ウラジーミル・キリロヴィチ・ロマノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウラジーミル(右から2番目)と両親、姉キーラ

ウラジーミル・キリロヴィチ・ロマノフВлади́мир Кири́ллович Рома́нов, 1917年8月30日ユリウス暦8月17日] - 1992年4月21日)は、ロシア帝位請求者ロシア帝室家長(1938年 - 1992年)。

生涯[編集]

ウラジーミルはロシア皇族のキリル・ウラジーミロヴィチ大公とその妻のヴィクトリヤ・フョードロヴナ妃(イギリス王女ヴィクトリア・メリタ)のあいだの一人息子として、フィンランド大公国ポルヴォーに生まれた。両親はともに皇帝アレクサンドル2世の孫で従兄妹同士であり、また母はイギリスのヴィクトリア女王の孫娘だった。

ウラジーミルの出生時、すでにロシア革命の勃発によってロシア帝国は崩壊しており、キリル大公一家の避難先でウラジーミルは生まれたのだった。ウラジーミルはロシア帝室の家内法に則り、「ロシア公」の儀礼称号で呼ばれた。ウラジーミルと家族は1920年にフィンランドを出国し[1]ドイツコーブルクに移った。父キリル大公は1922年に「ロシア帝位の保護者」の称号を名乗り、2年後の1924年にロシア皇帝を自称した[2]。父が皇帝の称号を名乗ったのに伴い、息子のウラジーミルはロシア大公の称号と「His Imperial Highness」の敬称を使用するようになった。1930年、キリル大公一家はフランスサン=ブリアック=シュル=メールに移住し、この地に「亡命宮廷」をおいた[3]

1930年代、ウラジーミルはしばらくイギリスに留学してロンドン大学で学び、リンカーンシャーのブラックストーン農業器機工場で働いた。その後彼はフランスに戻り、ブルターニュに土地を買って農場主として暮らし始めた[4]

第2次世界大戦[編集]

1938年10月に父が死ぬと同時に、ウラジーミルはロシア帝室家長の地位を継いだ[2]。ウラジーミルは同年、カルパト・ウクライナの摂政になるよう依頼されたが、ロシア帝政の復辟に結びつかないと考えたウラジーミルはこの申し出を辞退した[4]

第2次世界大戦中の1942年、ウラジーミルはフランスを占領したナチス・ドイツから、亡命ロシア人にナチス・ドイツに協力してソ連と戦うことを呼びかけるよう依頼されたが、これを拒んだ。ナチスは報復としてウラジーミルとその側近たちをコンピエーニュの強制収容所に投獄した[4]

1944年、ドイツ軍は海岸から連合軍が上陸してウラジーミルとその家族を救出するのを恐れ、一家を内陸に移した。ドイツ軍はまず一家をパリに、それからヴィッテルに連行した。そしてヴィッテルに連合軍が迫ると、大公一家はドイツに移された。ウラジーミルは1945年まで、長姉マリヤ・キリロヴナの夫であるライニンゲン侯カールと一緒に、バイエルンアモールバッハにある城に軟禁された。ドイツの敗北後も、ウラジーミルは迫り来るソ連軍の追手を振り切って逃げねばならなかった。ウラジーミルはオーストリアに入り、リヒテンシュタインの国境地域まで逃げた。ウラジーミルは亡命ロシア人の対独協力者ボリス・ホルムストン=スミスロフスキー将軍の軍勢とともに国境を越えようとしたが、リヒテンシュタインもスイスも大公に入国ビザを発給しようとしなかったため、ウラジーミルはアメリカ軍占領下のオーストリアに留まることを余儀なくされた。

結婚問題[編集]

戦後、ウラジーミルはマドリードで暮らすようになったが、ブルターニュの地所やパリにもしばしば滞在した。

ウラジーミルは1948年8月、ローザンヌで亡命ロシア人貴族の公爵令嬢レオニーダ・バグラチオン=ムフランスカヤと結婚した。ロマノフ家の家内法は、ロマノフ家の王子と王族出身の女性(たんなる貴族であってはならない)との「身分相応な結婚」によって生まれた子供のみが帝位継承資格を有するとし、王子と貴族以下の女性との結婚は貴賤結婚で、あいだに生まれた子供に帝位継承資格はないと定めていた。レオニーダの実家は旧グルジア王家であるバグラチオン家の分枝であったが、16世紀に王家から枝分かれして以来、ロシア貴族に成り下がっていた[5]。そしてウラジーミルとレオニーダの結婚が身分相応か身分違いかをめぐって、揉め事が起きることになった。この結論いかんによって、ウラジーミルのロシア帝室家長およびロシア帝位請求権者の地位が、ウラジーミル夫妻の一人娘マリヤに渡るか、それともロマノフ家内の別の縁者に渡るかが大きく左右されるためである。ウラジーミルと娘のマリヤは当然ながらこの結婚を身分相応であったと見なしている。その根拠となったのは、1783年にロシアとグルジアが結んだゲオルギエフスクの和約で、この条約内でロシア帝国政府はグルジアを保護国とする代わりに、バグラチオン家の王族としての身分を保障していたのである。そしてこの取り決めは1946年にロシア帝室家長であるウラジーミル自身により、「確認」されていた。

旧ロシア帝室の3つの分家の当主であるフセヴォロド・イオアノヴィチ公(コンスタンチン分家)、ロマン・ペトロヴィチ公(ニコライ分家)、アンドレイ・アレクサンドロヴィチ公(ミハイル分家)は1969年、ウラジーミルに手紙を送り、ウラジーミルの結婚は貴賤結婚であるため、妻のレオニーダがロマノフ家の他の王子たちの妻より格上とは認められない、と通告した[6]。その年の12月23日、ウラジーミルは自分が死んだら娘のマリヤが「ロシア帝位の保護者」になるという宣言を出し、ロマノフ家の人々と本格的に揉めることになった[7]。この宣言は息子のいないウラジーミルが自分の直系子孫にロシア帝位請求者の地位を受け継がせることを狙って出したものと見なされ[8]、分家の当主たちはウラジーミルの宣言を家内法に抵触していると非難した[6]

1991年11月、ウラジーミルはサンクトペテルブルク市長アナトリー・サプチャークの招待を受け、生まれて初めてロシアを訪れた[4]

継承争い[編集]

ウラジーミル大公は1992年4月21日、アメリカ合衆国のフロリダ州マイアミで、ヒスパニック系の銀行家や投資家を招いて講演していた最中に心臓発作を起こし、急死した。彼の遺体は「祖国」ロシアに送られ、大変に絢爛豪華な葬儀が営まれて、サンクトペテルブルクのペトロパヴロフスク要塞に葬られた。革命以来、ロマノフ家の人間がこれほど丁重な扱いを受けたのは初めてのことだった。しかし報道関係者はこの盛大な葬儀については慎重に報じる姿勢を採り、この葬儀は「君主制復帰への第一歩というよりは、サンクトペテルブルク市およびロシア当局のロマノフ家に対する義理と言える」としている。また政府の広報担当者は、「われわれの贖罪」の一端だ、と述べた。ウラジーミルは、ロシア皇帝の孫でなく曾孫に過ぎなかったにもかかわらず「ロシア大公」を名乗っていたため、墓石に名前と称号をどう刻むかで問題が起きた[9]

ウラジーミルが死ぬと、彼がロシア帝室家内法に(勝手に)加えた新たな解釈に基づき、ウラジーミルの一人娘マリヤがロシア帝室家長の座を引き継いだ。しかしウラジーミルの死に伴い、ロマノフ家の分家に属するニコライ・ロマノヴィチ・ロマノフ公もロシア帝室家長を名乗ったため、マリヤ・ウラジーミロヴナとニコライ・ロマノヴィチの二者が帝位請求者として並立することになった[10][11]

ニコライは以下の2点を挙げて自分を正統な帝位請求者であると主張した。まずロシア帝室家内法が定める男系男子の原則の見地から言えば、ウラジーミルの後継者には自分がなるはずであること。そして「ロシア大公」は王族との「身分対等の結婚」の原則を守らねばならないため、非王族出身者を母に持つマリヤは貴賤結婚で生まれた子供として帝位継承順位から外れるが、単なる「ロシア公」にはロシア大公のように結婚に関する厳格な制約は適用されないはずであるから、自分の父ロマン・ペトロヴィチとロシア貴族出身の母との結婚は貴賤結婚の範疇に入らず、従って自分はロシア帝位継承権を有する、という彼自身の見解である[12]。ある識者によれば、「マリヤ・ウラジーミロヴナ大公女がロシア帝室家長であることは、ロシアの本格的な君主制支持組織の大多数、そして諸王家の家長たちの大多数が認めるところである。諸王家の家長たちは今も[マリヤ大公女を家長とするロシア]帝室と関わりを保ち続けている」という[13]。一方、ニコライ・ロマノヴィチを総裁とするロマノフ家協会に属する元皇族たちはニコライを支持し、マリヤを貴賤結婚で生まれた子供を見なしている。

ウラジーミル大公は、1773年からロシア皇帝が兼ねていたホルシュタイン=ゴットルプ公の称号も有していた。ホルシュタイン=ゴットルプ公にはサリカ法に基づく相続規定が存在するため、誰が相続するか議論が起こった。一般的には、この称号はウラジーミルの又従弟に当たるパーヴェル・ドミトリーエヴィチ・ロマノフスキー=イリンスキー公爵(ポール・イリンスキー)が相続したと見なされる[14] 。ウラジーミルはホルシュタイン=ゴットルプ公の称号を実際に使用していた最後の人物であった。

脚注[編集]

  1. ^ “Soviet Turmoil; Dust Off the Throne? Shine Up the Crown? A Romanov Muses”. New York Times. (1991年8月30日). http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9D0CEED61E3CF933A0575BC0A967958260 2008年8月1日閲覧。 
  2. ^ a b Almanach de Gotha (182nd ed.). Almanach de Gotha. (1998). p. 214. 
  3. ^ “Grand Duke Cyril Dies In Paris Exile”. New York Times. (1938年10月13日). p. 23 
  4. ^ a b c d Hevesi, Dennis (1992年4月22日). “Grand Duke Vladimir Dies at 74; Pretender to the Throne of Russia”. New York Times. http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9E0CEED8113AF931A15757C0A964958260 2008年8月1日閲覧。 
  5. ^ Massie, Robert K.. The Romanovs The Final Chapter. Jonathan Cape. ISBN 0224041924. 
  6. ^ a b Massie p 269
  7. ^ Maria I Wladimirovna”. imperialhouse.ru. 2008年8月11日閲覧。
  8. ^ Massie p 263
  9. ^ Schmemann, Serge (1992年4月30日). “With Old-World Pageantry, Russians Bury a Romanov”. New York Times. http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9E0CE0D6173DF933A05757C0A964958260&sec=&spon=&pagewanted=1 2008年8月1日閲覧。 
  10. ^ Nikolai Romanov Prince of Russia Presentation”. nikolairomanov.com (2002年9月26日). 2008年8月1日閲覧。
  11. ^ “Letter: A Romanoff perspective on Russian pretenders”. The Independent. (1994年10月13日). http://www.highbeam.com/doc/1P2-4681177.html 2008年8月1日閲覧。 
  12. ^ Horan, Brien Purcell (1998年9月). “The Russian Imperial Succession”. 2008年8月1日閲覧。
  13. ^ The Russian Succession
  14. ^ Theroff, Paul. “Russia”. Online Gotha. 2008年8月1日閲覧。
先代:
キリル・ウラジーミロヴィチ
ロシア帝室家長
1938年 - 1992年
次代:
マリヤ・ウラジーミロヴナ
もしくは
ニコライ・ロマノヴィチ