ウクライナ・バロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
聖ムィハイール黄金ドーム修道院

ウクライナ・バロック(ウクライナ語:Українське барокко、ウクライィーンスィケ・バローッコ)は、18世紀ウクライナに見られたバロック様式のこと。コサックによるヘーチマン国家を中心に栄えたので、コサック・バロックとも呼ばれる。また、ウクライナ・バロック様式はイヴァン・マゼーパにちなんでマゼーパ様式とも呼ばれる。

概要[編集]

聖ソフィア大聖堂
キエフ洞窟修道院

形成[編集]

ウクライナは、長らくポーランド王国の影響下に置かれていたため、正教国家でありながらカトリック西ヨーロッパからの文化的影響を色濃く受けた文化を発展させてきた。特に、17世紀はコサックがその力を蓄え、ポーランド王国にもロシア(モスクワ大公国)にも一歩距離を置いた、独自の文化を完成させつつあった。歴代のヘーチマンは、その文化的な素養を見せつけるためこぞって文化振興策に力を入れた。その中で、ウクライナには西ヨーロッパのものともまた違う独自のバロック様式が誕生した。

特徴[編集]

ウクライナ・バロックは、西ヨーロッパのバロックに比べより控えめな装飾と簡素化されたフォルムに特徴付けられ、ときには構成主義の先駆者と看做されることもある。多くのウクライナ・バロック建築はその後の度重なる戦災によって失われたが、それでも多くの建築が現在に残っている。有名なものとしては、キエフキエフ洞窟大修道院聖ソフィア大聖堂ヴィードゥブィチ修道院(ヴィードゥベツィクィイ・モナストィーリ)、聖ムィハイール黄金ドーム修道院がある。

ウクライナ・バロック絵画のもっともよい例として、キエフ洞窟修道院の三位一体大門教会の壁画がある。ウクライナ・バロックの時代には、版画芸術に急激な発展が見られた。象徴主義アレゴリー紋章学の記号や壮麗な装飾の複雑な体系が用いられた。

影響[編集]

ウクライナ・バロックは、ロシアのナルィーシュキン・バロックへ大きな影響を与えた。ロシアの近代文化の成立はウクライナの文化なしでは語ることができない。近代文学や近代建築、近代政治も、ウクライナを経由してロシアへ波及した。

近年では、1927年から1932年にかけてのキエフ旅客駅建て替えの際に、ウクライナ・バロックの様式と構成主義の要素を組み合わされたデザインが採用されている。

建築[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]