アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ
Antoine de Saint-Exupéry.jpg
カナダモントリオールにて(1942年5月)
誕生 Antoine Marie Jean-Baptiste Roger de Saint-Exupéry
1900年6月29日
フランスの旗 フランス共和国 リヨン
死没 1944年7月31日(満44歳没)
フランスの旗 フランス国 マルセイユ南方沖
職業 作家パイロット
国籍 フランスの旗 フランス
活動期間 1926年 - 1944年
主題 小説随筆ルポルタージュ、特許申請
代表作 『夜間飛行』
『人間の土地』
星の王子さま
主な受賞歴 レジオンドヌール勲章(1929年、1939年)
フェミナ賞(1929年)
アカデミー・フランセーズ小説大賞(1939年)
処女作 L'Aviateur(1926年、または 『南方郵便機』、1929年)
配偶者 コンスエロ・スンチン・サンドーヴァル(1931年 - 1944年)
子供 なし
サイン Antoine de Saint-Exupéry signature.svg
公式サイト http://www.antoinedesaintexupery.com/
テンプレートを表示

アントワーヌ・マリー・ジャン=バティスト・ロジェ・ド・サン=テグジュペリ(Antoine Marie Jean-Baptiste Roger, comte de Saint-Exupéry、1900年6月29日 - 1944年7月31日)は、フランス作家操縦士郵便輸送のためのパイロットとして、欧州-南米間の飛行航路開拓などにも携わった。読者からは「サンテックス」の愛称で親しまれる。爵位伯爵

略歴[編集]

リヨン生まれ。イエズス会ノートルダム・ド・サント・クロワ学院を経て、スイスフリブールにある聖ヨハネ学院では文学にいそしむ。

兵役(志願)で陸軍飛行連隊に所属し、異例の経歴で軍用機操縦士(士官)となる。退役後(士官であったため、陸軍予備役少尉となる)は自動車販売員などに就業した後、民間航空界に入る。

1926年、26歳で作家として本格的にデビューし、寡作ながら以後、自分の飛行士としての体験に基づいた作品を発表。著作は世界中で読まれ、有名パイロットの仲間入りをしたが、仲間のパイロットの間では反感も強かったという。後に敵となるドイツ空軍にも信奉者はおり、サン=テグジュペリが所属する部隊とは戦いたくないと語った兵士もいたという。

1939年9月4日、第二次世界大戦で召集され、トゥールーズで飛行教官を務めた。前線への転属を希望したサン=テグジュペリは、伝手を頼り、周囲の反対を押し切る形で転属を実現させる。戦闘隊や爆撃隊は希望せず、1939年11月9日、オルコントに駐屯する偵察隊(II/33 部隊)に配属された。部隊は多大の損害を受けアルジェリアへ後退したが、ヴィシー政権がドイツと講和。動員解除でフランス本土へ戻った後、アメリカへ亡命。1940年12月21日リスボン出航。12月31日ニューヨーク着。

サン=テグジュペリが最後に搭乗したF-5Bのマーキング

大戦中、亡命先のニューヨークから、自ら志願して再度の実戦勤務で北アフリカ戦線へ赴き、1943年6月に原隊である II/33 部隊(偵察飛行隊)に着任する。新鋭機に対する訓練期間を経て実戦配置されたが、その直後に着陸失敗による機体破損事故を起こし、1943年8月に飛行禁止処分(事実上の除隊処分)を受けてしまう。必死の尽力により復帰を果たすと、爆撃機副操縦士としての着任命令(I/22部隊)を無視する形で、1944年5月、サルデーニャ島アルゲーロ基地に進出していたII/33部隊に戻った。部隊は後にコルシカ島に進出。1944年7月31日、フランス内陸部グルノーブル、シャンベリー、アヌシーを写真偵察のため、ロッキード F-5B(P-38の偵察型)を駆ってボルゴ飛行場から単機で出撃後、地中海上空で行方不明となる。

乗機の引き揚げ[編集]

海中から引き揚げられたサン=テグジュペリのブレスレット(1998年

その行方は永らく不明とされていたが、1998年9月7日地中海マルセイユ沖にあるリュウ島近くの海域で、サン=テグジュペリの名と、妻コンスエロの名(括弧書き)、および連絡先(c/o)としてニューヨークの出版社レイナル&ヒッチコックの名と所在地(#作品にあるように、1943年に「星の王子さま」を初出版した版元)が刻まれた、ブレスレットとみられる銀製品がトロール船によって発見された。

同海域には沈船や墜落機の残骸が多数存在しているが、のちにサン=テグジュペリのものと確認されるF-5Bの残骸(車輪を含む左エンジンナセル)は、1950年代には地元のダイバーによりその存在を目視されていた。1982年、複数機種の残骸混在状態で写真撮影もされていたが、この海域は従前サン=テグジュペリの墜落現場候補とは思われておらず、詳しく調査されることはなかった。上記ブレスレットの発見を受けて、改めて広範囲な探索が行われた結果、2000年5月24日に上記残骸がサン=テグジュペリの搭乗機であることを確認。このことが2000年5月26日にマスメディアで報じられ、世界中に知られるところとなった。

遺産相続者の反対などで引き揚げはその後も行われていなかったが、2003年になって、仏米間の政治的な状況の変化も絡んで正式な回収許可が下り、前記の左エンジンナセルが引き揚げられ、さらに、広い海域に散乱していた多くの破片が数ヶ月かかって拾い集められた。回収物は丹念に付着物を取り除き、洗浄して、左ターボチャージャーセット外板に刻まれたロッキード社の記帳番号により彼の乗機であることが確認された[1] [2]

2008年3月15日付『ラ・プロヴァンス(電子版)』(プロヴァンスのローカル紙)に、当時Bf109のパイロットだったホルスト・リッパートde:Horst Rippert)曹長がサン=テグジュペリの偵察機を撃墜したとする証言が公開された。彼自身もサン=テグジュペリ作品の愛読者だといい「長い間、あの操縦士が彼では無いことを願い続けた。彼だと知っていたら撃たなかった」と話していた。

家系・出自[編集]

サン=テグジュペリの出生届には「Antoine, Jean-Baptiste, Marie, Roger de Saint-Exupéry」記されていた[3] [4]。 サン=テグジュペリ家は「11世紀にまで遡る名門貴族の家系」と言われることが多いが、実際には確認できていない [5](個人が特定できるのは13世紀までであるが、文献[6]に少々不明瞭な記載があり、これによれば11世紀にまで遡る)。

文献や資料によれば、サン=テグジュペリ家は複数の家系がある。アントワーヌの家が属するのはそのうちのひとつで、そのなかでも傍流に属する(長男でない当主が複数回)。直系のサン=テグジュペリ家が爵位を得たのは18世紀の終わり頃のComte de Saint Amans からで、それ以前は士族に過ぎない。明らかに爵位を得ていない時期から、サン=テグジュペリ姓を名乗っている。すなわち、「サン=テグジュペリ」は単なる固有の姓であって爵位の有無に関係がなく、「Seigneur」や「Comte」と「de Saint-Exupéry」は分離して考えるべきであろう。そして、アントワーヌの祖父フェルナン(Fernand)の「サン=テグジュペリ伯爵(Comte de Saint-Exupéry)」なる称号が本当に存在したか否かも怪しい[7]。   彼の家系は地方士族(後に一時貴族)であって、「名門」とは呼べない(中央の宮廷貴族だけでも4000家以上ある)。アントワーヌ自身は爵位を持っていない。出自は「元(一時)」伯爵家で、彼の父も爵位は有しておらず、所領もない。すなわち没落貴族である。

作品[編集]

リヨンベルクール広場に立つサン=テグジュペリと『星の王子様』の王子の像

デビュー作『南方郵便機』(1929年)は、男女間の恋愛を描いた唯一の作品である。構成技法その他の理由から、あまり高い評価はなされていない。

夜間飛行』(1931年)と『人間の土地』(1939年)は、ベストセラーとなり代表作として高い評価を受けた。現在でも世界中で広く愛読されている。伝統あるフランス植民地文学の香気を伝えるものとしても名高い。

戦う操縦士』(1942年)は、書かれた時代背景がその存在意義と評価を決めた。ヒトラー『我が闘争』に対する「民主主義の側からする返答」として高く評価され、アメリカで先行出版された英訳版『アラスへの飛行』(1942年)はベストセラーとなった。占領下のフランスでも制限付き(初版発行部数2000部余り)で発刊されたが、直ぐに発禁図書となり、地下出版物(リヨン版)として反ナチ派の間で読み継がれた。

星の王子さま』は、自身で描いた素朴な挿絵も含め世界各国で長く愛読された作品だが、1943年4月にニューヨークの「レイナル&ヒッチコック社」から英訳版(『The Little Prince』)とフランス語原文版(『Le Petit Prince』)が、フランス本国では没後の1945年11月に、「ガリマール社」から出版された。ただし出版社自身は、実際に発売されたのは1946年になってからだと主張している。初刊は誤植が多く、挿絵も原画から忠実とは言えなかったが、1999年になりガリマールは誤りを認め、誤植や挿絵を修正した版を出版した。

この挿絵は、彼の肖像画と共にユーロ導入前の50フラン紙幣にも描かれた。

映画『紅の豚』で、1920年代の飛行艇乗りを描いた宮崎駿[8]は、サン=テグジュペリの長年の愛読者である。

作品一覧[編集]

以下の作品は、没後に編集出版されたもの。

主な回想と伝記[編集]

  • 『サン=テグジュペリデッサン集成』 山崎庸一郎、佐藤久美子訳 みすず書房 2007年
  • アラン・ヴィルコンドレ 『サン=テグジュペリ 伝説の愛』
    鳥取絹子訳 岩波書店、2006年 ISBN 4-00-023016-6
  • 『バラの回想 夫サン=テグジュペリとの14年』 文藝春秋、 2000年
    コンスエロ・ド・サン=テグジュペリ、香川由利子訳
  • R・M・アルベレス、中村三郎訳『サン=テグジュペリ』 水声社 1998年
  • ステイシー・シフ 桧垣嗣子訳『サン=テグジュペリの生涯』 新潮社 1997年
  • 『永遠の星の王子さま サン=テグジュペリの最後の日々』
    ジョン・フィリップスほか、山崎庸一郎訳、みすず書房 1994年
  • 『サン=テグジュペリの世界 星と砂漠のはざまに』
    リュック・エスタン 山崎庸一郎訳、岩波書店 1990年
  • 『証言と批評 サン=テグジュペリ著作集 別巻』 
    山崎庸一郎編訳 みすず書房 1990年
  • 山崎庸一郎 『「星の王子さま」のひと』 新潮文庫、2000年
  • ナタリー・デ・ヴァリエール『「星の王子さま」の誕生 サン=テグジュペリとその生涯』
    山崎庸一郎監修 南条郁子訳  「知の再発見」双書:創元社  2000年
  • 稲垣直樹 『サン=テグジュペリ』 〈新書・人と思想〉清水書院 1992年
  • ユリイカ 詩と批評 サン=テグジュペリ』 2000年7月号、青土社

舞台化[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 産経新聞、2004年3月26日~4月3日。[ル・モンド]、2004年4月7日
  2. ^ 「星の王子さまの眠る海」,エルヴェ・ヴォドワ,フィリップ・カステラ-ノ 著,香川 由利子 訳,ソニ-・マガジンズ 社,2005年8月9日,ISBN 4789726118
  3. ^ p. 46, ICARENº 69, Saint-Exupéry Tome I, Ed. Syndicat National des Pilots des Ligne, 1974。Acte de nessance Nº 1703, mairie de Lyon-2º
  4. ^ 本ページ冒頭の説をはじめ、異説あり。Antoine, Jean-Baptiste, Marie, Roger, Pierre de Saint- Exupéry 他、諸説が入り乱れる。ここでは、届出書類実物を検証したと思われるものを採用した。
  5. ^ Notice géneéalogique sur la famille de Saint-Exupéry:1878, Editeur: Imprimerie D. Jouaust (Paris)【Bibliothèque nationale de France, département Philosophie, histoire, sciences de l'homme, 4-LM3-1478】
  6. ^ p.60, ICARE Nº 69, Saint-Exupéry Tome I, Ed. Syndicat National des Pilotes de Ligne, 1974
  7. ^ 詳しい内容と参照サイト(特に文献出版以降)はファイル 爵位の私称http://www.lepetitprince.net/sub_junkbox/pretensions.html 中に列挙されている。
  8. ^ 堀口大學訳『人間の土地』(新潮文庫)に、あとがきとカバーイラストを、同訳『夜間飛行』にカバー・イラスト(ただし1994年~2012年までの刊行版)を担当している。『サン=テグジュペリ デッサン集成』(みすず書房)には、宮崎駿は「序文」を寄稿。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]