フランス領フランス島 (モーリシャス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランス領フランス島
オランダ領モーリシャス 1715年 - 1810年 イギリス領モーリシャス
モーリシャスの国旗 モーリシャスの国章
(国旗) 国章
公用語 フランス語モーリシャス・クレオール語
首都 ポール=ルイ
元首等
xxxx年 - xxxx年 不明
人口
1735年 838人
変遷
設立 1715年
イギリスにより占領 1810年12月3日

フランス領フランス島(フランスりょうフランスとう、フランス語: Isle de France, Île de France)は、18世紀初頭から19世紀初頭にかけ、アフリカ東方のインド洋上にあったフランスの植民地。現在のモーリシャス共和国セーシェルチャゴス諸島などの領域を含む。

歴史[編集]

モーリシャス島は17世紀にオランダによって統治されていたが(オランダ領モーリシャス)、オランダが島を放棄したため1715年9月にフランスが上陸し、フランス領となった。

フランス領となり、農業の重要性が高まったり、奴隷の輸入、島のインフラ工事など大きな変化があり、 特に18世紀に成長し、1780年代にはフランスの最大海上貿易の島となった。

1810年12月3日にイギリスに占領される。1814年5月30日に正式にイギリス領となり、イギリス領モーリシャスとなった。

行政所は現在のモーリシャスの首都でもあるポートルイス、人口はフランス上陸時から20年経った1735年は838人だったが、2612人の奴隷やフランス入植者もあり、島の人口は増加した。