グランドコモロ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グランドコモロ島
Grande Comore
Flag of Grande Comore.svg
Grande Comore in Comoros.png


Grande Comore Harbor Bay Photo by Sascha Grabow.JPG

首都 モロニ
面積 1,148km²
人口(2012年)
人口密度
369,600人
321/km²

グランドコモロ島(Grande Comore、Ngazidja)とはインド洋西部、モザンビークマダガスカル間の沖合いに浮かぶ火山島で、同じくコモロ諸島に属するアンジュアン島(ンズワニ島)、モヘリ島(ムワリ島)とともにコモロ連合を構成する。ンジャジジャ島(Njazidja)ともよばれるが、これは誤読が半ば定着したものである。

人口は2006年の推計で316,600人、面積は1,148km²とコモロ諸島で最も大きく、首府モロニはコモロ連合の首都となるなど同国内で大きな権限を有してきた。しかしそれが他島の反発を呼び、現在では権限が縮小されている。