フィンランドの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィンランドの国章
Coat of arms of Finland.svg
詳細
使用者 フィンランド
採用 1978年

フィンランド国章(フィンランドのこくしょう)には、赤地に戴冠した金色のライオンが描かれている。右前足は剣を掲げる腕に置き換えられ、後足は剣を踏みつけている。またライオンの周りには9個の銀色の薔薇がちりばめられている。この国章が公式に制定されたのは1978年であるが、1580年より前には既に作成されていたことが分かっている。

背景[編集]

フォルクンガ朝の紋章
ヴァルデマール王の紋章

北欧の国章にみられるライオン[編集]

西欧ではライオンが描かれている紋章が多く、いくつかの欧州の国家では国章にライオンが描かれている。北欧諸国では12世紀後半のデンマークの国章に初めてライオンが描かれた。12世紀初頭、フィンランドの地はスウェーデン王国によって属州とされた。最初にスウェーデンでライオンを使った紋章はスウェーデン王族のエリック10世エリック11世の紋章で、それぞれ2頭、3頭のライオンが描かれていた。フォルクンガ朝の最初の王であるヴァルデマール王も、自らの紋章に3頭のライオンを描いた。3頭のライオンの背後には、たくさんのハートの模様が描かれている。

フィンランド公国時代[編集]

ヴァルデマール公の紋章

最初のフィンランド公であるベネディクト王と二代目のヴァルデマール公の紋章にも、王冠を被り、後ろ足で立ったライオンが描かれている。この紋章は現在のフィンランド国章とよく似ているが、まだ剣を持っていない。

剣を持った腕[編集]

グスタフ1世の墓碑に刻まれた自身の紋章(ウプサラ大聖堂スウェーデン
グスタフ1世の墓碑に刻まれたカレリアの国章(ウプサラ大聖堂、スウェーデン)

フィンランドとカレリアの王(1577年にフィンランド大公に改称)であったヨハン3世の時代に、ライオンは大公の紋章と密接に結びつけられた。大公の紋章はイェータ・ライオン(フォルクンガ・ライオンが原型)とカレリアの国章を組み合わせたものだと考えられている。この結果、ライオンは一本の腕で剣を掲げ、落ちている剣を踏みつけるというデザインになった。

一番良く知られている大公の紋章はウプサラ大聖堂にあるグスタフ1世の墓標に刻まれたものである。それはヨハン3世もしくは彼の異父兄のエリック14世が考案したと伝えられている。どちらが考案したかは正確には分かっていないが、エリック14世は紋章学に興味を持っていたことが知られている。

この墓標はフランドル建築家彫刻家で、スウェーデンでも活躍したギヨーム・ボイエンによって制作された。彼は1562年アントワープで仕事にとりかかり、10年後には国王夫妻の彫像が完成したものの、彼の金銭問題が原因で、石棺は1583年までウプサラに運ばれなかった。完成したのは1591年の事である。墓碑にはスウェーデン国章とフィンランド国章に加え、南北フィンランド、タバスティア、カレリアなど11州の紋章が描かれている。ギョーム・ボイエンの仕事はとても素晴らしい物であったが、それは、ライオンがフランスの紋章において特徴的だったということが一因として考えられる。おそらく彼は国王の仕事を受ける前にライオンの紋章を多く作成していたと考えられるからである。

紋章には戴冠した金のライオンが剣を右前足で持ち掲げ、後ろ足でロシアのサーベルを踏みつけている様が描かれているが、これはグスタフ1世とヨハン3世がロシアとの戦いに苦闘していたと言うことを考えれば、特に驚くべき事ではない。ライオンの周りには、9個の薔薇がちりばめられている。これは単なる装飾であると考えられているが、フィンランドの歴史的な9つの州を表しているという仮説も存在する。

国章の変遷[編集]

スウェーデン時代[編集]

ライオンは17世紀に何度もデザインの変更を経験した。カール10世グスタフの葬儀用の旗には剣を持っている腕以外の3本の脚でサーベルを踏んでいた。フィンランドの国章に再びウプサラ・ライオンが使われるようになったのは、19世紀後半のことである。

ロシア帝国時代[編集]

ロシア皇帝の紋章の中に描かれたフィンランド国章

フィンランドが第二次ロシア・スウェーデン戦争でロシアに割譲されたあと、エリック・ブレンナーはロシア帝国のなかのフィンランドの象徴として、新しい国章を作成した。1809年に出された法令で、紋章は赤地に銀の薔薇がちりばめられ、剣を右手でもち、ロシアのサーベルを左手でつかむという形に変更された。ここで、ロシアのサーベルを踏みつけているという解釈は消滅した。

1857年のロシアの紋章改変時に、フィンランドの国章は再度変更された。主な変更点は、ライオンが犬に似た風貌になったことと、紋章の上に、ワシをあしらった小さなアーチ型の王冠を載せたことだった。

ロシア帝国の紋章一覧の中にフィンランド国章を見ることが出来る(右下)

ロシア皇帝がフィンランドのロシア化を進めたことで、このフィンランド国章の使用は増加し、広く国民に知れ渡ることになった。

1886年、フィンランドの国立公文書館のカール・ボマンソンはに国章の外観をウプサラ・ライオンに似たデザインに再構成した。しかし、ライオンがサーベルを踏みつける点では、若干の変更があった。また、ロシア型の王冠は、ドイツのものによく似た王冠に取り替えられた。この紋章は、フィンランド独立後、数年間使用された。

独立初期[編集]

使われることの無かった国章案

1920から30年代に、国章は論争の的になった。それはライオンをに変更するかどうかと言うことだった。フィンランドの民俗学上、熊は重要なファクターであった。既に1557年に北フィンランドの紋章として熊が使われており、現在もサタクンタ県の紋章には熊が描かれている。しかし、フィンランド以外の国々では、熊はロシアのシンボルとして認知されていた。この論争はくすぶり続けたが、その後もライオンの国章は使われ続けた。 1936年、委員会が妥協案として、小さなライオンの国章の下に木の枝を置き、両脇に1頭ずつ熊を配置したデザインを提案した。しかしこのデザインが使われることはなかった。[1]

現在[編集]

1978年5月26日(381/78)の法令で、現在の国章が制定された。紋章デザインの専門家であるオロフ・エリクソンが作成した。

国章に描かれているライオンは1マルッカ硬貨やフィンランドのユーロ硬貨に使用されている。ほかにも、軍隊、警察など、様々な組織のシンボルとして使用されている。その際、その組織の特徴を表す為にさまざまな変更が加えられている。また一方で、フィンランドの地方自治体の紋章は盾型であるが、ライオンは描かれていない。(ヤコブスタードを除く)

引用文献[編集]

  1. ^ Pikku Jättiläinen. WSOY 1985. ISBN 951-0-12416-8. Page 1040.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]