ラトビアに幸いあれ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
:Dievs, svētī Latviju!
和訳例:ラトビアに幸いあれ

国歌の対象
ラトビアの旗 ラトビア

作詞 Kārlis Baumanis(1873)
作曲 Kārlis Baumanis(1873)
採用時期 1912年
試聴
テンプレートを表示

ラトビアに幸いあれ(ラトビア語:Dievs, svētī Latviju!)はラトビア国歌作詞作曲はKārlis Baumanis(Baumaņu Kārlis、1834年-1904年)による。

楽曲および歌詞[編集]

ラトビアの国歌 "Dievs, svētī Latviju" は1873年に、民族主義運動に参加していたラトビア人教師Kārlis Baumanisによって作詞・作曲された[1]。Baumanisによる歌詞は現在のものとは異なっている。Baumanisは"Baltics"という語と"Lativa"もしくは"Latvian"という語を同義的に用いていたため、"Latvia"という語は第一節の冒頭でのみ用いられていた。その後、検閲を逃れるため、冒頭の"Latvia"も"Baltics"に置き換えられた。したがって、"Baltics"という歌詞が用いられるようになったのは、1920年に正式にラトビアの国歌に選ばれたときであると考えられる[2][3]

公式歌詞 [4] 英訳
Dievs, svētī Latviju,
Mūs' dārgo tēviju,
Svētī jel Latviju,
Ak, svētī jel to!

Kur latvju meitas zied,
Kur latvju dēli dzied,
Laid mums tur laimē diet,
Mūs' Latvijā!
God, bless Latvia,
Our dearest fatherland,
Do bless Latvia,
Oh, do bless it!

Where Latvian daughters bloom,
Where Latvian sons sing,
Let us dance in happiness there,
In our Latvia!

録音[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Darba apraksts” (ラトビア語). LIIS mūzikas lapas. Latvijas Izglītības informatizācijas sistēma. 2007年8月21日閲覧。
  2. ^ Dr. art. Arnolds Klotiņš (1998-13-11). “Latvijas svētās skaņas (Part I)” (ラトビア語). Latvijas Vēstnesis. 2007年8月21日閲覧。
  3. ^ Dr. art. Arnolds Klotiņš (1998-17-11). “Latvijas svētās skaņas (Part II)” (ラトビア語). Latvijas Vēstnesis. 2007年8月21日閲覧。
  4. ^ Par Latvijas valsts himnu” (ラトビア語). Latvijas Vēstnesis (1998年3月5日). 2007年8月21日閲覧。

外部リンク[編集]