オランダの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オランダの国章
他の種類
Royal coat of arms of the Netherlands.svg
オランダの国章(王室ヴァージョン)
詳細
採用 1907年7月10日
1980年4月23日
クレスト Dutch royal Crown
Azure, billetty Or a lion with a coronet Or armed and langued Gules holding in his dexter paw a sword Argent hilted Or and in the sinister paw seven arrows Argent pointed and bound together Or.
サポーター Two lions rampant Or armed and langued Gules
モットー : Je Maintiendrai
「われ守り続けん」
過去の要素 1815年8月24日

オランダ国章(オランダのこくしょう)である大紋章は、ベアトリクス女王の個人的な紋章である。オランダの政府はより小さいものを使っている。紋章の構成はウィルヘルミナおよびユリアナの両女王によって定められた。政府と王室の2つの紋章があるが、オランダ王室の公式サイトでは王室バージョンの方を使用している。

13世紀中盤に成立したナッサウ家の「青地金色ライオン」という紋章に、オランダ共和国由来の剣と矢が組み合わされて、1815年に今のものとほぼ同じ紋章が採択された。

関連項目[編集]