人間の土地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

人間の土地』(にんげんのとち)は、1939年にフランスで出版されたアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリによるエッセイ集。飛行士としての15年間の経験を基に巧みな筆致で語るエッセイで、極限状態での僚友との友情や、人間らしい生き方とは何か、が主題となっている。出版の同年にアカデミー・フランセーズ小説大賞を受賞した。

主に語られているのは1926年以降の郵便飛行士としての経験で、作者はラテコエール社での僚友アンリ・ギヨメに同書を捧げている。

フランス語の原題 Terre des hommes は、著者が書き残した戯画等を考え合わせると、直訳すれば「人間達の地球」という意味であると思われる。東欧圏では「人びとの惑星」と訳すのが一般的である。アメリカ版の題は Wind, Sand and Stars となっている。

構成[編集]

※(各章のタイトルは、新潮文庫版より引用)

序文
人間の使命について。
1 定期航空 
作者がラテコエール社に入社したばかりの駆け出しの飛行士であったころの思い出。
2 僚友 
勇敢な僚友たちの思い出をふり返り、人間らしい生き方について語る。
3 飛行機 
技術の進歩とは何を意味するかについて。この章は一貫してギヨメへと語りかける形式で書かれている。
4 飛行機と地球 
飛行機がはじめて見せる地球の姿について。
5 オアシス 
アルゼンチンで招待された、おとぎ話のような一軒家での出来事について。
6 砂漠で 
サハラ砂漠での現地民との交流について、砂漠の魅力について。
7 砂漠のまん中で 
リビア砂漠にて墜落・遭難し、奇跡的に生還した経験について。
8 人間 
人間の本質とは何か、なぜ挑戦し続けるのかについて。

他作品との関連[編集]

この作品で描かれる飛行士としての経験は、作者の他の作品にも大きな影響を与えている。

夜間飛行[編集]

「定期航空」や「僚友」には、果敢に新航路を開発する僚友や、親友が消息不明になった経験、服務規程を徹底する支配人など、『夜間飛行』の原型になったと思われるエピソードが多数描かれている。

星の王子さま[編集]

星の王子さま』の主人公はサハラ砂漠の単独飛行中に不時着しているが、この元になったと思われる「砂漠のまん中で」は、リビア砂漠サハラ砂漠の一部分。エジプトとリビアにまたがる)での遭難体験(1935年12月。墜落地点はカイロ西方200km)である。これとは別に1927年2月、サハラ西部に不時着し、2日後にギヨメに救出されるという体験もしている。

南方郵便機[編集]

「砂漠で」のエピソードのうちいくつかは、『南方郵便機』にそのまま挿入されたものだと作者自身が『人間の土地』の中で語っている。

翻訳[編集]

日本語訳は新潮文庫に所収(堀口大學訳、1955年刊)。宮崎駿はサン=テグジュペリの作品に大きな影響を受けており、この新潮文庫『人間の土地』の新装版(1998年)にカバー画と解説を寄せている。文庫以外ではみすず書房「サン=テグジュペリ・コレクション」にも所収されている(山崎庸一郎訳、2001年刊)。