フランスの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランスの非公式の紋章
Armoiries république française.svg
詳細
使用者 フランス共和国
採用 1912年
1953年
Or, the letters R and F conjoined Or.

現在のフランス紋章は公式紋章として法に基づいたものではないが、1953年以降フランスの象徴とされており、フランスのパスポートの表紙にも標されている。オリジナルは1912年に外交のため派遣された領事派遣団のシンボルとして、フランス外務省が彫刻家ジュール・クレモン・シャプラン (en:Jules-Clément Chaplain) のデザインを採用したものである。

1953年国連からフランスに、他の加盟国の紋章と並べて表示するため、国章の写しを送るよう要請があった。内務省の委員会は、紋章画家のロベール・ルイ (fr:Robert Louis, 1902–1965) に宗教的デザインの変形で創作を依頼した。しかし、フランス共和国は公式な紋章にはこれを採択しなかった。

貴族的芸術とみなされる、つまりアンシャン・レジームを連想する紋章学の規定には沿っていないため、厳密に言えば「紋章 coat of arms 」というよりは「記章 emblem 」というべきものである。

紋章の構成は次の通り

公式ロゴ[編集]

1999年9月、フランス政府は新しい識別章を採用した。これには、共和国のモットー「自由・平等・博愛 liberté, égalité, fraternité 」、トリコロール、共和国を擬人化したマリアンヌがデザインされている。


歴史[編集]

紋章 説明 年代
France Ancient.svg 中世フランス、国王の紋章 before 1376
Blason France moderne.svg 中世フランス、国王の紋章 1376–1589
Grand Royal Coat of Arms of France & Navarre.svg 革命までの国王の紋章。ナヴァル王アンリがフランス国王アンリ4世となった後もナヴァル王国の紋章が見られる。 1589–1789
Imperial Coat of Arms of France (1804-1815).svg ナポレオン1世による第一帝政の紋章。が特徴。 1804–1814
Grand Royal Coat of Arms of France.svg 王政復古によりブルボン家は再び王政を行った。これらは現在もフランス王家の紋章として使用されている。 1814–1830
Coat of Arms of the July Monarchy (1831-48).svg 7月王政の期間、ルイ・フィリップの紋章が使われた。 1830–1848
Armoiries-Empire.jpg ナポレオン3世による第二帝政の紋章。再び鷲を特徴とした。 1852–1870
Francecoatofarms1898-2.png 第三共和政のために作られた非公式な紋章。月桂樹とオークの枝で作られた十字、その上の束ねた棒と斧(ファスケス)を特徴とする。 1898–1953
Francecoatofarms1898.png 第三共和政の際に用いられた非公式な紋章。交差した国旗に大きなRF(République française)のロゴ、レジオンドヌール勲章とオリーブの枝、その上のファスケスを特徴とする。 1902–
Coat of Arms of the French State.svg ヴィシー政権時代の非公式な国章。三色で塗られたフランキスカと、勤労・家族・祖国のロゴ。当初は国家元首フィリップ・ペタンの紋章だったが、後に半公式に用いられる。 1940–1944
Coat of arms of France (UN variant).png 1905年のスペイン王アルフォンソ13世の訪仏以来の際にはじめて用いられた、非公式な紋章。現在でも用いられる事がある。 1953–

関連項目[編集]