ヴァシーリー・ヤロスラヴィチ (ウラジーミル大公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァシーリー・ヤロスラヴィチ

ヴァシーリー・ヤロスラヴィチВасилий Ярославич1241年? - 1276年)は、コストロマー公を経てウラジーミル大公ヤロスラフ2世の末子で、アレクサンドル・ネフスキーヤロスラフ3世の弟に当たる(在位:1272年 - 1277年)。

生涯[編集]

1266年にコストロマーで結婚式を挙げる。1272年の冬、兄ヤロスラフ3世の死去に伴い、モンゴルより後継のウラジーミル大公に任じられる。その際、ノヴゴロドをも直接支配下におこうとしたが、こちらは甥のドミトリー・アレクサンドロヴィチの支配下に入った。但し、ヴァシーリーはタタール軍を率いてドミトリー及びノヴゴロドを攻撃し、恨みを晴らしている(1272年)。サライからの帰国後、1276年1月に嗣子無くして死去。このため、大公の位は兄アレクサンドルの息子であるドミトリー・アレクサンドロヴィチが継いだ。


先代:
ヤロスラフ3世
ウラジーミル大公
10代
1252年 - 1263年
次代:
ドミトリー・アレクサンドロヴィチ