モンテネグロ社会主義共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モンテネグロ社会主義共和国
Socijalistička republika Crna Gora, Социјалистичка република Црна Гора
ユーゴスラビア王国
イタリア王国
1943 - 1992 モンテネグロ共和国 (1992年-2006年)
Crna Gora / Црна Гораの国旗 Crna Gora / Црна Гораの国章
国旗 国章
Crna Gora / Црна Гораの位置
SFRユーゴスラビアにおけるSRモンテネグロの位置
公用語 セルビア・クロアチア語
首都 チトーグラード
元首等
xxxx年 - xxxx年 不明
面積
1991 13,810km²
人口
1971 529,604人
1981 584,316人
1991 615,035人
変遷
成立 1943年11月29日
モンテネグロ社会主義共和国に改称 1963年7月7日
自由選挙 1991年
民主化 1992年4月28日
通貨 ユーゴスラビア・ディナール
時間帯 UTC 中央ヨーロッパ時間DST: 中央ヨーロッパ夏時間

モンテネグロ社会主義共和国(モンテネグロしゃかいしゅぎきょうわこく、セルビア・クロアチア語Socijalistička republika Crna Gora, Социјалистичка република Црна Гора)は、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の構成国で、2006年に独立したモンテネグロの前身である。

第二次世界大戦中の1943年枢軸国の支配に抵抗していたパルチザンによってモンテネグロ人民解放国家反ファシスト委員会の第1回会合が開かれ、その中で終戦後には連邦国家とする予定のユーゴスラビアの構成国として、モンテネグロ国家の設立が決定された。1963年7月7日以降、「モンテネグロ社会主義共和国」が正式な呼称となるが、それ以前の呼称はモンテネグロ人民共和国であった。国名の変更は、1963年のユーゴスラビアの憲法の変更と、モンテネグロの独自憲法の制定によって定められた。モンテネグロはセルビア・クロアチア語を公用語とし、ユーゴスラビア憲法によるところの「主要民族」(narod)に基づかない国家であった。

1991年、初の自由選挙を経て、モンテネグロ共産主義者同盟はその党名をモンテネグロ社会民主党へと改め、国名からも「社会主義」の語が外された。1992年にこの国名変更は発効し、モンテネグロ共和国となった。


民族構成[編集]

1971年の国勢調査:

1981年の国勢調査:

1991年の国勢調査