麗しき国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
: Der er et yndigt land
和訳例:麗しき国
関連画像

国歌の対象
デンマークの旗 デンマーク

作詞 Adam Oehlenschläger(1819年)
作曲 Hans Ernst Krøyer(1835年)
採用時期 1835年
試聴
テンプレートを表示

麗しき国(うるわしきくに、デンマーク語Der er et yndigt land、美しい国とも)は、デンマークの市民用の国歌Adam Oehlenschläger 作詞、Hans Ernst Krøyer 作曲。

王室用のものについてはデンマークの王室歌クリスチャン王は高き帆柱の傍に立ちて」を参照。

なお、Hans Ernst Krøyer が作曲した後、ラウプ(Thomas Laub、1852-1926)とカール・ニールセンにより別のメロディーが作曲されたが、これはあまり普及せずに終わった。これはニールセンの作品のFS 110『美しい国』(合唱曲)となっている。

歌の歌詞[編集]

各節の三行目と最後の行は繰り返す。

原語

1.
Der er et yndigt land,
det står med brede bøge
nær salten østerstrand.
Det bugter sig i bakke, dal,
det hedder gamle Danmark,
og det er Frejas sal.

2.
Der sad i fordums tid
de harniskklædte kæmper,
udhvilede fra strid.
Så drog de frem til fjenders mén,
nu hvile deres bene
bag højens bautasten.

3.
Det land endnu er skønt,
thi blå sig søen bælter,
og løvet står så grønt.
Og ædle kvinder, skønne mø'r
og mænd og raske svende
bebo de danskes øer.

4.
Hil drot og fædreland!
Hil hver en danneborger,
som virker, hvad han kan!
Vort gamle Danmark skal bestå,
så længe bøgen spejler
sin top i bølgen blå.

日本語訳(参考:英語訳)

1.
麗しき国がある
磯の香り満つ東(バルト海)の岸辺に
ブナの木が誇らしげに枝を広げる
丘や谷に風が優しく吹き降りる
古(いにしえ)の人々はデンマークと呼んだ
女神フレイアが住まうところ

2.
その昔
鎧を纏った英雄達は
戦いの合い間ここで身を休めた
そしてまた敵に向かって進んでいった
彼等は永久の眠りにつく
小さな丘の石柱の下で

3.
That country is still lovely,
because the sea waves so blue frolic,
and the foliage stands so green
And noble women, beautiful maidens,
and men and brisk swains
inhabit the Danes' islands

4.
Hail king and fatherland!
Hail every a Dane-citizen,
who works, what he can
Our old Denmark shall endure,
as long as the beech reflects
its top in the blue wave


外部リンク[編集]

Northern-Europe-map-extended.png この「麗しき国」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ