クロード・ヴィクトル=ペラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロード・ヴィクトル=ペラン

クロード・ヴィクトル=ペラン(Claude Victor-Perrin、1764年12月7日 - 1841年3月1日)はナポレオン戦争期に活躍したフランスの軍人・元帥。ベルノ公爵。ロレーヌ地方ラマルシュ生まれ。

ナポレオンの古くからの戦友でトゥーロン攻略戦で若きボナパルト将軍に出会い多くの戦いを共に戦った。陽気で人好きのする性格から「華麗なる太陽」と呼ばれ多くの兵士から慕われたが、その細かいことを気にしない性格からナポレオンとは不仲であった。

王政復古に際してはブルボン家に早くから忠誠を誓い百日天下ではナポレオンに従わずルイ18世を追って国外へ亡命した。第二次王政復古後は戦争大臣、近衛軍指令を歴任したがのちに王に疎まれ晩年は不遇だった。

参考文献[編集]

  • 『歴史群像シリーズ48 ナポレオン戦争編』学研 [ISBN 4-05-601362-4]
  • 『ナポレオンの元帥たち』エミール・ブガーリ 新紀元社 [ISBN 4-88317-886-2]