シャルル・ヴィクトール・エマニュエル・ルクレール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャルル・ヴィクトール・
エマニュエル・ルクレール
Charles Victor Emmanuel Leclerc
Charles Leclerc.jpg
生誕 1772年3月17日
フランスの旗 フランス ポントワーズ
死没 1802年11月2日
仏領サン=ドマング(現ハイチの旗 ハイチ) トルトゥーガ島
所属組織 フランス陸軍
軍歴 1791 - 1802
最終階級 少将
テンプレートを表示

シャルル・ヴィクトール・エマニュエル・ルクレール(Charles Victor Emmanuel Leclerc, 1772年3月17日 - 1802年11月2日)は、フランス革命戦争ナポレオン戦争期の軍人。ナポレオン・ボナパルトの妹ポーリーヌの最初の夫。

資産家の子として生まれ、軍人となりフランス革命戦争で功績をあげ昇進していった。

ナポレオンとはトゥーロン攻囲戦で出会い、共に戦ってその能力を認められた。1797年にポーリーヌ・ボナパルトと結婚。

その後も活躍するが、1801年10月にサン=ドマング(現在のハイチ)に転任となり、黒人反乱の鎮圧に当たった。ルクレールは現地の実力者トゥーサン・ルーヴェルチュールを破って和平協定を結び、その後だまし討ちでトゥーサンを捕らえてフランスに送還した。ルクレールはトゥーサンの捕縛後、ナポレオンに島の黒人の半数を抹殺するように書簡で訴えたが[1]、サン=ドマングの熱帯の気候に適応できなかったために黄熱病にかかり、「黒い吐瀉物にまみれて」病死した。

関連作品[編集]

  • アレホ・カルペンティエル/木村栄一、平田渡:訳 『この世の王国』水声社、1992年7月 - ルクレールとポリーヌの姿がフィクションとして再構築されている。

脚註[編集]

  1. ^ エドゥアルド・ガレアーノ/大久保光夫:訳『収奪された大地 ラテンアメリカ五百年』新評論、1986年9月 p.139

外部リンク[編集]