フランス領ダホメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランス領ダホメ
Colonie du Dahomey
ダホメ王国 1904年 - 1960年 ダホメ共和国
ダホメの国旗
フランスの国旗
国歌: ラ・マルセイエーズ新しい日の始まり
公用語 フランス語
首都 ポルトノボ
元首等
xxxx年 - xxxx年 不明
変遷
植民地化 1904年
フランス連合結成 1814年9月4日
ダホメ自治共和国設立 1958年12月11日
独立 1960年8月1日

フランス領ダホメダホメ王国フランスに滅ぼされ、フランス植民地帝国内の植民地となった19世紀からベナンとして完全独立を達成した1960年までの間を指す。首都はポルトノボ

設立[編集]

1890年からフランスはダホメ王国に征服を開始した。この時にフランス軍として従軍した兵士にはアフリカ人であり、敵意を持っていた。特にヨルバ人が強く、この事が王国の滅亡に導いたと推測され、この征服は1894年まで続き、1900年2月12日に完全に滅亡した。

フランスは早速1904年にフランス領西アフリカに編入し、ダホメ王国地域はフランス領ダホメとして成立した。

フランス下[編集]

フランス下となったダホメではコトヌーの建設、道の舗装、鉄道の建設、学校施設の建設など急速な発展が進んだ。だが原住民は奴隷や兵士として使われ、決して全ての人々の生活が裕福だったわけではなかった。

独立[編集]

1946年10月27日にフランス連合に入り、1958年12月11日にダホメ自治共和国となり、フランス連合の改変でフランス共同体の一国家として加盟。この頃ダホメでは国の基盤が出来ていったため、独立運動が広がっていった。そして1960年8月5日にダホメ共和国として完全独立。だがヨルバ人とバリバ人、フォン人などの民族抗争が続いた。この原因の一つとしてダホメ王国滅亡に加担したヨルバ人への怨念があったとされている。