ヤロスラフ3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノヴゴロドにおけるヤロスラフ3世

ヤロスラフ3世 Ярослав III Ярославич1230年 - 1271年)は、最初トヴェリ公(1247年 - 1271年)、兄の死後ウラジーミル大公(在位:1263年-1271年)。ヤロスラフ2世の子で、ロシア英雄と言われるアレクサンドル・ネフスキーの弟。トヴェリ公国の祖で、彼の血筋が1485年までトヴェリ公国を引き継いだ。息子は、モスクワのユーリー3世英語版のライヴァルであり、サライで処刑されたミハイル公

生涯[編集]

兄に仕えて、ヴォルガ川の河港都市トヴェリ(現在のモスクワ北西部)のとして同国の統治に当たった。アレクサンドルの弟だけあって、政治手腕に優れており、彼の統治のもとでトヴェリは大いに発展したと言われている。1263年の兄の死後、ウラジーミル大公として後を継ぎ、兄と同じくモンゴル帝国の地方政権であるジョチ・ウルス宗主国として、親モンゴル的政策を継続した。1271年、42歳で死去する。ウラジーミル大公の位を継いだのは弟のヴァシーリー・ヤロスラヴィチであり、ヤロスラフの息子ミハイルはトヴェリ公位を次いだ。 アレクサンドルとヤロスラフ3世の兄弟仲は良かったが、彼らの死後その家系は互いに対立し、同族争いを繰り広げた。

先代:
アレクサンドル・ネフスキー
キエフ大公
64代
1263年-1272年
次代:
-
先代:
アレクサンドル・ネフスキー
ウラジーミル大公
9代
1263年-1271年
次代:
ヴァシーリー