フランス領赤道アフリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
French equatorial africa.PNG

フランス領赤道アフリカ(フランスりょうせきどうアフリカ、Afrique Équatoriale FrançaiseAEF)は、1910年から1959年まで中部アフリカに存在した、フランス植民地

構成植民地と統治[編集]

1910年にガボン植民地、中央コンゴ植民地(現コンゴ共和国)、ウバンギ・シャリ植民地(現中央アフリカ共和国)の3地域に連邦制を敷きフランス領赤道アフリカを設立。1920年にはフランス領西アフリカに所属していたチャド植民地も加わり4地域体制となった。総督ブラザヴィルに常駐し、その代理が各地域の主都に赴き統治に当たった。各地域の主都は以下の通り。

歴史[編集]

第二次大戦期、ナチス・ドイツによりフランス本土の大半が占領されると、自由フランスアフリカにおける活動拠点となった。このとき隣接するフランス領西アフリカヴィシー政権を支持している。フランス本国で第四共和政が成立すると、他の植民地と同様、フランス領赤道アフリカも本国議会に代表を送ることが認められた。住民の政治意識の高まりから1958年9月フランス共同体内の自治共和国となるかどうかの住民投票が行なわれると、圧倒的多数でこれを承認。連邦は解体され、フランス領赤道アフリカは消滅した。1959年、旧連邦構成地域は暫定的に中部アフリカ共和国連合を創設し連携を維持しようとしたが、結局1960年各共和国は個別に独立した。

関連項目[編集]