アンリ・ギヨメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンリ・ギヨメ(Henri Guillaumet、1902年5月29日生-1940年11月27日没)はフランス飛行家シャロン=アン=シャンパーニュ近郊のブーイ(Bouy)で生まれ、地中海で死亡した。

概要[編集]

ギヨメはアンデス山脈および南北大西洋におけるフランス航空界の先駆者だった。多くの新たな空路の開拓に貢献しており、当時の最も優れたパイロットとして挙げる者もいる。アエロポスタル社の所有者ディディエ・ドーラは「私は彼ほど偉大な人物を知らない(«Je n'en ai pas connu de plus grand.»)」と述べている。

1930年6月13日金曜日、郵便機ポテーズ 25で92回目のアンデス山脈横断飛行の途中、悪天候のため、ギヨメはアルゼンチン、マンドーサのラグナ・デル・ディアマンテに墜落した。彼は1週間かけて3つの山を越えて歩いた。挫けそうになるたびに妻ノエルのことを考えて気持ちを奮い起こし、ギヨメはついにフアン・ガルシアという14才の男の子によって救出された。辿り着いた村では住民の誰ひとりとして彼の話を信じなかった。この功績により、ギヨメはアエロポスタルの錚々たる飛行士の中でも際立った存在となった。

ギヨメを捜索した友人のアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリに対して彼はこう言った:「ぼくは断言する、ぼくがしたことは、どんな動物もなしえなかったはずだ[1](« Ce que j'ai fait, je te le jure, aucune bête ne l'aurait fait »)」。サン=テグジュペリは1939年に著した『人間の土地』の中でギヨメの冒険を取り上げた。

ギヨメは、何度か南大西洋横断飛行を行った後、エールフランスの支配人に任じられた。

1940年11月27日、ジャン・シャップ(Jean Chiappe、スタヴィスキー事件時のパリ警視総監。新任の駐レバント・フランス高等弁務官)を乗せた4発ファルマン機(NC.2234「ル・ヴェーリエ」号)でシリアに向かう途中、地中海上でイタリアの戦闘機によって撃墜された。

映画[編集]

外部リンク[編集]

参考資料[編集]

  1. ^ 『人間の土地』新潮文庫版p.47
  • 『人間の土地』 サン=テグジュペリ著、堀口大學訳(新潮文庫、1955年) ISBN978-4-10-212202-0