ロシア化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロシア化ロシア語Руссификация英語Russification)は、ロシア人が非ロシア諸民族を同化融合する政策および過程である。

概要[編集]

国の政策として19世紀ロシア帝国20世紀ソ連、そして21世紀ロシア連邦と親ロシア派の政府が治める隣国などで用いられ、ロシアが支配していたフィンランドバルト三国ポーランドベラルーシウクライナモルドバコーカサス地方、中央アジアシベリア地方、東アジアなどにおいて実行されたことがある。ロシア化の方法には、非ロシア語教育の制限およびロシア語教育の導入、キリル文字の強制導入、ロシア語の国際化の促進、教育・報道機関による文化的・政治的教化ロシア正教の布教と非ロシア正教の宗教団体への弾圧などが用いられた。

日本語での用法[編集]

日本語で「ロシア化(ろしあか)」という言葉が一般に使用された最近の事例は北方領土問題でのマスメディアの報道である。日本政府が固有の領土と主張している北方領土は、1945年以降ソビエト連邦(ソ連)が実効支配し、ソ連崩壊後はロシア連邦共和国の実効支配化にある。2010年代に入り、ロシア政府は極東開発の一環として北方領土の産業振興の推進と、軍事施設の設置による防衛力強化などを推進している。日本側にはこれが実効支配の既成事実の強化、ロシア領への名実とともに完全編入に見える。日本のメディアはこれを「ロシア化」と呼んだ[1][2][3]

ウクライナ[編集]

ロシアのピョートル1世とエカテリナ2世。この君主はウクライナの国民的詩人タラス・シェウチェンコの『夢』(1844年)で次のように評価されている。  「あの1世は 我らのウクライナを拷問し、 あの2世は 我らのやもめに止めを刺した」。   ...Це той первий, що розпинав Нашу Україну, А вторая доканала Вдову сиротину...[5] ロシアのピョートル1世とエカテリナ2世。この君主はウクライナの国民的詩人タラス・シェウチェンコの『夢』(1844年)で次のように評価されている。  「あの1世は 我らのウクライナを拷問し、 あの2世は 我らのやもめに止めを刺した」。   ...Це той первий, що розпинав Нашу Україну, А вторая доканала Вдову сиротину...[5]
ロシアのピョートル1世エカテリナ2世。この君主はウクライナの国民的詩人タラス・シェウチェンコの『夢』(1844年)で次のように評価されている。

「あの1世は
我らのウクライナを拷問し、
あの2世は
我らのやもめに止めを刺した」。

...Це той первий, що розпинав
Нашу Україну,
А вторая доканала
Вдову сиротину...[5]

「他国のものは要らないが、自国のものは渡さぬ!」。ウクライナ人民共和国の反ロシア化のポスター。
  • 1914年3月:ロシア政府は、タラス・シェウチェンコ生誕100周年記念日を祝うことを禁止する[13]
  • 1914年:ロシア皇帝ニコライ2世は、ウクライナ語のマスコミを禁止する。ロシア軍によって占領されたガリツィア地方でウクライナ系の研究所図書館出版社新聞社などが破壊され、ウクライナ人の一部がシベリア沿海州へ強制移住される[13]
  • 1929年ソ連政府は、ウクライナの民族運動の活動家の弾圧をはじめる[14]
  • 1929年1930年:ソ連政府は、農業集団化によってウクライナの文化の中心だった農村を破壊しはじめる。ウクライナ人の裕福な農民は「人民の敵」としてシベリアと沿海州へ流罪[14]
  • 1930年1月29日:ソ連政府は、ウクライナ独立正教会を廃止し、ウクライナ独立正教会の聖職者を逮捕して死刑する[14]
  • 1930年3月9日4月19日ハルキウでの現存しなかった「ウクライナ解放団体」の裁判。団体に所属すると判断されたウクライナ人の文学者、科学者、聖職者が流刑・死刑に処される[14]
  • 1931年:旧ウクライナ人民共和国の関係者がソ連の秘密警察により逮捕される[14]
  • 1932年‐1933年:ソ連政府は、ウクライナで人工的な大飢饉ホロドモール)を促進する。ウクライナ人の農家が壊滅し、数百万人が餓死する。無人の農村へロシアからロシア人の移住が始まる。クバーニ地方に生き残ったウクライナ人はロシア人として登録される[15]
  • 1933年5月13日:ソ連政府が行うロシア化政策に反対してウクライナ共産党の幹部のM.フヴィリョヴィーイとスクリープニクが自殺する[15]
  • 1933年11月22日:ウクライナの共産党は、ウクライナ化政策の実行を中止する。ウクライナ語の正書法はロシア語正書の規則にしたがって変造される[15]
  • 1934年1941年:ソ連政府は、8割のウクライナ人のインテリを抹殺し、ウクライナの市町村で多くの教会・修道院を破壊する[15]
  • 1936年10月‐1938年11月:ソ連政府は、ウクライナで大粛清を開始する。秘密警察は、ウクライナ共産党の幹部の全員を逮捕し、流刑地にいたウクライナの文化人が裁判なしで死刑する[16]
  • 1938年4月24日スターリンは、「ソ連の自治共和国におけるロシア語学習の義務化について」の指令を出す。ウクライナの学校ではロシア語が必須科目となる[16]
  • 1938年6月18日:第14ウクライナ共産党大会は、ロシア化政策の強化を決める[16]
  • 1939年1941年:ソ連政府は、西ウクライナを併合して当地域のウクライナ人の知識人・民族運動家を流刑・死刑に処する[17]
  • 1941年1945年第二次世界大戦中に1700万人のウクライナ人が死亡し、870の都市、3万の町村が全滅する。ソ連軍の進退により多くのウクライナ文化遺産が破壊され、捕虜となったウクライナの知識人が死刑される[17]
  • 1942年1955年:西ウクライナを中心にウクライナ蜂起軍義兵が反独・反ソの戦いを続ける。ソ連の秘密警察は15万人のウクライナの義兵を殺害し、20万人の義兵の縁者・関係者をシベリアへ流刑させる。ロシアから西ウクライナへ派遣された教育関係者がロシア化政策を担当するようになる[18]
  • 1946年3月10日:ソ連政府とロシア正教会は、ウクライナ・カトリック教会を廃止する[18]
  • 1946年1949年:ソ連政府とカガノヴィチを中心とするウクライナの共産党の幹部は、「ウクライナ資本主義的な民族主義」との戦いを宣言し、党内の粛清を行い、ウクライナの知識人・ウクライナ語話者に対する新たな迫害を開始する[19]
  • 1951年:共産党は、ソシュラの詩「ウクライナを愛して」とコルニイチュクのオペラ「ボフダン・フメリニツキー」に「ウクライナ資本主義的な民族主義の作品」としての焼印を押し、ウクライナ文化と[ウクライナ歴史の追求に対する弾圧を加える[19]
  • 1954年:ウクライナの共産党は、10万のウクライナの青年を「中央アジア・シベリアの開発」のために送り、その代わりにロシアからの移住者を受ける[20]
  • 1957年1961年:ソ連政府は、ウクライナにおける反宗教的宣伝を強化する[20]
  • 1958年11月12日:ソ連の共産党は、教育政策を決め、ソ連中でロシア化政策を強化する[20]
  • 1959年4月17日:ウクライナの共産党は、ウクライナにおけるロシア語を中心として学校で、ウクライナ語を必須科目から選択科目に転回する[20]
  • 1961年10月:第22ソ連共産党大会は、「ソ連国民」を創るために新たな「民族融合」政策を決定する。ウクライナでのロシア化が強化される[20]
  • 1963年:ソ連政府は、ウクライナ学士院の自治制を廃止し、モスクワのソ連学士院に所属させる[20]
「ウクライナ人の子供にウクライナ語の教育を!」。ソ連時代のデモ。
  • 1965年1969年:ソ連政府、ウクライナにおける共産党政権の批判者・人権擁護者に対し大規模の逮捕を行う[21]
  • 1970年ドニプロペトロウシクでロシア化に反対するウクライナのインテリに対する裁判[21]
  • 1970年1981年:ソ連政府、ウクライナにおける共産党政権の批判者・人権擁護者に対し大規模の逮捕を行う(チェルノヴィル、ジューバ、ストゥース、ロマニュークなど)[21]
  • 1978年:ウクライナの共産党は、ウクライナの教育省を通して「ウクライナ共和国の義務教育機関におけるロシア学習の改善について」の指令を出す。ウクライナ語の学校でウライナ語は選択科目となる[22]
  • 1983年:ソ連政府とソ連共産党は、ソ連におけるロシア語教育の促進・ロシア語教師の手当制度導入について指令を出す(アンドロポフ指令[22]
  • 1983年:ウクライナの共産党は、ウクライナの教育省を通して「ウクライナ共和国の義務教育機関、就学前教育機関、およびその他の教育機関におけるロシア語学習の改善に関する追加手段について」の指令を出す。ウクライナにおけるウクライナ語の学校数が激減する[23]
  • 1989年:ソ連政府とソ連共産党は、ロシア語をソ連の公用語と定める[23]

中央アジア[編集]

バルト三国[編集]

フィンランド[編集]

ベラルーシ[編集]

ポーランド[編集]

満州[編集]

日本[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 島名のロシア化に反対 北方領土住民「クナシルで育った」
  2. ^ 時論公論  「ロシア化進む北方領土」
  3. ^ 北方領土のロシア化を止めよ
  4. ^ a b c d e Півторак 2001:134.
  5. ^ Сон [1]// Тарас Шевченко. Зібрання творів: У 6 т. — К., 2003. — Т. 1: Поезія 1837-1847.
  6. ^ a b c d e f g h i j Півторак 2001:135.
  7. ^ Сборник русского исторического общества. — 1871. — Выпуск 7. — С. 348.
  8. ^ a b c d e f g h Півторак 2001:136.
  9. ^ 中井 1998:234-236.
  10. ^ 中井 1998:234-236.
  11. ^ 中井 1998:239-240.
  12. ^ 中井 1998:240-242.
  13. ^ a b c d e f g h i Півторак 2001:137.
  14. ^ a b c d e Півторак 2001:140.
  15. ^ a b c d Півторак 2001:141.
  16. ^ a b c Півторак 2001:142.
  17. ^ a b Півторак 2001:143.
  18. ^ a b Півторак 2001:144.
  19. ^ a b Півторак 2001:145.
  20. ^ a b c d e f Півторак 2001:146.
  21. ^ a b c Півторак 2001:147.
  22. ^ a b Півторак 2001:148.
  23. ^ a b Півторак 2001:149.

参考文献[編集]

  • (日本語) 伊東孝之, 井内敏夫, 中井和夫編 『ポーランド・ウクライナ・バルト史』 (世界各国史; 20)-東京: 山川出版社, 1998年. ISBN 9784634415003
  • (日本語) 黒川祐次著 『物語ウクライナの歴史 : ヨーロッパ最後の大国』 (中公新書; 1655)-東京 : 中央公論新社, 2002年. ISBN 4121016556
  • (ウクライナ語) Дзюба І. М. Інтернаціоналізм чи русифікація? — К., 1968.
  • (ウクライナ語) Півторак Г. Походження українців, росіян, білорусів та їхніх мов. Міфи і правда про трьох братів слов'янських зі «спільної колиски». ― Київ: НАНУ, Академія, 2001.

関連項目[編集]