ジャン=バティスト・ジュールダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン=バティスト・ジュールダン

ジャン=バティスト・ジュールダン(Jean-Baptiste Jourdan,1762年4月29日 - 1833年11月23日)は、フランス革命戦争で活躍した共和派の軍人・政治家。帝政期には帝国元帥。帝国伯爵。

五百人院議員として1798年に近代最初の徴兵制度を成立させ、同法はジュールダン法と呼ばれる。

略歴[編集]

映画『戦場を駆ける女』は彼と彼の妻のロマンスが描かれる。

外部リンク[編集]