ドミトリー・アレクサンドロヴィチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドミトリー・アレクサンドロヴィチДмитрий Александрович1250年頃? - 1294年)は、アレクサンドル・ネフスキーの次男。母はポロツク公妃アレクサンドラ・ブリャチェスラヴナ。 ペレヤスラヴリ。一時期ノヴゴロド公に就任した後、ウラジーミル大公(1276(或いは1277)年-1281年、1283年-1285年)。

父の存命中に頭角を現す。1262年には叔父にあたるヤロスラフ3世とともにドイツ騎士団と戦い、ユーリエフ(ドルパト)を攻め落とす。

1277年に、叔父のウラジーミル大公ヴァシーリー・ヤロスラヴィチを継ぎ、大公に就任。1281年以降は弟のアンドレイ・アレクサンドロヴィチ大公位を争った。ドミトリーにはノガイが、アンドレイにはキプチャク・ハン国が付き、争いは熾烈を極め、両者は交互に大公位に就いた。1294年に死去。ペレヤスラヴリを彼の息子イヴァンが継ぐが、彼も8年後に父の後を追う。このイヴァンの遺言により、ペレヤスラヴリはドミトリーの弟のダニール・アレクサンドロヴィチに遺贈された。


先代:
ヴァシーリー・ヤロスラヴィチ
ウラジーミル大公
11代
1281年-1294年
次代:
アンドレイ・アレクサンドロヴィチ