モンテネグロの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モンテネグロの国章
Coat of arms of Montenegro.svg
詳細
使用者 モンテネグロ
採用 2004年7月12日

モンテネグロ国章(モンテネグロのこくしょう)とは2004年7月12日に制定されたモンテネグロの徽章のこと。金(黄)双頭の鷲が、獅子の描かれたを抱えている図である。1910年から1918年の間使われた、モンテネグロ王国ニコライ1世の紋章を元にしている。

構成[編集]

  • 双頭の鷲はビザンツ帝国に由来する意匠。左足に王笏、右足に青いオーブ(宝珠)を掴んでいる。
  • 中央の紋章は19世紀のペトロヴィッチ王朝に由来する。青い空と緑の大地の間を右手を挙げた金(黄)の獅子が歩むというもの。
  • 王冠はモンテネグロ王国をイメージしている。

以前の国章[編集]

ユーゴスラビア連邦共和国(新ユーゴ)およびセルビア・モンテネグロ時代のモンテネグロは双頭の鷲が白く描かれていた。

さらにモンテネグロ社会主義共和国時代では海に浮かぶロブチェン(Lovcen)国立公園の図柄が国旗で結ばれた月桂冠で囲まれた上に赤い星を添えるという社会主義典型的なデザインであった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]