佯狂者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

佯狂者(ようきょうしゃ、ロシア語юро́дивый(男性)/ юро́дивая(女性), 英語:yurodivy or "holy fool for Christ")は、正教会における聖人の称号。

俗世に心を煩わされずに専ら神に仕え、祈祷と(ものいみ)のうちに功を積んだ正教会の聖人は勤行者と呼ばれるが、そうした人々のうち、世を離れず、昼は市井にあってボロをまとって徘徊し、寒さ・暑さ・飢え・辱めを忍び、夜は聖堂の軒下などに野宿して祈る聖人がこの称号で呼ばれる。「佯」とは見せかけの意であり馬鹿を装いハリストス(キリスト)の真理を明らかにする者であるとされる[1]

佯狂者には、モスクワ聖ワシリイ大聖堂の名の由来となっている聖ワシリイなどがいる。

佯狂者は、「至福者」「聖愚者」との別称で呼ばれる場合もある。

聖ワシリイのイコン 
『佯狂者』(19世紀末ごろ)、パーヴェル・スヴェドムスキー(Pavel Svedomsky) 

脚注[編集]

  1. ^ 高橋保行『ギリシャ正教』137頁、講談社学術文庫 1980年 ISBN 978-4-06-158500-3 (4061585002)

参考文献[編集]

  • 『曙光 長司祭牛丸康夫遺稿集』発行:牛丸忍、編集:及川信(同遺稿集内収録の『正教会の聖人について』)

関連項目[編集]