7月王政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランス王国
Royaume de France
フランス復古王政 1830年 - 1848年 フランス第二共和政
フランス王国の国旗 フランス王国の国章
(国旗) (国章)
国歌: ラ・パリジェンヌ
公用語 フランス語
首都 パリ
国王
1830年 - 1848年 ルイ・フィリップ
首席大臣
1830年 - 1830年 ヴィクトル・ド・ブロイ
1848年 - 1848年 マティウ・モレ
変遷
成立 1830年8月9日
革命 1848年2月24日
通貨 フランス・フラン

7月王政(7がつおうせい)は、1830年7月29日にフランスで勃発した7月革命の後、オルレアン家ルイ・フィリップを国王とした立憲君主制王政オルレアン朝(オルレアンちょう)とも呼ぶ。1848年2月24日に勃発した2月革命で打倒された。

概要[編集]

典型的なブルジョワ支配体制で、貴族制の廃止や世襲制の廃止などが実行される一方で、選挙権保持者は前代の復古ブルボン朝に比べ倍増したもののそれでも全国民の0.6%しかいなかった。労働者は無権利に等しく、彼らを抑圧する形で産業革命がフランスで進行する。しかし、普通選挙を求める声が次第に高まり、それが2月革命のきっかけとなった。