ラ・マルセイエーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
La Marseillaise
和訳例:ラ・マルセイエーズ
ラ・マルセイエーズの初披露
ラ・マルセイエーズを初披露する
ルージェ・ド・リール大尉

国歌の対象
フランスの旗 フランス
フランス領ギアナの旗 フランス領ギアナ
フランス領ポリネシアの旗 フランス領ポリネシア
グアドループの旗 グアドループ
マルティニークの旗 マルティニーク
Flag of Mayotte (local).svg マヨット
ニューカレドニアの旗 ニューカレドニア
Flag of France.svg レユニオン
Flag of Saint Barthelemy (local).svg サン・バルテルミー
Flag of Saint-Martin (fictional).svg サン・マルタン
サンピエール・ミクロンの旗 サンピエール・ミクロン
Flag of Wallis and Futuna.svg ウォリス・フツナ

別名
(マルセイユの歌)
作詞 ルージェ・ド・リール(1792年)
作曲 ルージェ・ド・リール(1792年)
採用時期 1795年
試聴
テンプレートを表示

ラ・マルセイエーズ: La Marseillaiseフランス語発音: [la maʁsɛˈjɛz] 発音例)は、フランス国歌である。マルセイユの歌とも言う。もとはフランス革命のときの革命歌で、マルセイユの連盟兵(義勇兵)が歌って広めたことからこの名前がある。

概要[編集]

「ラ・マルセイエーズ」の楽譜

この歌は、フランス革命政府がオーストリアへ宣戦布告したという知らせがストラスブールに届いた1792年4月25日から翌26日の夜にかけて、市長ディードリヒ[1]の要望で、当地に駐屯していた工兵大尉ルージェ・ド・リールが出征する部隊を鼓舞するために、一夜にして作詞作曲したというのが定説である。このとき付けられたタイトルは『ライン軍のための軍歌[2]』 であった。リール大尉はこの曲を当時のライン方面軍司令官ニコラ・リュクネール元帥に献呈した。

その後、この歌は全国にパンフレットという形で流布され、テュイルリー宮襲撃事件の約2週間前にマルセイユ連盟兵がパリ入城したときに口ずさんでいたことをきっかけとしてパリ市民の間で流行した。このために元々の題名ではなく、現在の『ラ・マルセイエーズ(「マルセイユ人」の意味)』という形で定着した。さらに1795年7月14日国民公会で国歌として採用されたのである。

初期出版の楽譜に作曲者名が記されていないことなどから、作曲者は不明とされるが、ルージェ・ド・リールの別の詩『自由への讃歌[3]』に曲を付けたことのある作曲家イグナツ・プライエルこそが真の作曲者ではないかという異説もある。また、現在7節あるうちの最後の節(「子供の歌」)は同年10月に付け加えられ、ジャン=バティスト・デュボワ、マリー=ジョゼフ・シェニエ(詩人)、デュボワ神父の作だと言われているが、フランス政府の公式見解としては7番(7節)の歌詞は作者不詳とされている。

1804年ナポレオン・ボナパルトが皇帝になると、「暴君(専制君主)を倒せ」という部分の暴君ティランは世襲君主全般をさすことから、国歌を『門出の歌』に変更し、『ラ・マルセイエーズ』は第一帝政から王政復古にかけては、特別な許しがある場合を除いては、公の場で歌うことは禁止されていた。1830年7月革命以降は晴れて解禁となり、第三共和制下で再び国歌に制定され、同年にベルリオーズが独唱者と二重合唱、オーケストラのための編曲を施した。第四共和政の「1946年憲法」、第五共和政の「1958年憲法」いずれにも『ラ・マルセイエーズ』を国歌として定める旨が明記されている。

しかしこの国歌について、フランス国内では、歌詞または歌そのものを作り直そうという動きがたびたびあった。作曲からちょうど200年目の1992年アルベールビルオリンピックの開会式では、一人の少女が一羽の鳩を空中に放ち「ラ・マルセイエーズ」を無伴奏で歌うという演出がなされた。いたいけな少女の口から「聞こえるか?戦場で獰猛な兵士の怒号が。奴らは来る、 汝らの元に、汝らの子の喉を掻ききるため」などと歌う光景は、現代のフランス人の感覚に合わず、歌詞が子供に歌わせるには過激であり、国歌を変えようという議論が改めて話題にのぼった。フランスが欧州統合で中心的な役割を果たすにつれ、現代に周辺国への敵意まるだしの歌を残すのは不適当という意見もあったが、右派と左派が拮抗するフランスの世論ではいつも賛否は分かれ、結局変更には至っていない。

他の楽曲への影響[編集]

ロベルト・シューマンの『二人の擲弾兵(1840年)』ではナポレオン戦争における侵略者フランスの象徴として引用されている。1880年にチャイコフスキーナポレオンのロシア遠征ロシア側から描いた「序曲1812年作品49」においては侵略者フランスの象徴としていっそう強烈に引用されている。一方、ミュージカル『レ・ミゼラブル』の「民衆の歌」の歌詞(例「再び奴隷となるのを欲さぬ人民」「殉教者の血がフランスの草地を濡らすだろう」)には影響がみられ、「市民革命」の音楽として位置づけられている。また宝塚歌劇団の『ベルサイユのばら』でも「バスティーユ襲撃」を題材にした「バスティーユ」あるいは「バスティーユの戦い」と題された場面で使用される音楽は『ラ・マルセイエーズ』のフレーズを借用している(実際にはバスティーユ襲撃があった1789年7月14日時点では『ラ・マルセイエーズ』は作曲されていない)。

また、冒頭のわかりやすいメロディは、映画『紳士は金髪がお好き』の中の歌曲「ダイヤモンドは少女の大親友」に引用されている。またビートルズの"All You Need Is Love(邦題『愛こそはすべて』)"(1967年)のイントロにも使われている。1979年にはセルジュ・ゲンスブールがアルバム『フライ・トゥ・ジャマイカ』でレゲエ・バージョンを歌った。

歌詞[編集]

ラ・マルセイエーズの歌詞には複数のバージョンが存在するが、ここでは公式版のフランス語歌詞を掲載する。[4]

フランス語歌詞 日本語訳
1番 Allons enfants de la Patrie,
Le jour de gloire est arrivé !
Contre nous de la tyrannie,
L'étendard sanglant est levé,
L'étendard sanglant est levé,
Entendez-vous dans les campagnes
Mugir ces féroces soldats ?
Ils viennent jusque dans nos bras
Égorger nos fils, nos compagnes !

行こう 祖国の子らよ
栄光の日が来た!
我らに向かって 暴君の
血まみれの旗が 掲げられた
血まみれの旗が 掲げられた
聞こえるか 戦場の
残忍な敵兵の咆哮を?
奴らは我らの元に来て
我らの子と妻の 喉を掻き切る!
*ルフラン
Aux armes, citoyens,
Formez vos bataillons,
Marchons, marchons !
Qu'un sang impur
Abreuve nos sillons !
武器を取れ 市民らよ
隊列を組め
進もう 進もう!
汚れた血が
我らの畑の畝を満たすまで!
2番 Que veut cette horde d'esclaves,
De traîtres, de rois conjurés ?
Pour qui ces ignobles entraves,
Ces fers dès longtemps préparés ?
Ces fers dès longtemps préparés ?
Français, pour nous, ah ! quel outrage
Quels transports il doit exciter !
C'est nous qu'on ose méditer
De rendre à l'antique esclavage !
何を望んでいるのか この隷属者の群れは
裏切者は 陰謀を企てる王どもは?
誰のために この卑劣な足枷は
久しく準備されていたこの鉄枷は?
久しく準備されていたこの鉄枷は?
フランス人よ 我らのためだ ああ!なんという侮辱
どれほどか憤怒せざるを得ない!
奴らは我らに対して企んでいる
昔のような奴隷に戻そうと!
*ルフラン
(繰り返し)
(繰り返し)
3番 Quoi ! des cohortes étrangères
Feraient la loi dans nos foyers !
Quoi ! ces phalanges mercenaires
Terrasseraient nos fiers guerriers !
Terrasseraient nos fiers guerriers !
Grand Dieu ! par des mains enchaînées
Nos fronts sous le joug se ploieraient
De vils despotes deviendraient
Les maîtres de nos destinées !
何と! 外国の軍勢が
我らの故郷に来て法を定めるだと!
何と! 金目当ての傭兵の集団が
我らの気高き戦士を打ち倒すだと!
我らの気高き戦士を打ち倒すだと!
おお神よ! 両手は鎖で縛られ
頚木をはめられた我らが頭を垂れる
下劣なる暴君どもが
我らの運命の支配者になるなどありえない!
*ルフラン
(繰り返し)
(繰り返し)
4番 Tremblez, tyrans et vous perfides
L'opprobre de tous les partis,
Tremblez ! vos projets parricides
Vont enfin recevoir leurs prix !
Vont enfin recevoir leurs prix !
Tout est soldat pour vous combattre,
S'ils tombent, nos jeunes héros,
La terre en produit de nouveaux,
Contre vous tout prêts à se battre !
戦慄せよ 暴君ども そして国賊どもよ
あらゆる徒党の名折れよ
戦慄せよ! 貴様らの親殺しの企ては
ついにその報いを受けるのだ!
ついにその報いを受けるのだ!
すべての者が貴様らと戦う兵士
たとえ我らの若き英雄が倒れようとも
大地が再び英雄を生み出す
貴様らとの戦いの準備は 整っているぞ!
*ルフラン
(繰り返し)
(繰り返し)
5番 Français, en guerriers magnanimes,
Portez ou retenez vos coups !
Épargnez ces tristes victimes,
À regret s'armant contre nous.
À regret s'armant contre nous.
Mais ces despotes sanguinaires,
Mais ces complices de Bouillé,
Tous ces tigres qui, sans pitié,
Déchirent le sein de leur mère !
フランス人よ 寛大な戦士として
攻撃を与えるか控えるか判断せよ!
あの哀れなる犠牲者を撃つ事なかれ
心ならずも我らに武器をとった者たち
心ならずも我らに武器をとった者たち
しかしあの血に飢えた暴君どもには
ブイエ将軍の共謀者らには
あの虎狼どもには 慈悲は無用だ
その母の胸を引き裂け!
*ルフラン
(繰り返し)
(繰り返し)
6番 Amour sacré de la Patrie,
Conduis, soutiens nos bras vengeurs
Liberté, Liberté chérie,
Combats avec tes défenseurs !
Combats avec tes défenseurs !
Sous nos drapeaux que la victoire
Accoure à tes mâles accents,
Que tes ennemis expirants
Voient ton triomphe et notre gloire !
神聖なる祖国への愛よ
我らの復讐の手を導き支えたまえ
自由よ 愛しき自由の女神よ
汝の擁護者とともに戦いたまえ!
汝の擁護者とともに戦いたまえ!
我らの旗の下に 勝利の女神よ
汝の勇士の声の下に 駆けつけたまえ!
汝の瀕死の敵が
汝の勝利と我らの栄光とを見んことを!
*ルフラン
(繰り返し)
(繰り返し)
7番
(子供の詩)
Nous entrerons dans la carrière
Quand nos aînés n'y seront plus,
Nous y trouverons leur poussière
Et la trace de leurs vertus !
Et la trace de leurs vertus !
Bien moins jaloux de leur survivre
Que de partager leur cercueil,
Nous aurons le sublime orgueil
De les venger ou de les suivre
僕らは自ら進み行く
先人の絶える時には
僕らは見つけるだろう 先人の亡骸と
彼らの美徳の跡を!
彼らの美徳の跡を!
生き長らえるよりは
先人と棺を共にすること欲する
僕らは気高い誇りを胸に
先人の仇を討つか 後を追って死ぬのみ!
*ルフラン
(繰り返し)
(繰り返し)

関連書籍[編集]

  • 『ラ・マルセイエーズ物語―国歌の成立と変容』 吉田進、中公新書、ISBN 4121011910

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フィリップ=フレデリク・ド・ディートリヒ男爵(Philippe-Frédéric de Dietrich
  2. ^ (「Chant de guerre pour l'armée du Rhin」)
  3. ^ L'Hymne à la Liberté
  4. ^ フランス政府は公式な他国語の訳を発表していない

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Nuvola apps arts.svg 音楽・音声外部リンク
ベルリオーズ編曲版『ラ・マルセイエーズ』
Nuvola apps arts.svg Roberto Alagna, ténor, interprète la Marseillaise dans l'orchestration d'Hector Berlioz - フランス国民議会公式サイト。