パーヴェル1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パーヴェル1世
Павел I
ロシア皇帝
シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ
Paul i russia.jpg
パーヴェル1世
在位 1796年11月17日 - 1801年3月23日(ロシア皇帝)
1762年7月17日 - 1773年8月27日(シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公)
戴冠 1797年4月5日、於モスクワ・ウスペンスキー大聖堂
全名 Павел Петрович
パーヴェル・ペトロヴィチ
出生 1754年10月1日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国サンクトペテルブルクエリザヴェータ・ペトロヴナ夏宮殿
死去 1801年3月23日(満46歳没)
ロシア帝国の旗 ロシア帝国サンクトペテルブルクミハイロフスキー城
埋葬 ロシア帝国の旗 ロシア帝国サンクトペテルブルクペトロパヴロフスキー大聖堂
配偶者 ナターリア・アレクセーエヴナ
  マリア・フョードロヴナ
子女
王家 ホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフ家
王朝 ホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフ朝
父親 ピョートル3世セルゲイ・サルトゥイコフロシア語版英語版
母親 エカチェリーナ2世
宗教 キリスト教正教会
サイン SignaturePaulI.jpg
テンプレートを表示

パーヴェル1世ロシア語: Павел I, ラテン文字転写: Pavel Iパーヴィェル・ピェールヴィイ)、パーヴェル・ペトロヴィチ・ロマノフ、ロシア語: Павел Петрович Романов, ラテン文字転写: Pavel Petrovich Romanovパーヴィェル・ピトローヴィチュ・ラマーナフ))、1754年10月1日 - 1801年3月23日)は、ロマノフ朝第9代ロシア皇帝(在位:1796年11月17日 - 1801年3月23日)。シュレースヴィヒ=ホルシュタイン公・オルデンブルク伯としてはパウルドイツ語: Paul)。

エカチェリーナ2世の崩御を受けてロシア皇帝に即位する。母帝との確執からエカチェリーナの政治を全否定する政治路線を採り、次第に廷臣の離反を生み、ついには1801年3月23日クーデターによって暗殺された。

当時から「マッド・ツァーリ」という悪名でも知られたが、現代ではこの悪名は反対派の着せた濡れ衣で、実際には狂ってはいなかったとされる。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

パーヴェル・ペトロヴィチ大公

1754年10月1日サンクトペテルブルクの夏宮で、ロシア皇太子ピョートル・フョードロヴィチ大公(後の皇帝ピョートル3世)と皇太子妃エカテリーナ・アレクセーエヴナ(後の女帝エカチェリーナ2世)の第1皇子として誕生する。パーヴェルの出生に当たっては、ピョートル・エカチェリーナ夫妻の子ではなく、エカチェリーナとその愛人セルゲイ・サルトゥイコフロシア語版英語版伯爵の間の子であるという説があり、エカチェリーナ自身が回想録でそのことを強くほのめかしている。エカチェリーナの支持者によれば、ピョートルとエカチェリーナ夫妻は不仲以前に、ピョートルが不能であり、子供を作ることはできなかったと主張している。

この説は、反パーヴェル陣営から強く喧伝されている。パーヴェルは本来ピョートル3世の正統な帝位継承者であり、エカチェリーナ2世は簒奪者であるという批判が同時代人からもあった(宮廷クーデター (1762年)ロシア語版)。エカチェリーナ側近のニキータ・パーニン伯も当初はパーヴェルの即位、エカチェリーナの摂政就任を主張しており、エカチェリーナの政権掌握後もパーヴェルの成人後にエカチェリーナ2世が退位することを期待していた(エカチェリーナにとってパーヴェルは、自らの権力を潜在的に脅かす存在であった)。

皇太子時代[編集]

パーヴェル・ペトロヴィチ大公

出生とともに母親から引き離され、エリザヴェータ女帝の下で養育された。エリザヴェータは後継者であるパーヴェルを溺愛したが、無分別で無思慮な少年に育ってしまったとされる。その一方で、少年時代のパーヴェルについては知的で容貌が美しいとも報告されている。1771年チフスにかかり、容貌が変化したため、粗暴で猜疑心の強い性格を形成したといわれる。1760年、教育係(東宮傅育官)にニキータ・パーニン伯が任命された。家庭教師のポローシンは、パーヴェルが常にせっかちで話に熟慮が見られないと述べている。

母のエカチェリーナ2世は、産後すぐに手元から引き離され、成長して後も儀礼的な関わりしか持っていなかったパーヴェルに対して、世間一般のような愛情を感じることはなかった。ホルシュタイン公を兼ねていたが、1773年デンマークに割譲した。同年、ドイツからヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ9世の娘ヴィルヘルミーナ(ナターリア・アレクセーエヴナと改名)が皇太子妃として迎えられた。ナターリアが産褥で死去した後、パーヴェルはヴュルテンベルク公国からゾフィア・ドロテア(マリア・フョードロヴナ Maria Fyodorovnaと改名)を迎え、再婚した。夫妻の間には10人の皇子女が生まれた。

パーヴェルは、自分が母に暗殺されると疑心暗鬼に陥っていた。自分の皿に割れたガラスが混ざっていると訴えたこともあった。一方でパーヴェルは奪権を目指し、陰謀をめぐらし始めた。エカチェリーナ2世は、パーヴェルの師父であるパーニン伯を引退させるとともに、各参事会の出席を取りやめさせるなど、政治の場から距離を置くようにした。プガチョフの乱は、パーヴェルの立場を微妙なものとした。

エカチェリーナ2世は懐柔策の意味もあって、1777年のアレクサンドル(後のアレクサンドル1世)誕生を記念し、サンクトペテルブルク近郊のパヴロフスク(パブロフスク、Pavlovsk)に領地を与えた。さらに1781年から1782年にかけてパーヴェル夫妻に対して、西ヨーロッパ旅行を勅許した。1783年、エカチェリーナ2世はパーヴェルにガッチナw:Gatchina)を与え、パーヴェルは自らの宮廷を持った。

父ピョートル3世同様にプロイセン風に儀装させた軍隊を閲兵する遊びに熱中するが、それは母帝の最も忌み嫌うところであった。パーヴェルの短気で猜疑心の強い性格は変わらず、皇子女達に対しても恐ろしい暴君然として相対していた。パーヴェルには母帝のような多くの愛人との愛欲生活こそなかったが、母帝は原則的に「政治」と「色恋」は区別していたのに、パーヴェルは国政に関与する機会を奪われたと思い、母とその愛人達、とりわけグリゴリー・ポチョムキンを憎悪するようになっていったと言われる。

エカチェリーナ2世はパーヴェルに見切りをつけ、孫のアレクサンドルやコンスタンチンを寵愛した。そして、将来の帝位継承者として自ら帝王学教育を施し、パーヴェルを廃嫡してアレクサンドルを次代の皇帝たらしめんと望むようになった。エカチェリーナ2世の治世末期にはパーヴェルの帝位継承権を剥奪し、アレクサンドルが帝位継承者であるという宣言が用意されているとの噂が囁かれた。噂の中には、エカチェリーナ2世がパーヴェルを逮捕後、流刑とするといったものや、逆にパーヴェルが先んじて母の暗殺を計画したといったものもあるとされるが、真相は定かでない。

即位[編集]

パーヴェル1世

1796年11月5日、エカチェリーナ2世は脳卒中の発作に襲われ、意識を失った。母帝危篤の報を受けたパーヴェルは、ガッチナから冬宮に向かった。パーヴェルは、冬宮に着くと外務大臣アレクサンドル・ベズボロドコロシア語版英語版公爵から、アレクサンドルに宛てて書かれた遺言書を手渡され、暖炉で書類を焼却したと言われる。この挿話が事実かはともかく、ベズボロドコ公はパーヴェル即位後も宮廷内で大宰相として残り、農奴3万人を下賜されるなど厚遇を受けている。11月6日、エカチェリーナ2世は意識の回復しないまま崩御し、パーヴェル1世が即位した。

皇帝に即位したパーヴェル1世に政治方針があったとすれば、エカチェリーナ2世の政治を全否定し、その反対を行おうとしただけである。母帝によってシベリアに流刑となっていたアレクサンドル・ラジーシチェフシュリッセルブルク監獄に投獄されていたニコライ・ノヴィコフらを釈放したほか、ポーランド独立派の志士タデウシュ・コシチュシュコにも金を与えてアメリカに亡命させている。母帝の葬儀に当たっては意趣返しのごとく、遺骸はピョートル3世の后妃として並んで葬られた。

1797年4月5日、パーヴェル1世の戴冠式が行われたが、同日に帝位継承法を定めて男系男子による帝位継承のルールを確定し、女性が帝位に付くことを禁じた。これによって、(母親もしくは姉を摂政とする)幼帝及び女帝(ロマノフ家の血統でない皇后を含む)乱立の時代に終止符が打たれた。それまで先帝の遺言や全国会議(ゼムスキー・ソボル)によって次期皇帝が決められていたことが改められ、曖昧であったロシアの帝位継承のルールを明確に定めたが、後世、この帝位継承制度がロマノフ王朝崩壊の一因となった。これで末期のロシア帝国には殆どの皇族がその厳格かつ複雑な継承制度により帝位継承権を剥奪され、帝政崩壊後には本来継承権が無いキリル大公が帝位請求者にならざるを得ない状況が発生した。その後もこれが原因でロマノフ家の家長争いが起こり、現在では2つに分裂する羽目に陥っている。

内政政策[編集]

パーヴェル1世は国家の統治に熱心な君主であった。ある一面においては、理想主義的であり寛大ですらあった。反面、気まぐれで悪意や執念に陥りやすかった。上述の通り、ラジーシチェフやノヴィコフ、コシチューシコらに特赦を与えたが、一方で彼らは官憲による監督下に置かれた。また、ロシアの貴族に対しては、その特権に安住し、退廃的で堕落した存在であるとの見解を抱いていた。パーヴェルは貴族を中世における騎士のごとく、規律によって行動し、節操のある、皇帝権力に対して忠実な階層に改造することを決心した。こうして母帝が貴族に与えた特権を次々に廃止した上、逆に廃止されていた貴族に対する体罰(体刑)を復活させるが、これは徒に貴族層の不満を買うだけとなった。

また、寵臣であるイワン・クタイソフアレクセイ・アラクチェーエフフョードル・ロストプーチンらごく少数の廷臣たちには、逆に母帝以上に土地や農奴を大盤振る舞いするに及んだ。パーヴェルの5年の短い治世にこうして側近に下賜された農奴の数は34年に渡ってロシアに君臨したエカチェリーナ2世が愛人らに下賜した農奴の数よりも遥かに凌駕するものであった。

気まぐれで一貫性に欠けるパーヴェルは、貴族、領主層に対して、彼等が所有する農奴の日曜労働と週3日以上の賦役を禁じたが、取り締まり策を講じなかった上、小ロシアウクライナとくに西ウクライナや中部ウクライナ)では従来、週2日の賦役を一日増やす結果となった。さらにパーヴェルは貴族の領地にも税を課し、自己の専制権力を誇示するため、自分の貴族は皇帝に忠実な騎士たるべしという見解に従わないと見なした廷臣を宮廷から追放した。こうしてパーヴェルによってアレクサンドル・スヴォーロフを始めとする7人の元帥と333人の将軍が、罷免された。

外交政策[編集]

フランス革命に揺れる国際情勢の中での即位であり、当初はイギリスオーストリアオスマン帝国などとともに第二次対仏大同盟を結成するなど反仏の姿勢をとった。また1799年にはスウェーデンとも同盟を結んだ。しかし、ナポレオン・ボナパルトが台頭して第一統領に就任した頃から、パーヴェルは彼を反革命だと判断して信奉するようになり、それまでとは反対にフランスと手を結んで、イギリスの植民地であるインドへの遠征を企てた。1800年から1801年にかけて北欧プロイセンをさそって武装中立同盟を結成したが、イギリスと対立したために、ロシア国内からの不満が高まった。

最期[編集]

将校らに暗殺されるパーヴェル1世

1801年3月、これらの動きに反発する近衛将校たちによるクーデターが勃発して、パーヴェルは殺害される。その後、クーデターに一枚噛んでいたともいわれる長男アレクサンドルが帝位に就いた。

関連項目[編集]