フョードル1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フョードル1世
Фё́дор I Иванович
ロシアのツァーリ
Tsarskiy titulyarnik feodor iv.jpg
在位 1584年3月18日 - 1598年1月7日
戴冠 1584年5月31日
全名 フョードル・イヴァノヴィチ
出生 1557年5月31日
モスクワ
死去 1598年1月7日
モスクワ
配偶者 イリナ・ゴドゥノヴァ
子女 フェオドーシヤロシア語版
王朝 リューリク朝
父親 イヴァン4世
母親 アナスタシア・ロマノヴナ
テンプレートを表示

フョードル1世Фё́дор I Иванович / Feodor I Ivanovich,1557年5月31日 - 1598年1月6日)はモスクワ・ロシアツァーリ(在位:1584年 - 1598年)で、モスクワのリューリク朝最後の君主。イヴァン4世の三男、母はザハーリン家出身のアナスタシア・ロマノヴナ

至福者の称号で正教会で列聖され聖人となっている。記憶日は1月20日(1月7日)[1]

生涯[編集]

フョードル1世

即位以前[編集]

1557年、イヴァン4世が26歳のときに生まれた。幼くして母と死別、また生れつき病弱で軽度の知的障害があった。

1580年、当時イヴァン4世の信頼を得ていたタタールの貴族ボリス・ゴドゥノフの妹イリナ・ゴドゥノヴァを妻に迎える。

1581年に兄イヴァンが父イヴァン4世に誤って殺害されると、思いがけず後継者の地位につけられる。

即位とその治世[編集]

フョードル1世とボリス・ゴドゥノフ。その治世はボリスが全権を握っていた。

1584年にイヴァン4世が死ぬと、彼がフョードル1世として即位した。ドン川沿いのムラフスキー道ロシア語版英語版を北上して攻撃してくるクリミア軍やノガイ・オルダ軍に対する防衛力を強化するために、1585年頃にドン川の支流ヴォロネジ川右岸のヴォロネジに木造の要塞(クレムリ)を建設することを命じた。

イヴァン4世が遺言書で5人の重臣摂政に指名していたが、この摂政団は熾烈な権力闘争を展開した。皇帝の義兄ボリスは、1588年までに大貴族イヴァン・シュイスキーロシア語版ヴァシーリー・シュイスキーなどを失脚させて政治の全権を握った。摂政ボリスは事実上のツァーリとして権勢を振るい、外国使節はツァーリの宮廷に伺候したあと、必ずボリスの居所を訪れたという。また、ボリスはフョードルをポーランドの国王選挙に出馬させようとしたこともあったが、この計画はうまくいかなかった。

ドミトリー

一方、フョードルは日々の生活を皇妃らとの娯楽やボクシング、祈りの時間にあて、政治には関わらなかった。

フョードルはイリナとの間に男子に恵まれず、一人娘フェオドーシヤロシア語版も2歳で亡くなった。後継者としては、フョードルの年の離れた弟であり、イヴァン4世が7度目の結婚でもうけた息子ドミトリーが挙がった。但し教会法は生涯に3度以上の結婚を私通とみなすため、この異母弟は非嫡出子扱いで、正式な後継者とはみなされなかった。ドミトリーは1591年、9歳の時にウグリチの自邸で喉を切られて死んでいるのが発見され、ボリスの摂政政府は死因調査の結果、事故死と発表したが、帝位を狙うボリスによる殺害が噂された。

死とリューリク朝の断絶[編集]

ボリス・ゴドゥノフ

結局、王家に一人も後継ぎがないまま、フョードル1世は1598年の年明けに崩御した。フョードル1世の死をもって、リューリクの直系の血統は途絶え、ここにリューリク朝は断絶した。後継者がおらず、またその指名もしていなかったため、全国会議が摂政ボリスをツァーリに選出した。

その後、ボリスをはじめとする短命な統治者が次々と現れては消えてゆく、いわゆる動乱時代に突入し、1610年以降はツァーリが不在という事態にも陥った。1613年にフョードル1世の甥であり、母アナスタシア・ロマノヴナの家系であるロマノフ家出身のミハイル・ロマノフがツァーリとなり、動乱時代は終結した。

人物[編集]

フョードル1世の胸像
  • 「フョードルは極めて単純な人物であり、鐘を鳴らしたり、教会に行ったりする事で時間の大半を費やしていた」と同時代人に酷評された。
  • 「おまえは皇帝になるより、教会の鐘つきになれ」(父親イヴァン4世)
  • 「小柄でやせており、気が弱かった大公というより無学な修道僧のようだった」(外国の使節の証言)

脚注[編集]

先代:
イヴァン4世
モスクワ大公
ロシアのツァーリ
1584 - 1598
次代:
ボリス・ゴドゥノフ