カミーユ・デムーラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カミーユ・デムーランの肖像

ルシー・シンプリス・カミーユ・ブノワ・デムーラン: Lucie Simplice Camille Benoist Desmoulins1760年3月2日 - 1794年4月5日)は、革命派のジャーナリストで編集者、およびダントン派の政治家である。バスティーユ襲撃の際にパレ・ロワイヤルで群衆を扇動したことで知られる。

略歴[編集]

ピカルディ地方ギーズに生まれ、父は地方バイヤージュに務める公務員であった。親戚のソワッソン代官ヴエフヴィル・ド・エサルの推薦状で奨学金を得て、パリルイ=ル=グラン学院に進学。フレロンロベスピエールとは、同級生だった。

卒業後、1785年、人権弁護士を目指して開業するが、あまり流行らなかったので生活は貧しかった。また、吃音であったことも知られている。1789年3月には全国三部会の議員に立候補するも、体調不良もあってあえなく落選している。その一方で、パンフレット作家および編集者として活動しており、旧体制を批判するパンフレット「自由なフランス」などを刊行して、次第に名を知られるようになってもいった。

1789年7月、財務長官ジャック・ネッケル罷免の情報でパリが騒然としていた時、パレ・ロワイヤルで「武器を取れ」との演説をしてパリ市民に決起を促してたことで一躍脚光を浴びた。革命が始まると、コルドリエ・クラブに入会し、ジョルジュ・ダントンの秘書となった。またダントン派の機関紙であった新聞「ヴィユー・コルドリエ」の編集長も務めた。

一方、1789年11月には、より自由な立場からの発言の場として「フランスとブラバンの革命」と題した新聞を自ら刊行。1791年7月まで週刊で発行され続けた同紙の中で、デムーランは先鋭的な政治・社会論評を行い、高い人気を得た。こうした活動を通じてかつての貧困生活からは完全に脱却し、1790年12月29日には、リュシル・デュプレシと交際7年で結婚している。

1794年、かつての友であるロベスピエールに対抗し、ダントンと共に、恐怖政治を終焉させようと寛容を主張するキャンペーンを展開。しかしそれが元となってサン・ジュストの告発によってダントン派と共に粛清され、裁判後に処刑された。親友フレロンはこのときリュシルの願いを断って監獄のデムーランを救わなかったが、粛清を逃れて、後にテルミドールのクーデターでロベスピエールやサン・ジュストらの一派に報復を果たしている。

関連項目[編集]