサの名誉回復が行われた[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c みんなの地理学研究会『世界まるごと謎解き地図』
  2. ^ “「皇帝」を名乗ったアフリカ独裁者の大豪邸を競売、パリ”. AFPBB News (フランス通信社). (2010年12月18日). http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2779999/6592716 2013年3月30日閲覧。 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

先代:
ダヴィド・ダッコ
中央アフリカ共和国大統領
1966年 - 1976年
次代:
ダヴィド・ダッコ
先代:
-
中央アフリカ帝国皇帝
1976年 - 1979年
次代:
(帝政廃止)