エドゥアール・モルティエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドゥアール・モルティエ

エドゥアール・アドルフ・カシミール・ジョゼフ・モルティエ (Édouard Adolphe Casimir Joseph Mortier, 1768年2月13日 - 1835年7月28日)は、フランス革命戦争ナポレオン戦争期の軍人。帝国元帥。7月王政期の1834年から首相を務め、在職中に暗殺された。

1791年に軍隊に身を投じた。1792年から1793年フランス革命戦争では北東戦線やオランダ、他にはミューズ川ライン川方面で戦った。1799年第二次対仏大同盟との戦いで旅団長、続いて師団長となった。1804年には元帥となった。ウルムの戦いに加わった後、アウステルリッツの戦い直前に、ミハイル・クトゥーゾフ率いる数で勝るロシアオーストリア軍に対して単独で善戦した。1807年フリートランドの戦いにも加わっている。1808年トレヴィーゾ公となった。半島戦争にも参加したあと、親衛隊を指揮するようになった。1815年百日天下の際、ナポレオン軍に加わろうとしたが、病のためワーテルローの戦いには参加できなかった。1830年から1831年まで、フランスの大使としてサンクトペテルブルクに派遣された。1834年フランス首相に就任、1835年に国民軍の行進を閲兵中、爆弾によって暗殺された。

外部リンク[編集]